海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 都内最古の石橋!千代田区の「常磐橋」が完成しました...

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月25日

都内最古の石橋!千代田区の「常磐橋」が完成しました【東京の橋】


都内最古の石橋!千代田区の「常磐橋」が完成しました【東京の橋】

014_01.jpg


長らく補修工事が行われていた千代田区の「常磐橋(ときわばし)」ですが、今年2021年5月に修復が終了しました。工事期間はなんと約9年! 完成したその姿は、親柱の大理石の白さも印象的な、とても美しい石橋となっています。
私も工事中から完成を楽しみにしていたひとりです! 実際に渡ってみたときの様子をレポートします。


参考情報サイト:千代田区プレスリリース


※ 2021年6月現在、東京では新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイト(https://www.metro.tokyo.lg.jp/ )を確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。



2011年3月の東日本大震災により崩落の危険が生じた「常磐橋」ですが、この時以前の関東大震災でも被害を受けていました。このときの復興事業に携わった渋沢栄一氏の像は、「常磐橋」のたもとにある「常磐橋公園」の一角で見ることができます。
震災後約9年の歳月をかけて修復され、今年5月に開通の運びとなりました。
日本橋川にかかっているこの橋は、都内最古の石橋とされています。
※庭園内の橋を除く


石で積み上げられたふたつのアーチが美しいですね!
014_01.jpg


親柱は、柔らかい白色がエレガントな大理石です。
014_03.jpg


階段で下に降り、より水辺に近い場所から「常磐橋」を眺めることもできます。
014_05.jpg


そして、当時の資料をもとに復元されたという歩車道分離帯もお見逃しなく! 令和の現代から歴史を感じるポイントですね。歩道と車道との間は、あまりみたことのない境目になっています。
※ 実際には車は通行できない橋です。


014_02.jpg


唐草模様の柵も復元されたものだそう。


014_04.jpg
ちなみに、柵越しに見える橋も「常盤橋」です。歩いて行ける距離なので、両方を比べて眺めてみるのも面白いですね☺︎




アクセス



最寄駅は、東京メトロ・半蔵門線の三越前駅。
「B1」出口周辺は、日銀(日本銀行)や江戸桜通りなども目に入る散策しがいのあるエリアです。
ほかにアクセス可能な駅は、東京駅や日本橋駅、大手町駅など複数あります。

■ 常磐橋
・住所: 東京都千代田区大手町2丁目/東京都中央区日本橋本石町2丁目
・最寄駅: 東京メトロ・半蔵門線「三越前」駅 ほか

014_02.jpg


▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年6月25日
« 前の記事「西新宿のオアシス!ベーカリー&ゆったりスペースが心地いいタパスレストラン「MORETHAN」」へ
»次の記事「日本橋川にかかるふたつの「ときわ橋」!「常磐橋」と「常盤橋」【東京の橋】」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集