海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 隅田川で唯一の水上公園「中の島公園」【東京】

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月30日

隅田川で唯一の水上公園「中の島公園」【東京】


隅田川で唯一の水上公園「中の島公園」【東京】

019_01.jpg


東京、江東区の越中島にある「中の島公園(なかのしまこうえん)」は、隅田川唯一の水上公園です。
中央区の佃との境に位置するこの公園では釣りを楽しむ人の姿も見られ、また眼前には高層ビル群や屋形船も並んでいるという東京の水辺らしい情景を楽しめるスポットです。


※ 2021年7月現在、東京では緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイト(https://www.metro.tokyo.lg.jp/ )を確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。




隅田川唯一の水上公園



中の島は、1903年に越中島と佃島をつなぐ「相生橋」が造られた際に中継地点となった島なのだそうです。当時はふたつの橋が架けられていたものの、1923年に震災で焼失しました。1927年に「相生橋」が再建され、隅田川で唯一の水上公園として整備されました。
019_02.jpg
東京都建設局によると、隅田川の長さは23.5kmで流域面積は690.3平方キロメートル。この規模の川においてたったひとつの水上公園という見応えのあるスポットです。

豊洲方面を一望!中央区と江東区を結ぶ「相生橋」
019_10.jpg

公園がある場所はまさに「相生橋」のたもと。階段を降りて水辺に近づいていくと橋を下から眺めることができます。「相生橋」は約150mの長さなので迫力ありますね。
019_08.jpg



釣りや憩いの場として愛される「江東八景」のひとつ



水上公園として整備された「中の島公園」は当時人々でにぎわっていましたが、水質悪化などが理由で1973年に閉鎖されたとのことです。その後水質状況は改善し、感潮池や渡桟橋が追加されてめでたくまた開園の運びとなりました。
※ 感潮池:隅田川の水を入れて、潮の満干によって水位が変わる池
019_04.jpg
公園の傍に架かる「相生橋」はその昔から月見の名所といわれていたほどのロケーションなので、きっと「中の島公園」からの当時の眺めも風情あるものだったのだろうなと想像されます。
現在、この公園から見えるのは豊洲方面の高層ビルやタワーマンション、そして一方には屋形船、といった東京の水辺らしいコントラストのある風景が見られます。
019_06.jpg
「中の島公園」は、商船大学(東京海洋大学)、明治丸と共に「江東八景」に選出されているそうです(1988年の区民投票によるもの)。
019_05.jpg


【参考】
・ 東京都建設局HP
・ 中の島公園現地案内板


アクセス





江東区立中の島公園(なかのしまこうえん)
・ 住所: 東京都江東区越中島1-3-26先
・ 最寄駅: JR京葉線 越中島駅



019_01.jpg

▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年7月30日
« 前の記事「豊洲方面を一望!中央区と江東区を結ぶ「相生橋」【東京】」へ
»次の記事「前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集