海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美...

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月27日

モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】


モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】

27_01.jpg

2007年に国の重要文化財に指定されている「清洲橋」。エレガントなデザインで中央区と江東区を結んでいる吊り橋式の橋です。「水天宮」も徒歩圏内の日本橋中洲、そして"カフェの町"としても注目を集める清澄白河という散策しがいのあるふたつのエリアをつなぐ「清洲橋」。橋からはスカイツリーも目にすることができ、お散歩にぴったりなスポットです。

※ 2021年9月現在、東京都では新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイトを確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。
https://www.metro.tokyo.lg.jp


橋の名前の由来と周辺状況

27_04.jpg
「清洲橋」という名称は、橋の両岸である中央区の日本橋中洲と江東区の清澄(清住)町から1文字ずつ取られています。
中洲エリアの最寄駅は、東京メトロの「水天宮前」駅。周辺には、安産祈願で知られる「水天宮前」や、リムジンバスが発着する「東京シティエアターミナル(T-CAT)」などがあります。
そして清澄地区といえばシンボルは「清澄庭園」でしょうか。現在では"カフェの町"、"コーヒーの町"として人気が定着してきた感があるエリアでもあります。
「清洲橋」のたもと付近には近年レストランなども併設されたシェアホテルも誕生し、にぎわいを見せています。橋の向こうにはスカイツリーの姿も!

27_02.jpg


日本版!ケルンの眺め
ドイツ・ケルンの吊り橋をモデルに造られた「清洲橋」。近隣にある「萬年橋」の北端からは、"ケルンの眺め"と呼ばれる「清洲橋」の風景を見ることができます。夕日と橋と隅田川、いかがでしょうか。

27_03.jpg



見つめていたい!ドラマチックなライトアップ



「清洲橋」の橋の色は爽やかなブルー。その昼間の印象とはまたひと味違った雰囲気を楽しめるのが、日没後にライトアップされた姿です。
隅田川にかかる橋のライトアップは9月6日から当面の間消灯されているため、以前の点灯時の様子をお届けします。

▫️ 隅田川テラスにて。中央区側から見た「清洲橋」
27_05.jpg

吊り橋のデザインが映える柔らかな光、そして欄干を照らすカラフルなライトのコラボレーションは、いつまでも見つめていたくなるような美しさ!
隅田川テラスを歩きつつ、日常をしばし忘れて気分転換するのにぴったりなスポットではないでしょうか。


アクセス

■ 清洲橋
・最寄駅: 東京メトロ 半蔵門線/都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅・半蔵門線 水天宮駅

※ 参考
■ 文化庁ウェブサイトhttps://www.bunka.go.jp


▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年9月27日
« 前の記事「国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】」へ
»次の記事「圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集