海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/東京2特派員ブログ

日本国内/東京2特派員ブログ みみ

日本国内・東京2特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは!
地球の歩き方 東京特派員ブログ担当のみみです。


IMG_4067.JPG


豊島区雑司ヶ谷(ぞうしがや)にある「鬼子母神(きしもじん)」をご紹介します。
JR池袋駅や目白駅から歩いても15分ほどで到着する鬼子母神は、緑の多い場所にあります。


IMG_4009.JPG


鬼子母神は、インドで訶梨帝母(カリティモ)と呼ばれていて、多くの子供を産みました。
ところが性質が暴虐で、小さな子供をとって食べてしまうので人々から恐れられていました。
その様子を見たお釈迦様は、その過ちからカリティモを救うために、末っ子を隠してしまいました。
カリティモは嘆き悲しみました。
するとお釈迦様は、「たくさん子供がいるあなただって、子供を失うことは悲しいでしょう? あなたが人の子をとって食べているということは、その両親がどれだけ悲しんでいるかわかりますよね」と戒めました。
そこでカリティモは初めて今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依、その後安産子育ての神となることを誓って人々に尊崇されるようになりました。


雑司ヶ谷の鬼子母神の「鬼子母神像」は、鬼ではなく幼児を抱いた菩薩の美しい姿をしているので、漢字の「鬼」の上にある角(つの)を取った鬼の字を使っているんだそうです。


IMG_4011.JPG
鬼の文字に注目です。


IMG_4029.JPG
豊島区の郷土玩具「すすきみみずく」
病気で倒れた母の回復を鬼子母神様に願った娘の前に蝶が現れ、「近くに生えているススキの穂でみみずくを作り、お堂の前で売りなさい」と言いました。
娘が言われたとおりにすると、鬼子母神様のご利益があると飛ぶように売れ、娘は母に薬を買うことができ、2人で幸せに暮らしたということです。


IMG_4038-001.JPG
境内で販売されている「おせんだんご」


IMG_4052.JPG
日本最古の駄菓子屋 「上川口屋」


IMG_4062.JPG
樹齢700年以上という大公孫樹(おおいちょう)


見どころがたくさんある 雑司ヶ谷 鬼子母神へぜひお出かけになってみてくださいね。


【雑司ヶ谷 鬼子母神】
東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20


・JR池袋東口から徒歩15分
・JR目白駅より 都バス新宿駅西口行き 「鬼子母神前」下車
・都電荒川線 「鬼子母神前」下車
・東京メトロ 副都心線 「雑司が谷」下車1番出口より徒歩5分


http://www.kishimojin.jp/index.html


2019年11月12日

こんにちは!
地球の歩き方 東京特派員ブログ担当のみみです。


IMG_3988-001.JPG


文京区にある「肥後細川庭園」をご存じでしょうか。
肥後熊本藩五十四万石の大名細川家の下屋敷の面影を今も残している、池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)庭園です。


IMG_3679.JPG


池泉回遊式庭園というのは、日本庭園の中心に池を造り、その周囲を巡って庭園の景色を鑑賞するというものです


IMG_3687.JPG


こちらの庭園では、四季の花や風景を楽しむことができます。
春は梅から始まり、桜や肥後椿、夏は肥後花菖蒲、秋には肥後山茶花が咲き、モミジやハゼの紅葉が美しいです。
そして冬には、雪吊りを見ることができます。


IMG_3979.JPG
※2019年11月4日撮影


また、2019年11月23日から12月1日までは「秋の紅葉ライトアップ -ひごあかりー」が行われます。
このイベントは、熊本地震の復興支援として行われ、竹のオブジェが光る「竹あかり」や、被災した熊本城天守閣の鯱瓦の特別展示なども行われます。
通常は入園無料の庭園ですが、ライトアップ期間中は参加費が300円かかります。


昼間の紅葉も素晴らしいですが、紅葉とあかりの競演であるライトアップも素晴らしいと思います。
ぜひお出かけになってくださいね。


※こちらの庭園は、元々「新江戸川公園」でしたが、平成29年3月に「肥後細川庭園」に変更されました。


【肥後細川庭園】
文京区目白台1-1-22


開園時間 11月から1月まで午前9時から午後4時半まで
     2月から10月まで午前9時から午後5時まで
休園日 12月28日~1月4日まで


アクセス 東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅下車徒歩15分
     都電荒川線 早稲田駅下車 徒歩5分


https://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kuritukouen/kouen/higohosokawa.html



2019年11月 5日

こんにちは!
地球の歩き方 東京特派員ブログ担当のみみです。


先日、福生市で不思議な名前の公園を見つけました。
その名も「みずくらいど公園」。
ミズクライド? 何語でしょうか。


IMG_2066-001.JPG
ひらがなで書かれている公園名ですが、それがどういう意味なのか、入口に向かうとわかります。


IMG_2070-001.JPG
水喰土公園が正式名称でした。
何だか怖い名前ですね。


IMG_2076-001.JPG
公園内は、ちょっとした広場がありますが、あとは雑木林のような緑の茂った場所で、自然をそのままいかしてあるようでした。


しばらく歩くと、説明板のようなものがありました。


IMG_2078-001.JPG
福生市指定史跡 玉川上水開削工事跡 と書かれた碑のようなものがあります。


説明板を読んでみると、ここは玉川上水を開削工事の跡だということです。

玉川上水は、1653年(承応2年)に江戸市民の飲料水の確保のために、多摩川より引水して江戸市中に配水するために開削工事が行われました。
この公園がある付近に工事が差し掛かると、どれだけ掘っても水が地中に吸い込まれてしまい、結果工事が失敗してしまいました。
このあたりには、砂利の層があり、そのため水が地中に吸い込まれてしまったのではないかとのことです。
水が吸い込まれていくことを「土が水を喰らっているようだ」と考えたのか、「水喰土 みずくらいど」と呼ばれるようになったんですね。
玉川上水は、また別の場所を掘り直し、無事に完成しましたが、現在でもこの公園内には「みずくらいど」のために開削工事を中止した跡が27mほど残っています。


IMG_2085.JPG


IMG_2102-001.JPG
階段で、堀跡に降りることができます。
この、道のようになっている部分が玉川上水になるはずだった場所だということです。


「みずくらいど公園」
不思議な名前に興味を持って訪ねてみました。
もし福生市へ行かれることがありましたが、ぜひ訪ねてみてください。


【みずくらいど公園】
福生市大字熊川1359-1


アクセス  JR五日市線 熊川駅徒歩5分、JR青梅線、五日市線、八高線、西武拝島線 拝島駅から徒歩15分


https://www.city.fussa.tokyo.jp/map/kouen/1001751.html


2019年10月29日
2019年10月22日
2019年10月16日
2019年10月 8日
2019年10月 1日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京2特派員

    東京2特派員
    みみ
    街歩きが大好きで7年前にブログを始めました。 東京はとにかく移り変わりが激しく、街を歩いていても飽きることはありません。東京らしい話題の場所やグルメはもちろん、季節の花が咲く穏やかで美しい東京も紹介していきたいです。よろしくお願いします。ブログ「お出かけ大好き みみみのごはん」もぜひご覧ください。 DISQUS ID @disqus_R2nedgvAdZ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集