海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/東京3特派員ブログ

日本国内/東京3特派員ブログ 旧特派員

日本国内・東京3特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


八王子から徒歩3分のところにある「焼肉 隼(じゅん)」。
まさか八王子に、こんなにもホルモンまみれになれる焼肉屋さんがあったとは...!

焼肉と言えばマッコリ!(とメニューに書いてあったので)マッコリを嗜みつつ、まずはツヤツヤの油滴る「炙り隼ロース」を。
写真 2019-02-16 19 29 32.jpg
写真 2019-02-16 19 31 34.jpg
入れた瞬間。
本当に瞬間から、口の中でなくなりました。
溶ける肉、降臨。

お次は、「新鮮炙りレバー」を、きちんと焼き目をつけてぺろり!
写真 2019-02-16 19 22 45.jpg
これまた、あっという間に消えてなくなる!
歯が、歯が、ぜんぜん、いらない。なにこれ。

ダメ押しの一手、「バデカカルビ」と「ハラミ」。
写真 2019-02-16 20 15 00.jpg
写真 2019-02-16 20 20 20.jpg
バデカという名前に負けず、バカでかい!
コンロにのせればお肉の絨毯と化しました。
味は言わずもがなイチコロ。天国。
歯がいらないお肉ばーっかり。

ここで、ホルモンのランウェイ開始!
・ウルテ(喉の気管にある軟骨)
写真 2019-02-16 19 36 33.jpg

・ミノ(第1胃)
・ヤン(第2、第3の胃をつなぐ部位)
写真 2019-02-16 19 36 51.jpg

ウルテははじめましてで頼んでみましたが、これでもかという弾力。
これまでの歯を使わないお肉ちゃんたちと、うってかわって、顎と歯のエクササイズになりました。筋肉痛になるくらい。
でもこの噛み締めるたびに、旨みがジュワジュワ溢れ出すのが、ホルモンの真骨頂!
歯ごたえとおいしが完全に比例してます。
おいしい!!!

締めは辛コムタンクッパと冷麺。
写真 2019-02-16 20 15 04.jpg
写真 2019-02-16 20 15 04.jpg 写真 2019-02-16 20 17 38.jpg
どちらも主役の肉を立てつつ、いい感じでまとめてくれる名脇役。

お肉のファッションショーを味わう様でした。

ごちそうさまでした!


2019年2月27日

神田駅東口から徒歩3分ほどのところにある、ワインバル、Vinosity。
写真 2018-12-21 18 57 37.jpg
日本橋や名古屋にもチェーンで展開されており、こちらが本店です。
食へのこだわりから、使用している食材はすべて生産者に会いに行っているんだそう。
中に入るとすぐに、ワインがインテリアのようにかわいらしく飾られていました。
写真 2018-12-21 19 00 27.jpg
こういうディスプレイがあると、ワインを飲む気分を盛り上げてくれますよね!

こちらのお店でのおすすめは、5000円~のコース料理!
5000円でも飲み放題つきでご飯は9品とたっぷりと出るので、大満足のコースです。
しかも、ワインは白・赤・ロゼから選べます。
さすがは、ワイン好きが集う店。

表面張力ギリギリのシャンパンで乾杯してから。
写真 2018-12-21 19 04 44.jpg
にんじんムースのバケット
写真 2018-12-21 19 11 40.jpg
ピクルス
写真 2018-12-21 19 11 50.jpg
サラダ
写真 2018-12-21 19 13 31.jpg
ラタトゥイユ
写真 2018-12-21 19 16 25.jpg
サワークリームの様なさっぱりバターがのった、ポテト
写真 2018-12-21 19 25 11.jpg
牛すじのグラタン
写真 2018-12-21 19 33 27.jpg
ロースト豚肉
写真 2018-12-21 19 44 27.jpg
トマトのペンネパスタ
写真 2018-12-21 19 57 01.jpg
そしてそして、デザート!!
写真 2018-12-21 20 35 38.jpg
コースが終わる頃には、ワインとご飯で完全に満たされちゃいます。
手軽に上質なワインを楽しみたい方、ぜひワインの世界に入るきっかけとして、一度訪れてみてはいかがでしょうか?


2019年2月27日

信じられますか?
東京のど真ん中丸の内のビルの上に、「牧場」があることを。
その真実は、東京・大手町Job Hub Square13Fにあります。
写真 2019-02-16 15 24 17.jpg
東京駅から歩いて5分ほどのところです。
地方創生に向けた地域産業の担い手となる「酪農・観光牧場」分野での人材育成を目的に、 「酪農」と「食育」を学ぶ施設として作られた場所です。

しかも、入館無料!!
早速見学に行ってみると、、
写真 2019-02-16 15 15 18.jpg
す、すごい、ヤギがいる…!!
おやつを求めてみんな首を出しています!
写真 2019-02-16 15 16 25.jpg
おやつはちなみに、100円!

奥には、アルパカや牛、フラミンゴ、フクロウ、ニワトリもいます。
写真 2019-02-16 15 18 15.jpg
写真 2019-02-16 15 17 35.jpg
完全に牧場!!

※飼育動物の種類、頭数は変更になることがあります。

お隣には、牧場カフェがあり、特製の牛乳や飲むヨーグルト、コーヒー、軽食なども楽しめます。
写真 2019-02-16 15 23 28.jpg
写真 2019-02-16 15 23 47.jpg
ここでは、アイスクリーム作りやバター作りなどの乳製品に関するセミナーもやっているんだそう。
休日のこの日は、お子様連れのご家族で賑わっていました。
都内で手軽に、酪農に触れ合える場所はそうないですよね。
都内に住むご家族の方におすすめのスポットです!


2019年2月27日
2019年2月27日
2019年1月31日
2019年1月31日
2019年1月31日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京3特派員

    東京3特派員
    旧特派員
    DISQUS ID @disqus_j1mnLrkcEA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集