海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京3特派員ブログ > とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~

日本国内/東京3特派員ブログ Chisato

日本国内・東京3特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月30日

とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~


メール プリント もっと見る

とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~

蔵前橋通りを秋葉原方面に歩いていくと、鳥越神社が見えてきます。
二丁目に差し掛かったところで、右に曲がるとなんとも控えめでかわいらしい灯りが,
この喫茶店の存在を教えてくれます。
入り口には直径20cmほどの石版にこれまたかわいらしい文字で「営業中」の文字が。

tokyo3_1.jpg

tokyo3_2.jpg

入る前から、お店の謙虚であたたかみのある雰囲気が伝わってきます。
店内は、薄暗い空間にカウンター、テーブル含め10数席程度の広さです。
秘密基地を見つけたような気持ちでわくわくしてきます。
メニューは、コーヒーとチョコレートのみ。

tokyo3_3.jpg

tokyo3_4.jpg

それぞれに的確な特徴があって、選びやすいです。
迷いに迷って「珀」という重厚な甘みとコクのコーヒー(750円)と「果香」という木苺のような鮮やかで上品な果実感があるチョコレート(200円)を注文しました。


オーダーが入ると、コーヒー職人が(本当は職人ではないのだけれど、ここではぜひそう呼びたい)、一杯一杯ネルドリップしてくれます。


まず大きなやかんから専用のポットにお湯を移し替え、ふんわりと盛られたコーヒーの粉に、数滴ずつ、そーっとお湯を注いでいきます。次第に注ぐ量が増え最後は少しずつ、コーヒーを潤していきます。


ピアノのゆったりとしたBGMを聞きながら、ポットから一滴一滴落ちていくお湯を見ていると、疲れがじんわりとほぐれていきます。


コーヒーができあがると、職人はカクテルのように、そっと味見を。
そうしてできたコーヒーの味は何層にもなっていて、ほどよい苦味がまるくやさしく口の中をすべっていく様ようです。合わせて出てきたチョコレートの木苺のような酸味は、これまた絶妙にコーヒーの味に深みを加えていきます。


「丹念」という言葉があります。
「心を込めて念入りにすること」という意味です。
コーヒーを入れるその手つきは、まさに「丹念」を具現化したものといえるなぁと。
豆を引く音、お湯を注ぐ音、金属が触れ合う音。
そこで生まれる全ての音が一体となって、蕪木の中の美しい時間を作り出しています。
一杯のコーヒーでここまで楽しめる場所はそう、ないです。



『蕪木』


住所:〒111-0054 東京都台東区鳥越1丁目15−7


TEL:03-5809-3918


営業時間:13時00分~20時00分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年11月30日
»次の記事「まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山~」 へ
おすすめ記事
    東京3特派員 新着記事
    まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山~
    とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 東京3特派員

      東京3特派員
      Chisato
      「百期百会」これは、私オリジナルの座右の銘です。「百人の人と百通りの出会い方を大切にする」という意味です。人と話すことが大好きで、この座右の銘のもと、毎日様々な人達の出会いを楽しみに生きています。仕事は浅草橋にある「LittleJapan」というゲストハウスで女将をしています。「餃子の研究」が趣味で、お店のリサーチだけでなく、作り方まで研究するほど、「餃子lover」です。また最近は、ハンバーガーを食べ歩くことにもハマっています。ハンバーガーをガブガブ食べるように、様々なことを吸収していきたいです。 DISQUS ID @disqus_j1mnLrkcEA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集