海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京3特派員ブログ > まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山...

日本国内/東京3特派員ブログ Chisato

日本国内・東京3特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月 2日

まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山~


メール プリント もっと見る

まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山~

高尾山は新宿から約一時間半で、気軽にいけるレジャースポットとして知られています。
ミシュラン三ツ星も獲得し、近年話題の観光スポットです。
登山コースは一号路から六号路まであり、全部の登山道を制覇する高尾ファンもいるほど。
今回は初心者におすすめな一号路をご紹介。
一号路は登山道がきちんと整備されており、ごつごつした岩や登りにくい斜面はほぼありません。
今の時期は紅葉が美しく、運動は極力したくない方でも、景色を楽しみながら、登れます。

~高尾駅に到着!おそばで下ごしらえ!~

高尾駅に到着すると、銀杏の木々たちがお出迎えしてくれます。
紅葉のシーズンは、ぎんなんの香りが少々強烈です。

土日となると、高尾駅周辺は友人カップル家族連れ、日本人、外国人、沢山の方でにぎわっています。
改札を出たら右に進むと、お蕎麦屋さんやお団子屋さんなど絶品腹ごしらえスポットが待っています。

登る前にエネルギーを蓄えておくのもよし、登った後のごぼうびとするのもよしです。

IMG_5257.JPG

IMG_5258.JPG


~麓から中腹まで一気に登ろう~

麓から、登りはじめることもできますが、初心者におすすめなのは、中腹までケーブルカーやリフトで行くこと。
なかでもケーブルカーは風もしのげて、のんびりと紅葉を眺めることができます。

6分の空中飛行の途中にある、31度18分の勾配は日本最大の急勾配。
下を見ると、思わず息をのむほどの高さです。

ケーブルカーを降りると、目の前にはすでに絶景が。
ここ、霞台展望台からは新宿まで見渡せます。昼間の景色も素晴らしいですが、
夜になると東京の光がダイヤモンドのようにキラキラ輝いていて、ロマンティックな気持ちになります。

IMG_5314.JPG

~いよいよ登山開始~

あれ?登らないの?というほど前半はゆとり気分ですが、中腹までいったら頂上までは自力です。
いよいよ登山開始。
と、とはいえ、登山ルートにもお茶屋さんはたくさんあるので、誘惑に負けずに上を目指してくださいね...!
中腹から頂上の丁度真ん中あたりに、薬王院という寺院があります。

西暦744年、聖武天皇(しょうむてんのう)の勅命により行基が開山したとされる真言宗智山派の寺院です。
天狗信仰でも知られていて、お参りだけでなく、おみくじやお守りを購入して楽しむこともできます。

ちなみに、私はここで人生で初めての「凶」をひきました。笑

IMG_5281.JPG

IMG_5306.JPG

~あっという間に頂上へ~

登山ルートに魅力的なスポットが多々あるので、あっという間に頂上にたどり着きます。

山頂ではビールも販売しているので、大人の方は、頑張った自分にくぅ~っと一杯してあげるのもいいですね!

頂上は比較的広く、座るところもあるので、お弁当を持って行って食べたり、山小屋の売店で購入して食べたりできます。

高尾山にはゴミ箱がないので、ゴミはも帰りましょう。

IMG_5309.JPG
IMG_4775.JPG

~帰りは早めに~

帰りも同じルートで下山できますが、ケーブルカーやリフトは夕方になるほど混雑します。
歩いて下山も可能ですが、暗い道を下るのは慣れてない方にとっては危険です。
帰りは余裕を持って、下山しましょう。

~紅葉を楽しむなら、高尾山でハイキング!~

登山と言っても、ハイキングに近いので、どんな方でも無理なく登れると思います。
この秋、ぜひ一度高尾山で紅葉を満喫してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年12月 2日
« 前の記事「とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~」へ
おすすめ記事
    東京3特派員 新着記事
    まだ間に合う!東京で紅葉を満喫するなら~高尾山登山~
    とっておきの大人の時間を過ごすなら~浅草橋 蕪木~

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 東京3特派員

      東京3特派員
      Chisato
      「百期百会」これは、私オリジナルの座右の銘です。「百人の人と百通りの出会い方を大切にする」という意味です。人と話すことが大好きで、この座右の銘のもと、毎日様々な人達の出会いを楽しみに生きています。仕事は浅草橋にある「LittleJapan」というゲストハウスで女将をしています。「餃子の研究」が趣味で、お店のリサーチだけでなく、作り方まで研究するほど、「餃子lover」です。また最近は、ハンバーガーを食べ歩くことにもハマっています。ハンバーガーをガブガブ食べるように、様々なことを吸収していきたいです。 DISQUS ID @disqus_j1mnLrkcEA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集