海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京3特派員ブログ > 至福のときを過ごしたい!東京のラグジュアリーレスト...

日本国内/東京3特派員ブログ 池上 桃音 さん

日本国内・東京3特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月16日

至福のときを過ごしたい!東京のラグジュアリーレストラン


至福のときを過ごしたい!東京のラグジュアリーレストラン

こんにちは、moneです。東京には魅力的なレストランがたくさん。選択肢が多くどこへ行こうか、いつも迷ってしまいます。優雅な環境で、リラックスした至福のひとときを過ごしたい。新型肺炎が猛威をふるっておりますが、事態が収束したら訪れてほしい今話題の2020年訪れるべきラグジュアリーなレストランをご紹介。

■アタゴール オリエント (Ataguele)

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0019.jpg

日本で唯一オリエント急行のシェフをつとめたといわれるオーナーシェフによるフレンチレストラン。清澄白河駅、木場駅からほど近い場所にあるレストランは、青と白の列車が目印で、外から見たときのインパクトが大。それまで歩いていた景色とはまったく異なる、外国を訪れたかのような感覚になること間違いなしです。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0004.jpg
入口へと続く階段を上っていくと全面パノラマウインドーの建物と、併設された車両(ラウンジスペース)があります。開放感あふれる建物で食事をいただき、最後のコーヒーをラウンジスペースの車両内でいただくことができます。
車両内で食事をすることも可能となる日があるので、利用の場合には料金、該当日について問い合わせの上で来店するようにしましょう。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0005.jpg
今回はランチ時に訪れました。AからDまで4種類のメニューがあり、たとえば今回いただいた Cメニュー(4300 円)では、旬のつきだしとオードブル、氷菓のお口直し、メイン、デザート、パン、食後の小菓子となります。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0012.jpg

各コースについているオードブルやメイン、デザートなどはそれぞれ2、3種類の中から選択することができます。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0011.jpg
プリフィックスのメニューは季節ごとに変わり、いただいた食事はどれも味だけではなく、 見た目にも非常に美しいものばかり。小菓子のプリンも絶品でした。表面の砂糖がバーナーで炙ってあり、表面はパリッと、中はまろやかな食感がたまりません。
ゆっくりと休日を過ごしたいときやお祝いのときなどあらゆるシチュエーションに訪れることができる店です。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0009.jpg
列車の内部は仔細にデザインされており、まるで本当にヨーロッパを列車で旅しているような非日常空間に誘われることでしょう。


■アタゴール オリエント
・URL: http://www.atagueule.com/


■ワトルトーキョー(Wattle Tokyo)

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0034.jpg

東京駅直結、新丸ビル内にあるモダンオーストラリアレストラン。エレガントな内装と、あたたかみのある雰囲気の店内でいただくオーストラリア料理は前菜とメイン、デザートを選べるプリフィックスコース(5500 円)から選択可能です。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0035.jpg
前菜とメイン、デザートの選択肢は豊富で、西オーストラリア産のエビやクイーンズランド産穀物牛など、オーストラリア現地で生産された材料をふんだんに用いたコースとなります。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0037.jpg

毎日提供されている「クイーンズランド産穀物牛」は厚みのあるジューシーな味で、日によってブランドが変わることがあるのだとか。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0039.jpg

今回はスターターには「鴨のテリーヌ」、メインには「クイーンズランド産穀物ジョンディ 牛サーロイン」、デザートには「季節のパフェ」にあったモンブランをいただきました。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0043.jpg

一品一品それぞれボリュームもあり、濃厚なおいしさに香ばしさが加わり、極上の味わいを醸し出します。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0042.jpg

日替わりの本日のお肉には、「ワニ」や「カンガルー」など普段はいただくことができない、 少しニッチなメニューも。それらの味に感動することでしょう。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0044.jpg
■ワトルトーキョー
・URL: https://www.pj-partners.com/restaurant/wt/


■ホテル雅叙園東京 KANADE TERRACE

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0032.jpg

1935年に建てられ館内で現存する唯一の木造建築、東京都指定有形文化財「百段階段」などをはじめとする和の文化が色濃く再現されている「ホテル雅叙園東京」。その中にある、

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0020.jpg

New American Grill"KANADE TERRACE"ではグリル料理をいただくことができます。 高い天井や屋内にそびえる門を通り、胸が高鳴る空間へ。

「KANADE TERRACE」は温かみのある照明ときれいに並んだテーブルやソファが印象的な店内です。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0027.jpg

日が落ちる時間になると各テーブルにフローティングキャンドルが並べられるなど、上質なひとときを過ごすことができる雰囲気造りが細部にまでなされています。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0025.jpg

「KANADE TERRACE」でいただく料理の数々はアメリカ料理だけでなく、和風のテイストも兼ね備えた細部までこだわり抜かれたメニューとなっています。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0022.jpg

筆者がいただいたのは、クリスマス時期限定の料理でした。中でも「フォアグラのテリーヌと鴨のロースト」はうっとりするおいしさ。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0024.jpg

濃厚なフォアグラのテリーヌの上に鴨のロースとリンゴのスライスが並べられており、豊満な香りが漂う見た目にもおいしいひと品。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0029.jpg

料理の味はもちろん、絢爛豪華な店内、スタッフの方々のホスピタリティが心をときめかせてくれます。


■ホテル雅叙園東京 KANADE TERRACE
・URL: https://www.hotelgajoen-tokyo.com/restaurant/shop/kanadeterrace


■ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション/L'ATELIER de Joel Robuchon

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0048.jpg

史上最短で、当時のミシュラン三つ星を獲得したジョエル・ロブションがオープンしたレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0060.jpg

「一度は行ってみたい!」と世界各国で人気のジョエル・ロブションのディナーを日本でいただくことができるのは、恵比寿と六本木の2店舗だけ。今回は六本木店に訪れました。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0055.jpg
六本木ヒルズに位置する「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」は、モダンな黒い扉を開くと、赤で統一された鮮やかな店内の景色が目の前に広がります。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0057.jpg

清潔感のあるカウンターの赤い椅子に座ると、同じく赤いコップに入った新鮮な水をいただくことができます。コース、アラカルトどちらも楽しむことができる「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0053.jpg

提供される料理は味だけでなく、目に映るそのビジュアルも宝石のようできれい。「栗のスープ」など、ほかではいただくことのできないメニューも特徴なんです。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0052.jpg
食後のティータイムには大きなプレートに乗った、数々のかわいらしい小菓子から好きなものを選んでいただくことができます。カラフルでコロンとした小菓子に心躍ること間違いなしです。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0059.jpg
今回いただいたパッションフルーツとバナナクリームのデザートは、ココナッツのムースがさっぱりしていて極上の味わいを醸し出していました。食事の常識を覆す、遊び心満載の料理の数々をいただくことができます。

c0a2fa5b7dafd0138f321ee43fc665b92_55522997_200327_0056.jpg

■ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション/L'ATELIER de Joel Robuchon

・URL: https://www.robuchon.jp/shop-list/latelie

以上、おすすめのレストラン4選でした。
家族で訪れるもよし、デートや友人と訪れるもよし。多様なシチュエーションで利用することができるレストランの数々は料理がおいしいだけでなく、雰囲気や目に入る景色もすば らしいので、よい思い出となることでしょう。そんな日常のなかの非日常へ、訪れてみてはいかがでしょうか。

(記事でご紹介した店には掲載の許諾をいただいています。)

〈インスタグラムもやっています〉 https://www.instagram.com/moneikegami/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年4月16日
« 前の記事「落ち着いたら、清澄白河さんぽ」へ
»次の記事「在宅ワークにもピクニックにも!便利なベトナムカフェ「ダイナーバング」」 へ
東京3特派員 新着記事
在宅ワークにもピクニックにも!便利なベトナムカフェ「ダイナーバング」
至福のときを過ごしたい!東京のラグジュアリーレストラン
落ち着いたら、清澄白河さんぽ
ホルモンランウェイ!@八王子
おいしいワインをリーズナブルに楽しめるお店「Vinocity」@神田
都会のど真ん中に牧場!?大手町牧場@東京駅
島に行けなくても島気分!伊豆諸島アンテナショップ@竹芝桟橋
アメ横だけじゃない!穴場の和食下町バル「さしすせそ」@上野

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京3特派員

    東京3特派員
    池上 桃音 さん
    3歳から12歳までドイツ・デュッセルドルフのインターナショナルスクールで過ごす。その後、慶應湘南藤沢中等部・高等部へ進学。学生時代にはオーストラリア・シドニー、イギリス・ケンブリッジ大学での短期留学を経験。慶應義塾大学法学部を卒業し、現在は東京を拠点に活動。両親がタイのバンコクに在住。 instagram DISQUS ID @disqus_i2GBYBUmGc

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集