海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/トリノ特派員ブログ

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


67773002-2AC3-4AD2-85D9-0AE44F054755.jpeg

パリオと聞けば、シエナ!を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?実は私もそんなひとりでした。フィレンツェ外国人大学の食文化講座に通っていた頃、シエナのパリオを強く勧められ観にいったものです。アスティに住んで驚いたことには、そんなパリオの歴史は、実は、アスティが一番古いと言うではありませんか!戦争や混乱の時期に一時停止したので影の薄い存在になったと言われています。アスティの町を歩いていると、どうしてこんな小さな町にいくつも立派な塔があるの?と観光客の方が素朴な疑問を持つこの地アスティは、13世紀は、現在、ピエモンテ州の州都であるトリノよりも権力を持っていたと言われています。


96cfa30c149a02e76e07ad04e749b57b5572305c.jpeg

パリオに関しては、アスティの黄金時代である13世紀から開催されていました。現在は、パリオ大好きなアスティ市長さんの提案が通り、今年からレース形式が少し変わりました。昨年までは、アスティ県全体での戦いのみでしたが、今年からアスティ市町村のみのレースも行われました。日程に関しても、去年から9月の第一週目の日曜日となり、パリオを9月のアスティ県のシンボルに!と市長さんは目を輝かせて力説しておりました。有難い事に、プログラムがリニューアルした今年は、私もスタンドから隣町の市長さんと一緒に観戦させていただきました。

E3FDA462-04D6-4BDF-B7B0-97A0F74446FD.jpeg

アスティでは、9月になると地区ごとの紋章が入った旗が町中に靡き町を活気づけます。この時期、ピエモンテ州へいらっしゃる方は、一見の価値ありです。町もコンパクトにまとまっているので一人歩きでも全く問題ありません。国鉄でトリノからも乗り換えなしで約30分でお越しになれます。中世の街並みが残るアスティへ是非遊びにいらして下さい!



2019年9月22日

67ADDB47-7506-475D-B831-C1FD1C87B133.jpegのサムネイル画像

ピエモンテ州も、ところどころで葡萄の収穫がはじまりました。収穫の時期は、ブドウの品種、造り手さんのこだわり、気候にも準ずるので毎年変動します。待ちに待った実りの時期に近年あってはならぬ暴風雨や豹がふることも珍しくなくなっており、手塩にかけ我が子のように育てた葡萄を皆、ひやひやしながら見守ります。そんな2019年は、残念な速報ですが、バローロ地区で大きな被害がありました。自然との共存。温暖化にともないイタリア北部のピエモンテ州でさえ南国化しており、雨が降れば短時間集中豪雨という農作物には打撃を与える過酷な時代となりました。

e7a7bedf8ecc1c199346f27a8b8e30406744127a.jpegのサムネイル画像

そんなピエモンテ州で毎年お手伝いするワイナリーへ、まずは、白葡萄の収穫へ行って参りました。こちらは、農薬、除草剤を一切使用しない人体、環境に優しいワイン造りで定評があります。甘味が凝縮した葡萄を収穫しつつ、味見しつつ、ワインの師匠であるクラウディオ氏と2人でおよそ160kgを収穫しました。その後は、カンティーナ(ワイン貯蔵庫)において大試飲会!

1C682ADC-701F-48F0-9CEB-778BAA8FB979.jpeg

イタリアピエモンテ州で収穫体験、ワイン農家で研修してみたい方はご連絡くださいませ!毎年、いくつかのワイナリーでの需要がありコーディネートしております。



2019年9月19日

a60caeb279ce8f8c2e169f2830bef05b8ecd3595.jpeg


イタリアでは、近年より引き続き SUSHI が大人気。 (あえて、寿司とは表記せず、ホンモノの寿司にリスペクトをはかりこちらで食べられている寿司については、SUSHIと表記する。)イタリアでのSUSHI事情は、ミラノを除き、基本的に中国人経営のALL YOU CAN EAT と呼ばれるいわゆる食べ放題形式(SUSHI意外にもチャーハンや中国料理が食べられることが多い。)のお店が大半を占める。もしかしたら海が近い都市では、可能かもしれない。だが、私が住むピエモンテ州は、海には面しておらず、残念ながらお魚屋さんに行っても毎日新鮮な魚が手に入るとは限らない。といった理由からも、日常の我が家の食卓の7割は、肉、野菜が中心となる。そんなピエモンテ州でもSUSHIブームは進行中で、安い価格設定からも若者に人気というから困ったものだ。一方、食べ放題の店ではなく、価格設定も妥当で内装もシックに演出されたSUSHI店は、辛口 スプマンテや白ワインと共に食事を楽しむ大人や財界人にも人気だ。ある日、どうしても日本人である私を連れて行きたいという友人の強引な誘いに今回は、断る理由が見つからず、トリノにあるSUSHI店へ行くことになった。

F1BFDC55-EE9D-4417-BAB0-EB7F850FC6F4.jpeg
オマールエビのロール アボカド、ホタテマヨネーズのせ


0120B78A-3566-46DA-954F-F581B338D062.jpeg

サーモン(生)ロール 炙りサーモンとズッキーニの花のフライのせ


厨房は、友人が言うようにガラス張りで清潔な様子。メニューには、NIGHIRI(にぎり)、ROLL(巻き)、TEMAKI(手巻き)と続く。主流は創作ロールのようだ。創作ロールには、それぞれ名前がついており、具材からのネーミング以外にも、SENSEI、ONSEN、YAMAHA など日本語ではあるが具材を想像しにくい品も多数あって苦笑い。基本的には、アメリカで発祥したカリフォルニアロールの創作系といえる。アボカド、クリームチーズ、マヨネーズは人気商品には欠かせないようだ。メニューを長時間 凝視する私を厨房の中からフィリピン、中国、インドネシア系と思われる料理人の視線が集まる。寿司とは別世界だが、清潔で素材さえ悪くなければ、創作SUSHIとしてのカテゴリーが欧米人に流行るのもわかる気がした。日本好きで日本にも何度か訪れたことのある友人がなぜか自慢気であったのが微笑ましかった。


2019年8月31日
2019年8月31日
2019年8月30日
2019年8月30日
2019年7月15日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トリノ特派員

    トリノ特派員
    YUCA
    ピエモンテ州 アスティ在住。
    フードスタイリストとして活動15年目、イタリア アスティにて会社を設立。イタリア ピエモンテ州におき、日本人女性初のトリュフとワインの騎士勲章を叙勲の他、翌年には、アスティとアルバの第一回ドルチェイベントで親善大使に任命される。現在は、アスティ社会人大学でも教鞭をとる。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集