海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/トリノ特派員ブログ

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_0042.JPG


秋の風物詩 BAGNA CAUDA DAY (バーニャカウダディ)
バーニャカウダディとしてお祭りになるずっと昔からこの地方では冬になるとバーニャカウダが食されていたことは前回ご紹介しました。


IMG_0044.JPG


年々進化しているアスティ発 バーニャカウダ祭りとは?

以前、ユネスコ無形文化遺産、地中海式ライフスタイルについて記述しましたが、このお祭りも、もちろんその主旨に則り、郷土料理であるバーニャカウダを ” 皆でテーブルを囲み楽しく!” そして、” 食事には適量のワインとともに、コミュニケーションをとりながらゆっくりと楽しむ。” は、地元の赤ワイン Barbera (バルベーラ)が振舞われるところからも理にかなっているのです。


バーニャカウダディは、アスティ県内 60のレストラン、5000席からスタート。現在では、150のレストラン、16000席に拡大しました。そんなバーニャカウダディがアスティを飛び出し、秘境の地トンガへ!これもアスティでは有名な話。トンガに移住したアスティ人が母国を想い同日開催を表明したのです。その後オーストラリア、アフリカ、アメリカそして日本!と益々世界規模になっています。

IMG_0036.JPG

そんな世界中で大人気のバーニャカウダ。今回は、日本にお住いの方へ朗報です。
ピエモンテ州 アスティ郊外で10年以上シェフを勤められた小林清一シェフが、和歌山県で、その名店と同名の
i bologna (イ ボローニャ)という屋号でご活躍されています。そちらでも11月24,25,26日にバーニャカウダ祭りの同日開催が予定されています!小林シェフにお伺いしましたら曜日により、まだ数席は空きがあるようです。本場のバーニャカウダを味わってみたい方は是非、足を運んでみてくださいませ。こちらアスティで制作され、毎年柄が変わる人気のバーニャカウダディには欠かせない “よだれかけ” も無事到着したそうです。


秋の夜長には、皆でピエモンテ州の郷土料理 バーニャカウダをいただきましょう!


【データ】

Trattoria i bologna (WAKAYAMA,GIAPPONE)
http://www.trattoriaibologna.jp/


2017年11月16日

1.JPG


Bagna cauda day(バーニャ カウダ ディ)
毎年11月になると盛大に行われるアスティ発のお祭り。

日本でもポテトチップスにバーニャカウダ味がある(あった?)と聞いた事があるくらいなのでその存在は結構知られているのかな?という認識ではありますがご存知のない方の為にそして、あまり知られていないピエモンテ州の郷土料理の裏話をご紹介します。


3 (2).JPG


Bagna cauda (バーニャカウダ) とはピエモンテ州の郷土料理のひとつ。その発祥は、ワインなどもそうですが農業が盛んな地域であるピエモンテ州は、多くの農民が存在し、厳しい冬に体が温まるだけではなくバランスよく栄養価の高いこの料理を大量に作っては連日食していたようです。今となっては、地中海式ダイエットにも認定されている逸品です。そんなバーニャカウダの主役となるのは、にんにくとアンチョビ。

海に面していないピエモンテ州。アンチョビがピエモンテ州の郷土料理に多く見られるのがなぜか?


3 (1).JPG
 (自家製アンチョビ熟成中でーす!)


昔々、イタリアの20州が別々の国だった頃、海から生まれる塩は、海に面していない国にとっては高級品でした。ピエモンテ州もその一つで、お隣のリグーリア州から塩を輸入する際、塩のみならず塩にかかる税金がとても高かったのです。そこで考案されたのが塩漬けの魚の輸入でした。塩に比べると税金の低かった魚を輸入する!という名目で生産量が多く、安いイワシに目がつけられたのです。そうして頻繁にピエモンテ州に運ばれてくるようになった塩は貴族階級の元へ。塩漬けにされたイワシは、一般庶民へ。というからくりがあったのです。といった理由からピエモンテ州の郷土料理には、塩漬けイワシ = アンチョビ料理が数多く存在するのです。

そんなアンチョビと軟らかく煮たにんにくをソースにし、そこへ野菜やパンをディップして食す。それがバーニャカウダです。


【データ】
Bagna cauda day
www.bagnacaudaday.it


2017年11月13日

IMG_0014.JPG


私が非常勤講師を務める料理専門学校のあるCostigliole d’asti (コスティリオーレ ダスティ)にてバルベーラ祭りが開催されました。招待券を配給されたので友人、知人を誘いいざ出陣!


IMG_0019.JPG


この土地に根ずく赤ワイン バルベーラ種が約150種類ずらりと並びます。
まずは、シンプルでぴちぴちのバルベーラを試飲。その後は、徐々に骨格のあるタイプのバルベーラへ。


IMG_0026.JPG


小腹がすいたら、綺麗になったお食事処もあります!
3年前にこのイベントのお手伝いをした時は、受付で配られるワインリストも簡素なもので2枚の紙きれを手作業でホッチキス止めをしたものだと立派になったパンフレットを片手にこのイベントの会長と談笑。食事もほぼスタッフの為だけに用意されひっそり食べたものだった。それが、今年は、地元のプロローコ(地域復興会的なもの)がアンティパストからドルチェまで郷土料理を約80人は収容できる部屋を設け大賑わい。我々は、古巣の3年前にスタッフだけで食事をした簡素な別部屋で食事にありつく。


IMG_0035.JPG


3種のアンティパストとアニョロッティ (詰め物パスタ)は、 セージバターとラグー(お肉のトマトソース)の2種類から。そしてドルチェは、ボネット(ピエモンテ風チョコレートプリン)。以外にも頼んでいないものまでどんどん運ばれてきたが5人でぺろりと完食。


IMG_0031.JPG


その後、再度試飲会場へ戻り樽熟成をかけたバルベーラを。


毎年この時期に行われるバルベーラ祭り。このイベントを組み込んだツアーのお問い合わせも毎年受け付けておりますが、一般の方でも10ユーロ(グラスとグラスを首から下げるホルダー付き)で誰でも入場可能なのでご興味のある方は是非。アスティの駅前からタクシーで約15分。バスだと約20分の距離。イベントは朝から開催しているのでアスティから日帰りでも十分楽しめます。


【データ】
FESTIVAL INTERNAZIONALE DELLA BARBERA
https://www.sagrepiemonte.it/evento/2017/AT/Costigliole+d%27+Asti/36120/Festival+internazionale+della+Barbera


2017年11月10日
2017年11月 8日
2017年10月31日
2017年10月24日
2017年10月 7日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トリノ特派員

    トリノ特派員
    YUCA
    ピエモンテ州 アスティ在住。
    製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集