海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/トリノ特派員ブログ

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

AA.JPG


LA DOLCE VALLE (ラ ドルチェ ヴァッレ)訳してお菓子の渓谷。
アルバ、アスティが属するピエモンテ州で愛される甘いもん大集合のイベントです!


BB.JPG


甘いもの大好き!でもカロリーも気になる? では、カロリーを減らして甘いものを食べよう!
イタリア人の発想はユニークで遊び心満載です。それが今回も見事大当たり!


CC.JPG

ASTIのシンボルの1つである TORRE TROYANA (トッレ トロヤーナ)トロヤーナ塔に登り、360度のパノラマを楽しもうというもの。用意されたのは、登る前には、出来立ての軟らかいトローネ。そして44メートルの高さ、199段ある螺旋階段を登りきるとそこで待っているのは、絶景と カリッと歯ごたえのある固いトローネ!


DD.JPG


提供してくれたのは、アスティにある老舗で今や世界的に有名なトロネリア、チョコラテリアの D.Barbero!


EE.JPG


その他には、お子様も楽しめるドルチェの食育イベントもありました!

アスティ、アルバの中心地では、ピエモンテ州の郷土菓子に加え、その原料ともなる、はちみつについての食育コーナー、親子で参加型のお菓子教室、スタンプラリーもありました。

子供のころから本物に触れ、興味を持つことはとても大切なこと。大半のブースには、生産者さんがいらっしゃったので、疑問、質問が直接できるのも嬉しいことです。ピエモンテ州の郷土菓子や原材料にも使われるはちみつをお味見しては、気に入ればその場で購入もできます。
この期間は、アスティ・アルバ間の専用運行バスも1時間おきに用意されており、1日で2町楽しむもよし。どちらかに1泊して1日ずつ楽しむもよし。甘いもの好きにはたまらない楽しいイベントとなりました。


30657287_2061498697461858_2296086140597305344_n.jpg


そんなイベントの締めくくりには、イースター(復活祭)が近かったこともあり、イースターエッグが町中に並ぶこの季節ならではの大クイズ大会。あるイースターエッグの重さを当てるイベントがあり、見事10歳の男子が数グラム差で言い当て、ご褒美としてその巨大な4777gあるイースターエッグを受賞しました。

そのプレゼンターを務めたのは、このイベントの親善大使に選ばれ、このイベントのために用意されたピエモンテ州には欠かせないトローネの衣装に身を包んだ日本人女性。そうです。私 Yucaが、お渡し致しました。授賞式が終わると、このイベントのために製作されたロゴ入りのケーキと甘口ワインのアスティ スプマンテで乾杯!

翌日には、早速、改善点などを話し合うミーティングも行われ来年に向け、また進みだしました。


【データ】
LA DOLCE VALLE
http://www.ladolcevalle.it/


イベントに参加してみたい!出店してみたい!などお問い合わせも大歓迎です。
ご興味のある方は、上記メイルアドレスへ YUCA 宛てに 日本語でお気軽にご連絡くださいませ。



2018年4月14日

A.JPG


長年の歴史で初めてピエモンテ州にあるアルバとアスティが協力し、ひとつのイベントを企画、開催しました。テーマは、ずばりドルチェ(スイーツ)!その名は、La Dolce Valle(ラ ドルチェ ヴァッレ)お菓子の渓谷。とでも訳しましょうか。その名の通り、主役は 甘いもの!です。


B.JPG


ピエモンテ州では、名産であるヘーゼルナッツを使ったお菓子が有名です。
Torta di nocciole(ヘーゼルナッツのケーキ)、‟ 醜いけれども美味しい!”というネーミングがイタリア人のセンスを感じる私のお気に入りの小菓子 Brutti ma Buoni(ブルッティ マ ブォーニ)をはじめとし、甘いもの好きにはたまらないドルチェイベントです。


C.JPG

アスティ スプマンテで乾杯!


ASTI (アスティ) と聞き、思いつくのがこの地方で生産される甘口発泡酒ではないでしょうか?実際は甘口だけではなく辛口のアスティ (ASTI SECCO) もありますが、このイベントの趣旨はドルチェのため、今回は甘口ワインがメイン。甘口発泡酒に加え、陰干しして糖度をあげた食後酒には最適のデザートワイン Passito (パッシート) も試飲できるという嬉しい試飲会場も設けられました。


D.JPG

このイベントの親善大使に選ばれました。


第一回は手探りで始まりました。実は、著者である私も計画段階からミーティングに徴収されており、意見をさせていただいておりました。と申しますのも実は、この期待のかかったイベントの親善大使に任命されたからなのです!その理由は、まずは、アスティ在住でありながら昨年は、アルバでトリュフとワインのカヴァリエーレ勲章を受勲したという事もあり、第一回 アルバ、アスティ合同イベントの親善の為、選出してくださったそうです。何より日本とピエモンテ州をつなぐ架け橋になってほしいとのことなのですからそんな光栄なことはありません。

当日は、私のサイズに合わせ、ミラノで製作されたアルバ、アスティを代表するドルチェ トローネ(ヌガー)でできた衣装に身を包みました。アスティにある宮殿での閉会式では、知事やミシュラン星つきシェフ、その他、ピエモンテ州の重鎮に交じり、受賞式のプレゼンターを務めさせて頂くなど大変貴重な体験をさせて頂き感謝しております。皆さま、次のお休みは、美食の宝庫ピエモンテ州へどうぞお越しくださいませ。


【データ】
La Dolce Valle
http://www.ladolcevalle.it/

イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト
http://visitaly.jp/travel/piemonte


2018年4月 7日

11.JPG


イースター(復活祭)が近づいています。復活祭とは、キリスト教のお祭りで重要な祝祭日のうちのひとつです。イタリアでは、時代とともに宗教色は薄れつつあるものの、祝日となるのでみな春の訪れとともにうきうきする季節です。イタリアでは、復活祭のことをPasqua (パスクワ) といいます。復活祭は、月の満ち欠けにより定められた日なので、年によって日付が変わります。


13.JPG


英語でいうところのイースターエッグ!イタリア語では、UOVO DI PASQUA(ウォーヴォ ディ パスクワ)。ウォーボとは、卵。パスクワとはイースター(復活祭)という意味です。その実態は、老若男女に愛され続けるチョコレートでできています。この時期イタリアをご旅行されると綺麗にラッピングされた卵型の物体を至る所で見かけることができます。この時期に初めてイタリアへ来られる方からは、これは何ですか?とよく質問を受けます。


12.JPG


今回は、そんなパスクワに欠かせないドルチェのひとつ UOVO DI PASQUA をご紹介します。では、なぜ卵?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんので少し解説を。パスクワは、キリストの復活を祝うお祭りなのでその象徴として、産まれる=卵、その親の鶏、そして繁殖能力の高いうさぎなどがシンボルとされます。


6 (1).JPG


そんな卵の形をしたチョコレート。中は空洞になっており、空洞にはサプライズのプレゼントが入っています。こだわりのある人は、中のプレゼントを自分で用意し、世界に一つのオリジナルの Uovo di Pasqua をオーダーすることもできるのです。いろいろなヴァリエーションもあり、イタリア人の発想や感性にはいつも刺激を受けます。


15.JPG


最後に、ご購入、持ち運びの際の注意点としましては、パスクワの日程同様、この時期の気候も毎年大きく変動しますので、移動の際のチョコレートの管理には、くれぐれもお気をつけください。暑かった数年前、友人がパスクワの卵とともに帰省している途中にチョコレートが溶け出してきた~!なんていうハプニングもありました!車や列車で旅行する際には、くれぐれも涼しい場所で管理しましょう。


4 (1).JPG

Buona Pasqua! / Happy Easter!


2018年3月30日
2018年3月28日
2018年3月 8日
2018年3月 3日
2018年2月28日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トリノ特派員

    トリノ特派員
    YUCA
    ピエモンテ州 アスティ在住。
    製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集