海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トリノ特派員ブログ > ピエモンテ郷土料理紀行! Vitello Tonn...

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月23日

ピエモンテ郷土料理紀行! Vitello Tonnato


ピエモンテ郷土料理紀行! Vitello Tonnato

IMG_0025.JPG

旅の醍醐味のひとつ・・・Mangiare (マンジャーレ)= 食べる!
近ごろでは " グルメ旅 "なんて言葉も珍しくない時代になりましたね。
美食の宝庫ピエモンテ州というくらいですからこちらへお越しの際には食べて頂きたい郷土料理がたくさんあります☆
まずは、州名 ピエモンテの由来を。ピエ(ふもと)モンテ(山)= "山のふもと"となります。
山の麓というだけあり放牧・農業が盛んです。言わずと知れた赤ワイン、白トリュフ、ヘーゼルナッツの名産地。パスタのイメージが強いイタリアですが、ピエモンテ州は、お米の産地でもあります。湖はあるのですが海には面していないので魚料理となると基本的には、新鮮な魚というよりは保存のきく バッカラ(干しだら)やアンチョビを使った料理になります。今でこそ何でも手に入る時代になりましたが、イタリアの20州が別々の国であった時代から食されている先人の知恵と努力が実を結び、そして生みだされたピエモンテ郷土料理の連載もしていきますね。

2017-05-28-PHOTO-00002126.jpg


まずはアンティパスト(前菜)から。
ピエモンテ州では、冷製から温製に至るまでアンティパストのバラエティーも豊かです。
その中でも先人の知恵が詰まった逸品といえば・・・


IMG_0027.JPG


Vitello Tonnato(ヴィテッロ トンナート)
簡単に言えば、仔牛肉のツナソース。当時から自慢のピエモンテ牛とその頃、貴重であったツナ・アンチョビをソースにし、肉と魚を一皿に融合させた一品です。

仔牛の Girello (ジレッロ)もしくは Rotondino(ロトンディーノ)と呼ばれる部位(尻肉)を使います。茹でて仕上げる、もしくはローストビーフのようにオーブンで焼くという2パターンがあります。ソースに関しても2タイプあり、マヨネーズを加えるタイプかそうでないタイプか。それぞれ拘りや好みにより調理されます。


IMG_0023.JPG


そんなヴィテッロトンナートをトリノで食べるなら?

Le Vitel Etonné (レ ヴィテレトンネ)
店名がピエモンテ弁でいうところの ヴィテッロ トンナート!もちろんお店の看板商品です。


IMG_0033.JPG


入ってすぐ左手にはオープンキッチン。


VT C.JPG


地下にはワインセラー兼テーブル席も。このお店の別の強みは中休みの時間がないのでランチタイムを逃した!と言う時にも非常に助かります。セットメニューもお得でアンティパスト、プリモピアット、セコンドピアット、ドルチェ、カッフェがついて35ユーロ!しかもメニューから好きなものが選べます。
トリノ王宮からも近い中心地にあるのでトリノ観光に組み込みやすいのも嬉しいですね。


【データ】

Le Vitel Etonné
Via San Francesco da Paola, 4, Torino
tel 011 8124621
http://www.leviteletonne.com/ (更新中)
火‐土 12.00-00.00
日  12.00-15.00
月 休


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2017年6月23日
« 前の記事「トリノ カフェ探訪!老舗カフェの新たな挑戦 」へ
»次の記事「ピエモンテ州 郷土料理の祭典 @ MONCALVO」 へ
おすすめ記事
    トリノ特派員 新着記事
    ピエモンテ畑生活! アンティパスト ピエモンテーゼ
    ALBA NOW ! アルバ白トリュフ祭り 開催中
    TORINO NOW ! トリノ日本文化会館40周年記念
    食の宝庫 ピエモンテ州の秋!アスティから生中継
    テッラ マードレ サローネ デル グスト 2018 閉幕
    テッラ マードレ サローネ デル グストの裏側 パーティー編
    イタリア グルメ旅! 1日でイタリア20州を食べ歩き!
    TORINO NOW ! サローネデルグスト 開催中

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/14更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トリノ特派員

      トリノ特派員
      YUCA
      ピエモンテ州 アスティ在住。
      製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集