海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トリノ特派員ブログ > トリノ カフェ探訪!1日に何度でも通いたいカフェ

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月 8日

トリノ カフェ探訪!1日に何度でも通いたいカフェ


メール プリント もっと見る

トリノ カフェ探訪!1日に何度でも通いたいカフェ

1.JPG

イタリアに住んでいるとカッフェ(エスプレッソ)とアペリティーボ(食前酒)は欠かすことのできない習慣のひとつ。そんな両方が楽しめるバール、カフェが大好きだ。イタリアで最初の首都であったトリノには、気品漂うバールが点在する。その中でも、カフェ文化が花開いたトリノで語らずにはいられないのが・・・

Caffe` Mulassano (カッフェ ムラッサーノ)


2.JPG


ムラッサーノの歴史は、1800年代に遡る。ムラッサーノとは、オーナーの名字で、もともとは、リキュールやミントシロップなどを製造販売していた。その後、月日は流れアメリカで働いていた夫婦の参入によりイタリアで初のトースト(トースターで焼いた食パン)が販売される。


IMG_1803.JPG


その後、焼かない食パンに好みの具材を挟み食べやすいサイズに整えたサンドイッチ = Tramezzino(トラメッズィーノ)が、ムラッサーノで生まれた。



3A.JPG


そんな歴史を持つ ムラッサーノ。店内のインテリアや装飾は、トリノ出身の有名建築デザイナーらに施されており華麗で重厚感あり。大理石を用途によって使い分けられた繊細さもトリネーゼ(トリノ人)ならではの発想か。


3.JPG


いつも賑わう店内で、朝は、ブリオッシュ(クロワッサン)にカプチーノ。
時間のないお昼には、トラメッズィーノと搾りたてオレンジジュース又はスプマンテを。
眠気の襲ってくる休憩時間には、コーヒー豆にもこだわったカッフェ(エスプレッソ)!


4.JPG

そして、仕事後の夕食前には、店名のついた特性の "アペリティーボ・ムラッサーノ"を!
その日によりチョイスされた軽いおつまみがセンス良く盛り付けられ、再ブーム到来のVERMOUTH(ヴェルモット)と呼ばれる白ワインをベースに香草やスパイスを加えて作られるリキュールとともにテーブルへ運ばれてくる。(写真は、よく食べる私に二皿目のサービスなのでドリンクがほぼなくなっていますが。。ご勘弁を。)



5.JPG


ムラッサーノでも先代のリキュール製造の経験があるようにオリジナルのヴェルモットを作っており、購入も可能。我が家にも欠かせない1本でもある。


6.JPG


狭い店内だが温かみのある木や銅の装飾、使い込まれているが丁寧に磨かれた銀製品。そして、働く人のプロ意識の高いサービス。まだまだ語りたりないが、ムラッサーノは、まさしく1日に何度でも通いたくなる心地の良いバールなのである。



【データ】
Caffe` Mulassano
Piazza Castello 15, Torino
http://www.caffemulassano.com/

木 - 火 7.30-00.00
水 休

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年6月 8日
« 前の記事「ヨーロッパ規模になった ジェラート祭り @ トリノ 」へ
»次の記事「トリノ カフェ探訪!老舗カフェの新たな挑戦 」 へ
おすすめ記事
    トリノ特派員 新着記事
    イタリアで風邪をひくまえに飲みたいホットカクテル?!
    ノンナ直伝 バニェット ヴェルデ レシピ
    ピエモンテ郷土料理紀行! Bollito misto
    ユネスコ世界遺産の冬。雪のワイン畑にうっとり!
    イタリアの年越し 新年は山ガール?それとも海ガール?
    イタリアのクリスマスはいつまで続く?
    年始もオープン!トリノの クリスマスマーケット情報
    イタリア料理界の父 グアルティエロ マルケージ氏 永眠

    イタリア ツアー最安値


    2018/2/20更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トリノ特派員

      トリノ特派員
      YUCA
      ピエモンテ州 アスティ在住。
      製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集