海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トリノ特派員ブログ > イタリアの朝は、Buongiorno (ブオンジョ...

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 6日

イタリアの朝は、Buongiorno (ブオンジョールノー)から始めよう!


メール プリント もっと見る

イタリアの朝は、Buongiorno (ブオンジョールノー)から始めよう!

L1.JPG


わずか156 年前までは 20州それぞれが別々の国だったイタリア。
今でもその名残は各州が持つ独自の食文化や習慣で垣間見ることができる。


そんなイタリアへの旅が決まったら、これからご紹介する基本的な決まり文句だけでもいいので、是非使っていただきたい。イタリア人の反応も北から南、都市や田舎によってもかなり違うので実際に肌で感じてみるのも楽しいだろう。


近ごろでは、便利な世の中になったので、すべて翻訳アプリでなんとかなるよー!という方もいらっしゃいましたが、旅の醍醐味は、やはりその土地の人と触れ合うところにもあるのではないかと私は思う。


L2 .JPGのサムネイル画像

イタリア語。
難しく考えるのはやめましょう!


皆さんお気づきでしたか?我々日本人には、実はアドヴァンテージがあるのです。
イタリア語は読めるのです! 聞きとれるのです!


???どういうことかと言いますと、


意味が分からなくてもローマ字読みすれば読めるのです!
何を言っているかわからなくても英語と違ってイタリア語は、書き文字通りに読むのではっきり聞こえるのです!と言っても早口だったり文法の難関度は高く、例えば英語にはない女性名詞・男性名詞が存在し、動詞の変化について語りだすと決して簡単とは言えない言語であることは確かですが。


はっきりと大きな声でローマ字読みすれば伝わるのです!!!


L3.JPG

では、頻繁に使う簡単なイタリア語をご紹介しますね。


Buongiorno !(ブオンジョールノー)おはようございます。
基本的には朝の挨拶ですが夕方近くまで使えます。


Buona sera ! (ブオナセーラ)こんばんは。


一方、

Ciao!( チャオ )やぁ!おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら、バイバイ、など万能。


イタリアを歩いているとどこからともなくチャオ!とよく耳にするのはこういうことなのです。

子供であればどこでもチャオ!で良いのですが、大人になれば初めて会う人や年配の方、そしてあまり親しくない人には チャオでは少し砕けすぎという印象を与えることがあります。

一方、ブオンジョールノー!だとよそよそしい。と思われることもあるので一概には言えませんが使い分けができればスマートです。


例えば、バールなどに入るときには ブオンジョールノー!と。そして帰るときにはチャオ!でいいと思います。


Buona giornata! (ブオナ ジョルナータ)素敵な一日を♪
この一言が付け足せれば上級です!


Grazie! (グラッツェ)ありがとう!
と笑顔がかえってくることでしょう。


L4 .JPG


一言二言でもコミュニケーションが取れると嬉しいものですよね。

ポイントは、笑顔と大きな声で!
小さな声だと相手に聞こえていないというケースも多々みかけます。


それでは、ブオナ ジョルナータ☆ (素敵な一日を♪)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2017年7月 6日
« 前の記事「ピエモンテ州 郷土料理の祭典 @ MONCALVO」へ
»次の記事「七夕の夜 ワイングラスを片手に中世のお城で星に願いを☆」 へ
おすすめ記事
    トリノ特派員 新着記事
    イタリアで風邪をひくまえに飲みたいホットカクテル?!
    ノンナ直伝 バニェット ヴェルデ レシピ
    ピエモンテ郷土料理紀行! Bollito misto
    ユネスコ世界遺産の冬。雪のワイン畑にうっとり!
    イタリアの年越し 新年は山ガール?それとも海ガール?
    イタリアのクリスマスはいつまで続く?
    年始もオープン!トリノの クリスマスマーケット情報
    イタリア料理界の父 グアルティエロ マルケージ氏 永眠

    イタリア ツアー最安値


    2018/2/18更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トリノ特派員

      トリノ特派員
      YUCA
      ピエモンテ州 アスティ在住。
      製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集