海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トリノ特派員ブログ > ピエモンテ州の郷土料理にアンチョビが多く使われる理...

イタリア/トリノ特派員ブログ YUCA

イタリア・トリノ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月13日

ピエモンテ州の郷土料理にアンチョビが多く使われる理由とは?


メール プリント もっと見る

ピエモンテ州の郷土料理にアンチョビが多く使われる理由とは?

1.JPG


Bagna cauda day(バーニャ カウダ ディ)
毎年11月になると盛大に行われるアスティ発のお祭り。

日本でもポテトチップスにバーニャカウダ味がある(あった?)と聞いた事があるくらいなのでその存在は結構知られているのかな?という認識ではありますがご存知のない方の為にそして、あまり知られていないピエモンテ州の郷土料理の裏話をご紹介します。


3 (2).JPG


Bagna cauda (バーニャカウダ) とはピエモンテ州の郷土料理のひとつ。その発祥は、ワインなどもそうですが農業が盛んな地域であるピエモンテ州は、多くの農民が存在し、厳しい冬に体が温まるだけではなくバランスよく栄養価の高いこの料理を大量に作っては連日食していたようです。今となっては、地中海式ダイエットにも認定されている逸品です。そんなバーニャカウダの主役となるのは、にんにくとアンチョビ。

海に面していないピエモンテ州。アンチョビがピエモンテ州の郷土料理に多く見られるのがなぜか?


3 (1).JPG
 (自家製アンチョビ熟成中でーす!)


昔々、イタリアの20州が別々の国だった頃、海から生まれる塩は、海に面していない国にとっては高級品でした。ピエモンテ州もその一つで、お隣のリグーリア州から塩を輸入する際、塩のみならず塩にかかる税金がとても高かったのです。そこで考案されたのが塩漬けの魚の輸入でした。塩に比べると税金の低かった魚を輸入する!という名目で生産量が多く、安いイワシに目がつけられたのです。そうして頻繁にピエモンテ州に運ばれてくるようになった塩は貴族階級の元へ。塩漬けにされたイワシは、一般庶民へ。というからくりがあったのです。といった理由からピエモンテ州の郷土料理には、塩漬けイワシ = アンチョビ料理が数多く存在するのです。

そんなアンチョビと軟らかく煮たにんにくをソースにし、そこへ野菜やパンをディップして食す。それがバーニャカウダです。


【データ】
Bagna cauda day
www.bagnacaudaday.it

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2017年11月13日
« 前の記事「ピエモンテ州に欠かせない 赤ワイン バルベーラ祭り!」へ
»次の記事「BAGNA CAUDA DAY カウントダウン始まりました!」 へ
おすすめ記事
    トリノ特派員 新着記事
    BAGNA CAUDA DAY カウントダウン始まりました!
    ピエモンテ州の郷土料理にアンチョビが多く使われる理由とは?
    ピエモンテ州に欠かせない 赤ワイン バルベーラ祭り!
    宮殿にて贅沢なワイン品評会 @アスティ
    アルバ 白トリュフ祭り 会場内
    美食の宝庫 ピエモンテ州! アルバ 白トリュフ祭り
    アスティ発!La Douja d'or って?
    アスティ村祭り 番外編 @室内メルカート

    イタリア ツアー最安値


    2017/11/24更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トリノ特派員

      トリノ特派員
      YUCA
      ピエモンテ州 アスティ在住。
      製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集