海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > トロント特派員ブログ > 見所満載!トロントの台所「セント・ローレンス・マー...

カナダ/トロント特派員ブログ H@NA

カナダ・トロント特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月26日

見所満載!トロントの台所「セント・ローレンス・マーケット」


メール プリント もっと見る

見所満載!トロントの台所「セント・ローレンス・マーケット」

こんにちは!10月ももうすぐ終わりますね。今年の秋はとても暖かいトロントですが、来週以降は最高気温が10℃前後、最低気温5℃前後と、ぐっと気温が下がりそうです。こちらは風が強いので、風が吹くと、同じ気温でもとても寒く感じます。トロント観光の際には、そこまで気温が低くなくても油断せず、暖かい服装でお出かけされることをお勧めいたします。


さて、今日はそんな寒い季節でもトロント観光を楽しめるスポットをご紹介したいと思います。そこはトロントのダウンタウン、ユニオン駅から徒歩10分ほどの所にある「セント・ローレンス・マーケット」(St. Lawrence Market)です。

01. DSC02270.JPG

セント・ローレンス・マーケットとは
セント・ローレンス・マーケットは、200年以上もの歴史があるマーケットで、赤いレンガの建物です。建物は
メインの南棟(The South Market)と、週末に朝市やアンティーク市が開かれる北棟(The North Market)の2つに分かれています。この中では120軒ほどのお店が営業しており、肉、魚、野菜、果物などの生鮮食品や、チーズやデリ等、良質の食材が売られています。まさに「トロント市民の台所」といった感じです。


今回は、観光でお越しの方にも楽しんでいただける、マーケットの南棟(The South Market)にスポットを当ててご案内いたします。


02. shops 1.png

南棟(The South Market)の見所
セント・ローレンス・マーケットで売られている魚はとても新鮮で、中には「生食可」というものもあります
(写真右下)。それらは大抵、Tuna Steak(マグロのステーキ用)として売られていることが多く、Sushi Grade(寿司で食べられる品質)と表示されています。欧米料理もいいですが、やはり日本人ですので、私は時々お刺身が恋しくなります。美味しいお刺身が食べたい時、今でこそ私は日本人経営の魚屋さんで買い物をしていますが、トロントに来たばかりの頃は右も左も分からなかったため、刺身といえばセント・ローレンス・マーケットに足を運んでいました。


03. peameal bacon on a bun.png

グルメ情報
マーケットをぶらりと散策してお腹が空いたら、地元の新鮮な食材で調理された美味しい料理に舌鼓を打つ...と
いうのはいかがでしょうか。トロントニアンにも人気なのは、カルーセル・ベーカリー (Carousel Bakery)の
ピーミール・ベーコン (Peameal Bacon)サンドイッチ(写真右下)。ピーミール・ベーコンはトロント発祥のカナダ料理で、細切りにしたポークロースを薫製し、黄色いコーンミールを巻いたもの。日本人の感覚では、ベーコンというよりも「ハム」といった方が近いかもしれません。そんなピーミール・ベーコンを何枚も挟んだサンドイッチは、ボリューム満点です!女性や小食の方なら、1つ注文して、シェアして食べても十分かと思います。


04. shops 2.png

その他、私のおすすめはBuster's Sea Cove のカラマリフライやフィッシュアンドチップス。魚のサンドイッチも美味しいです。暖かい季節には、マーケットの外にあるテーブル席での食事も良いと思います(写真右)。

また、 St. Urbain Bagel は、モントリオールスタイルのベーグルを初めてトロントに広めたお店で、本場モントリオールのモチモチっとした食感のベーグルが楽しめます(写真左)。


05. basement.png

ショッピング情報
これまでご紹介したお店は、セント・ローレンス・マーケットの南棟(The South Market)の1階にあります。そして、地下にも沢山お店があり、ギフトショップでは、カナダの定番お土産「メープルシロップ」などが売られています(写真左)。


一口にメープルシロップといってもピンからキリまであり、一番搾りのサラっとしたタイプを「ライト」と言い、その後、色や濃度が濃くなるにつれ、「ミディアム」、「アンバー」などの等級に分かれます。ライトは値段が最も高く上質とされていますが、人によっては「ミディアムの方がメープルの風味が濃くて好き」という方もいます。また、パンケーキにかけたり、料理に使ったり、コーヒーに入れたり等、用途によって複数のメープルシロップを使い分けているカナダ人もいます。


地下のお店で、私のおすすめは Crepe It Up Café というクレープ店。甘いデザート系のクレープも良いですし、野菜、卵、チーズなどを入れた甘くないクレープも美味しいです。また、同じく地下にある Everyday Gourmet のコーヒーはキメが細かく風味豊かです。ラテアートも素敵ですので、コーヒー好きの方は是非お試しください。


セント・ローレンス・マーケットは、トロントのダウンタウン/ユニオン駅(Union Station)から徒歩10分程度でアクセスも良く、屋内のマーケットですので、季節に関係なく観光やお買い物を楽しむことができます。また、朝早くから夕方頃まで営業しているため、トロント到着後や帰国前のちょっとした時間を利用して、お食事や、お土産を購入されるのにも便利です。例えばスキマ時間を利用し、帰国当日の朝、セント・ローレンス・マーケットでプチ観光と朝食を楽しみ、その足でユニオン駅からピアソン空港行きの電車(Union Pearson Express )に乗って、午後発の便で帰国ということも出来ます。


また、ユニオン駅の近くには、CNタワーリプリーズ水族館 もありますすので、マーケット散策と組み合わせ「トロント観光ルート」を計画されるのも良いかと思います。


アクセス
セント・ローレンス・マーケット(St. Lawrence Market )93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3
【営業時間】
南棟(The South Market)火曜日~木曜日 8AM - 6PM/金曜日 8AM - 7PM/土曜日 5AM - 5PM *日曜定休
北棟 ファーマーズマーケット(Farmer's Market) 土曜日 5AM - 3PM
   アンティークマーケット(Antiques Market) 日曜日 5AM - 5PM

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2017年10月26日
« 前の記事「ハイキングで自然を楽しむ秋」へ
»次の記事「もうすぐサマータイム終了!トロントのデイライト・セービング」 へ
おすすめ記事
    トロント特派員 新着記事
    美術館のクリスマスツリー展
    もうすぐサマータイム終了!トロントのデイライト・セービング
    見所満載!トロントの台所「セント・ローレンス・マーケット」
    ハイキングで自然を楽しむ秋
    ちょっと珍しい競馬「ハーネスホースレーシング」
    カナダのサンクスギビングデー(感謝祭)
    安くて美味しい!トロントの「フードトラック」
    トロントの人気5大観光スポット

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • トロント特派員

      トロント特派員
      H@NA
      マレーシア生まれカナダ育ちの夫と共に、2011年からトロントに移住。留学カウンセラーとして、カナダに留学やワーホリで来た日本人への生活アドバイスや、日本語教師としてカナダ人への日本語教育に従事した経験あり。趣味は食べ歩き。現在は、主婦ブロガーとして、レストランやカフェ巡りをしながら、のんびりカナダ生活を満喫中。詳しくはこちらDISQUS ID @disqus_Lq2OoqX9YT

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集