海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/麒麟のまちエリア特派員ブログ

日本国内/麒麟のまちエリア特派員ブログ いなばのきりぞう

日本国内・麒麟のまちエリア特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


地球の歩き方トラベルライター事務局です。
いつも地球の歩き方「特派員ブログ」をご愛読いただきありがとうございます。
 
現在、麒麟のまちエリア特派員を募集しております。
 
麒麟のまちエリア(鳥取因幡/北但西部)に在住の方で、
「我こそ!」という方、
「やってみたいが詳細を知りたい」という方、
まずは以下のトラベルライター詳細をご確認の上、応募フォームからご連絡ください。
追ってこちらからご連絡いたします。
また、ほかの都市の特派員も随時募集しております。
 
ご応募、お待ちしております!
⇒トラベルライター詳細


2020年11月11日

今年の春はあっという間に桜が終わってしまいましたが、

春祭りイベントは4月~5月にかけてあちこちで開催されます。

なかでも賀露港の周辺で行われる、「ホーエンヤまつり」、

若桜町で行われる若桜神社大祭は、いずれも今年が2年に一度の大祭に当たります。

どちらも他ではなかなか見られない面白い趣向のお祭りです。

鳥取県八頭郡若桜町/若桜神社大祭

2018年5月3日開催

37_5777_01.jpg

51_5828_01.jpg

33_5725_01.jpg

32_5716_01.jpg

獅子舞

麒麟獅子舞保存会のメンバーによる獅子舞で、祭前日から当日に各戸を廻る。

(麒麟獅子舞は因幡・但馬に伝わる独特の獅子舞)

27_5685_01.jpg

07_5581_01.jpg

奴の舞

中学生14人がぞうりを履き、両手にぞうりを持って

「ヨーヨイ、ヨーイトナ、ヨイトマカセ」と踊ります。

17_5636_01.jpg

御幟

7人が鎧に烏帽子(えぼし)、背に幟を立てて、手に竹の杖をついて、

カネと太鼓に合わせて足を揃えてふみ進みます。

04_5580_01.jpg

本面

赤い着物に笠を負い面をかぶった七人の本面が「ホホホー」とふざけ、祭の道化役として人気がある。

⇒若桜神社大祭、詳しくはこちら

鳥取市賀露町/ホーエンヤまつり

2018年4月29日(日)開催

「ホーエンヤ」とは「奉曳(ほうえい)」の意味で、今から1250年ほど前、

遣唐使として唐に渡った吉備真備公が帰国途中に遭難して賀露沖の鳥ヶ島へ漂着したのを、

賀露の住民たちが船で賀露の浜までお連れしてお助けしたという故事に由来。

20160325karo.jpg

ニワカと呼ばれる化粧を施した男衆

20160325karo4.jpg

地元の高校生による幟武者。賀露神社の祭礼は通過儀礼としての意味もあります。

20160325karo3.JPG

20160325karo2.JPG

台船の周囲を曳航する伝馬船。先頭の子どもは「ジャフリ」と呼ばれています。

20160325karo7.JPG

20160325karo6.JPG

20160325karo5.JPG

因幡の祭りには麒麟獅子舞は欠かせません。

獅子に頭を噛んでもらうと、

子どもは賢くなり、大人は1年間無病息災だと昔から言い伝えられています。

⇒ホーエンヤまつり・詳しくはこちら


2018年4月16日

いなばのきりぞうです。

お天気がいいと、陽射しがあたたかくて、少しずつ春の気配を感じる今日この頃ですね。

鳥取市用瀬町にある流しびなの館では、毎年旧暦の3月3日に当たる日に流しびな行事を行います。
流しびなは、江戸時代にさかのぼり、
男女一対の紙雛(かみびな)を桟俵(さんだわら)に乗せ、菱餅や桃の小枝を添えて、
無病息災を祈り、千代川(せんだいがわ)に流す行事です。

nagasibina1.jpg(桟俵は当日購入することもできますので、一緒に祈りを込めて千代川に流しましょう。)

IMG_5149.JPG

イベント当日は、流しびなの館内外で様々な催しがあり、

近隣でもたくさんの屋台が出て、にぎやかな一日となります。

IMG_0403.JPG

流しびなの館

また恒例の幼子のひな流しは、多くのカメラファンが押し寄せる大人気の行事です。

IMG_4091_01.JPG

町内の家庭では、雛飾りを公開して、訪れた人々の目を楽しませてくれます。

IMG_0396.JPG

IMG_5184.JPG

IMG_0357.JPG

なかには、米菓子や甘酒をふるまうご家庭もあり、昔懐かしいひな祭りの雰囲気を味わうこともできます。

IMG_4403.JPG

またこの日には、和装に身を包んだ女性が数多く訪れますが、

イベント内でも着付コーナーを設け、着物姿で町歩きできる企画もあります。(事前予約/無料)

IMG_4240.JPG

IMG_4317.JPG

今年は4月18日(水)が旧暦の3月3日にあたります。

皆様、もちがせ流しびなにどうぞいらしてください。

IMG_0356.JPG⇒チラシはこちら


2018年2月28日
2018年2月 6日
2018年1月25日
2018年1月17日
2018年1月 1日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鳥取県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 麒麟のまちエリア特派員

    麒麟のまちエリア特派員
    いなばのきりぞう
    麒麟のまちエリア≪鳥取因幡(鳥取市・岩美町・若桜町・智頭町・八頭町)/北但西部(新温泉町・香美町)≫特派員 きりぞう 2018年4月1日より、鳥取因幡~北但西部の麒麟獅子舞文化のある町を駆け巡り、自然・体験・食など、様々な観光情報をWEB、フリーペーパーなどで発信しています。
    公式ホームページはこちら DISQUS ID @disqus_2fcmjuCn86

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集