海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 麒麟のまちエリア特派員ブログ > 酒津のトンドウ(伝統行事)

日本国内/麒麟のまちエリア特派員ブログ いなばのきりぞう

日本国内・麒麟のまちエリア特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月25日

酒津のトンドウ(伝統行事)


メール プリント もっと見る

酒津のトンドウ(伝統行事)

20180113tondou.jpg

鳥取市気高町酒津に伝承されるトンドウと言われる行事は、

小正月の火祭りで、毎年1月15日に近い土・日曜日に行われます。

トンドウと呼ばれる円錐形の大きな作り物を海岸に作って火を燃やし、

正月に迎えた歳神を送るとともに無病息災や豊漁を祈願する行事です。

行事初日の土曜日は、浜辺に藁や竹などでトンドウを作り、

7歳~12歳までの男子が年齢により決められた役割に従い、

コリトリと称して海辺で身を清めてから、

海藻(あかもく)を持ってトンドウの周りを回ったり、

地区の家々を清めて回ります。

翌日曜日は深夜に子どもたちが集落を歩いて火入れの予告をし、

早朝にトンドウに火をつけて燃やします。

20180113tondou2.jpg

藁や竹で作られたトンドウ

20180113tondou18.jpg

裸足・トランクス1枚の姿でトンドウの周りを回る少年たち

20180113tondou9.jpg

伝承組織に年齢階梯的な秩序が維持されているなど、地域的特色も豊かです。

20180113tondou10.jpg

海に浸した海藻を持って、家々を清めて回ります。

20180113tondou11.jpg

20180113tondou8.jpgのサムネイル画像

かつての忌屋を表現した焼代はめずらしい方法で、国の重要無形民俗文化財とされています。

詳しくはこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2018年1月25日
« 前の記事「智頭宿雪まつり」へ
»次の記事「智頭宿雪まつり」 へ
おすすめ記事
    麒麟のまちエリア特派員 新着記事
    ゴールデンウィーク 因幡のまつり
    もちがせ流しびな
    智頭宿雪まつり
    酒津のトンドウ(伝統行事)
    智頭宿雪まつり
    冬の若桜は雪遊びのメッカ!
    今が旬、松葉がに!
    鳥取砂丘イリュージョン2017開催中

    中国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鳥取県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 麒麟のまちエリア特派員

      麒麟のまちエリア特派員
      いなばのきりぞう
      麒麟のまちエリア≪鳥取因幡(鳥取市・岩美町・若桜町・智頭町・八頭町)/北但西部(新温泉町・香美町)≫特派員 きりぞう 2018年4月1日より、鳥取因幡~北但西部の麒麟獅子舞文化のある町を駆け巡り、自然・体験・食など、様々な観光情報をWEB、フリーペーパーなどで発信しています。
      公式ホームページはこちら DISQUS ID @disqus_2fcmjuCn86

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集