海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥールーズ特派員ブログ > カタリ派の古城 ペイルペルテューズ城とケルビュス城

フランス/トゥールーズ特派員ブログ Megumi TADOKORO

フランス・トゥールーズ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月30日

カタリ派の古城 ペイルペルテューズ城とケルビュス城


カタリ派の古城 ペイルペルテューズ城とケルビュス城

フランス南部、オクシタニー地方に存在するカトリック宗教の異端といわれたカタリ派宗教のお話はかなり特殊なお話です。
日本にいるかぎりよほどのフランス歴史専門家、宗教専門家またはカトリック宗教などに携わらないと
なかなか聞きなれない"カタリ派"のお話。トゥールーズに住んでいると約8世紀まえの話でありながら
きってもきれないカタリ派歴史にかかわる歴史資材がたくさんあり、カタリ派について学ぶ機会に恵まれます。
まず、地理的にトゥールーズから近い、ピレネー山脈に点在するカタリ派の古城。
リッチで華やかなルネサンス様式のロワール城とは対照的で、古城のほとんどは、"城跡"としかよべないような
城壁のみがピレネー山脈のなにもない山の頂上に、立ちはだかる姿。約1200年ごろ、カトリック主流派に断固として
自分たちの思想を表明し、迫害されて同志たちと立てこもったこの場所。
現代でも、"自然"しかないこの場所に、当時交通手段もままらない状況下、どのような状態でこんな場所で時間を過ごしたのか。宗教の因縁の深さを考えさせられる、フランスカトリック文化の中でも曰く付きの場所です。
自然好き、歴史好き、フランス好きには是非一度足を運んでいただきたい、歴史、フランス、自然、人間、すべてを同時に考えさせてくれる偉大なカタリ派の古城。
ペイルペルテューズ城(オック語で"アナの空いた石")とケルビュス城は車で30分ほどの場所なので、ここまで来たら是非二つの古城をセットで訪問できると理想かと思います。トゥールーズ空港から車で約3時間。ペイルペルテューズ城、ケルビュス城までは色々なルートがあります。その一つは、カタリ派の里といわれる、城塞都市カルカソンヌを通って行く行程。
カルカソンヌ城以降は、高速がなく狭い国道を通って行くことになりますが、壮大に続くラングドックワイナリーの風景、オード県の渓谷などは、現代であればハイヴィジョンでどこにいても美しい画像を見ることができますが、この場所の風景は五感で感じれば、この地域の深く美しい自然と歴史に感謝の気持ちでいっぱいになる体験となります。


IMG_1279 2.jpeg

*ペイルペルテューズ城の頂上から 真っ青な空の下、周囲、ラングドック、コルビエールワーナリー風景と、遠くに見えるピレネー山脈のシルエット。全ての景色が一体感をみせます。


DSC02426.jpg

*ケルビュース城の美しい城壁、窓。この窓から外の様子を見張っていたのでしょうか。

DSC02423.jpg

*ケルビュース城からはペイルペルテューズ城を見ることができ、逆に
ペイルペルテューズ城からはケルビュース城を望むことができます。

DSC02444.jpeg

*2年前にオクシタニー地方として、ミディピレネー 地方とラングドック地方が統一されました。オード県は、カタリ派の古城が多く点在する自然豊かな場所です。フランス語ではPays Cathare カタリ派の里と呼ばれます。

日本からはまずパリ経由でトゥールーズ空港まで来ることになり、その後は車が必須の場所ですが、近い将来ユネスコに登録されるといわれるカタリ派の古城。遠くでも行く価値大のフランスの果て的場所!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年11月30日
« 前の記事「サン・セルナンバジリカ大聖堂 〜トゥールーズの世界遺産〜」へ
»次の記事「トゥールーズ 【ノエル】クリスマス イルミネーション」 へ
おすすめ記事
    トゥールーズ特派員 新着記事
    トゥールーズ 【ノエル】クリスマス イルミネーション
    カタリ派の古城 ペイルペルテューズ城とケルビュス城
    サン・セルナンバジリカ大聖堂 〜トゥールーズの世界遺産〜
    トゥールーズから"フランスの最も美しい村"サン・シルラ・ポピー へ
    トゥールーズ  ショコラティエ -クリオロ Criollo
    トゥールーズ3星フロマージュ屋Xavierグザビエ
    南フランス 世界遺産カルカソンヌ城
    トゥールーズ オーガニック&ベジタリアンレストラン

    フランス ツアー最安値


    2018/12/10更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トゥールーズ特派員

      トゥールーズ特派員
      Megumi TADOKORO
      フランス、トゥールーズToulouse市在住。ロサンゼルス3年、ロンドン6年を経て, 現在のトゥールーズ市TOULOUSEでの生活が14年目となりました。現在ヨガインストラクター兼トラベルコーディネーターとして仕事をしています。トゥールーズ市をとりまくオクシタニー( Occitanie)地方 の情報はまだまだ日本では少ないのが現状ですが、トゥールーズ市自体がヨーロッパの主要都市の中で現在最も人口が増え続けている街で、これから観光客が益々増えていく場所であろうと街の変化、発展を日々感じています。南フランスでのオリジナルな”観光ホームステイ””プライベートツアー”のご案内をしています。お気軽にお問い合わせください♬ ホームページ
      ブログ
      フェイスブック DISQUS ID @disqus_BSSjijx9MF

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集