海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月24日

No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に


No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に

 みなさん、こんにちは。No.6のコラム でも紹介しましたが、今年は第一次世界大戦勃発から100年を数えるということで、『Great War 14・18』 と題されたイベントが、フランス、イギリス、ベルギーの各地で催されています。
また、100周年記念サイト も開設され、フランスでの催し物が紹介されています。
私の住むフランス、ノールパドカレー地方も、大戦の主要な跡をめぐるメモリアルルート を提案しています。

 戦争に関する話は、遠く重い話題に感じられて、私もなんとなく敬遠しがちなところがあったのですが、ヨーロッパの歴史の中に大戦が占める位置の大きさを感じるにつれて、避けては通れないものだと思うようになりました。また、関連する施設や建造物は、いずれも一見に値するものなので、是非、皆さんも機会があれば、訪れてみてください。

また、今日紹介する手記を読み、実は、それほど遠い話でもないということを実感しました。100年前、何十万人、いや何百万人といたであろう兵卒の一人について、その記録をどうぞお読みください。

1914-2014


100年、それは、思い出の小箱を開く理由に足るであろう。


祖父ジャンは丁度百年前、1914年9月24日、ランス南東での戦いで、神に召されたのだから。


13-1.jpg
(c)Jean-Jacques ETIENNE

ジャン・エティエンヌ

(1881年11月8日 - 1914年9月24日)

ジャンは、1881年11月8日、ペリグーで生まれた。


祖父の戦死後、祖母の元に返ってきた軍隊手帖によると、ジャンは「身長1.67メートル、卵形の顔に、青い目、濃茶の眉毛、平凡な額」をしていたとある。中等教育を修了し、1902年にフェンシングを始めたが、水泳は出来なかった。


『1901年兵』に属し、1902年にペリグーで兵役につき、1902年11月15日歩兵第108連隊に編入されたのち、1904年9月18日、一旦兵役を解かれる。言い換えれば、21歳で21ヶ月の兵役に就いたことになる。その後1905年11月1日に予備兵となり、1927年には完全にその任を解かれることになっていた。

(この時期、私の父が1903年6月30日に誕生している)。



13-2.jpg
(c)Jean-Jacques ETIENNE

ジャンは、1914年8月12日ペリグーに召集された。(当時、祖父は家族でパリ東部のガニーに住んでおり、祖母はそこで教職に就いていた)。

13-3.jpg
(c)Jean-Jacques ETIENNE

歩兵第326連隊第30中隊に配属され、9月初めまで、コレーズ県のブリーヴで待機した。


その間交わされた書簡には、落ち着いた口調ながら、不安が述べられており、また、子供たち(1908年には叔父も生まれていた)へのキスを、という言葉が、繰り返し語られている。『愛しい人へ』と呼び掛け合うこの書簡は、軍隊用の通信カードに綴られたものだ。

13-4.jpg
(c)Jean-Jacques ETIENNE

おそらく9月頭にシャンパーニュ地方へ派遣されたものと思われ、その頃のカードには、日々の難しさなどが記されている。


この9月初めは、エーヌ(訳注:パリ北東)からモゼル(訳注:アルザスの西)に掛けての前線だと思われる。この前線の各基地には100万人が従軍していたと言われている。有名な『マルヌのタクシー』が活躍したのもこの頃である。


(訳注:フランス軍がパリ中のタクシーおおよそ1300台を徴用し、マルヌの戦場に3000-5000人の補強兵士を送り込んだという実話を指す)。


ドイツ軍のそれ以上の進軍は免れ、パリは侵略されずに済んだ。


祖父の消息は、そのあと、看護兵による9月21日の記録に見ることが出来る。砲撃戦によって負傷した右脚の傷が原因となり、9月24日没。


まだ三十三歳に満たなかった。


負傷した戦場ははっきりしない。ランスの南東30キロほどに位置するサンティレール・ル・グランかスイップの辺りだと思われる。



13-5.jpg
(ピンクの矢印は負傷した場所と思われる場所。緑の矢印は、埋葬された可能性のある墓地)

祖父はスイップの墓地に埋葬されたようだが、その後、共同墓地へ埋葬し直された可能性もある。歩兵第326連隊の冊子を詳細に調べれば、何か手がかりがあるかもしれないが。


祖父の名は、ガニーのフォッシュ広場にある慰霊碑、サンジェルマン教会の記念碑、更にガニー墓地の大慰霊碑に、それぞれ刻まれている。



13-6.jpg
(c)Jean-Jacques ETIENNE
(ガニー墓地の慰霊碑)

1921年6月8日付け官報によると、陸軍省の命により、国のために戦死したエティエンヌ・ジャン兵(登録番号011990)に戦功賞が付与された。


『勇敢な兵士であり、野戦の開始時より雄雄しくその任務を全うした。サンティレール・ル・グランを前にして、1914年9月21日フランスのために没す』。


ブロンズの星を伴った戦功勲章にはそう記されている。

以上は、祖母から引き継いだ書類を簡潔にまとめたものである。


1914年の大戦100周年を記念して、ガニーの町では、「マルヌのタクシー」に関する展示が行われた。マルヌのタクシーは、現在フォッシュ広場と呼ばれるガニー市庁舎前から出発したからだ。現在この広場は、地下駐車場建設のため工事中だが、同時に考古学的調査も行われている。


2014年9月6日には、1914-1918年に戦死した兵士へ敬意を表し、「マルヌのタクシー」展示の開会式を兼ねた記念慰霊祭が行われた。その日のスピーチの中で、市長は、当時数千でしかなかったガニーの人口(現在の人口は4万)を考慮すると、その犠牲者数がどれほどのものであったか、それは『殺戮』と呼べるものであったと述べている。また、ガリエニ将軍の戦略である「マルヌのタクシー」の活躍により、どれほどドイツの作戦が揺らぎ、ひいてはパリ侵略を免れることとなったのかに言及した。(パリは1870年普仏戦争および1940年の第二次世界大戦で、ドイツの侵略を受けている)。


短いまとめではあるが、100回目の命日を迎えるにあたって、祖父ジャンを偲ぶよすがにしてもらえると幸いである。


2014年9月14日、ヴァンセンヌにて
ジャン-ジャック・エティエンヌ

(c)Jean-Jacques ETIENNE


ジャン・エティエンヌは、私の義理の曽祖父にあたる。この手記を綴ったのは、義父である。
今日曽祖父の命日に、彼の短い生涯を振り返り、この拙訳を記したいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年9月24日
« 前の記事「No.12 アムステルダムで、ボートに泊まろう!」へ
»次の記事「No.14フランス人のお気に入り:ラピシーヌ工芸美術館へ行こう!」 へ
おすすめ記事
    トゥルコアン特派員 新着記事
    No.431フランス、リールの交通機関Transpoleこの夏のニュース
    No.430フランスの砂浜人気ベストテン!by TripAdvisor
    No.429フランス国鉄7月以降のストの行方+4月5月の定期券払い戻し方法(追記足しました)
    No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)
    No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!
    No.426フランス北部Asnapioで楽しむ考古学の日
    No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展
    No.424アートとTVドラマの関係を探る!リール美術館オープンミュージアム

    フランス ツアー最安値


    2018/7/19更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トゥルコアン特派員

      トゥルコアン特派員
      冠ゆき
      山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
      Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集