海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.10 ノルマンディー上陸ビーチの見どころ案内

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月13日

No.10 ノルマンディー上陸ビーチの見どころ案内


No.10 ノルマンディー上陸ビーチの見どころ案内

 第二次世界大戦中ドイツの占領を受けていたフランスの各都市が解放されるきっかけとなったのが、1944年6月6日に連合軍によって決行された「ネプチューン作戦」でした。
この作戦により、No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐 にも書いたように、ノルマンディーの海岸線に英米カナダ連合軍が上陸を果たしました。
 今日はこのノルマンディーの上陸ビーチに関する見どころをご案内しましょう。

10-1.jpg


まず、西からユタビーチ、オマハビーチ、ゴールドビーチ、ジュノビーチ、スウォードビーチと呼ばれるビーチ五箇所の近くには、それぞれノルマンディー上陸に関する博物館があります。

【ユタビーチ】
"上陸博物館"
住所:50480 Sainte Marie du Mont
開館時間:10月-5月:10:00-18:00、6月-9月:9:30-19:00、1月休館
入館料:8ユーロ(大人)/3.5ユーロ(子供)(英語のガイドツアーあり、12ユーロ)
特徴:ドイツ軍が作ったトーチカ跡に建てられている。ドキュメンタリー映画の上映や、B26の展示がある。

"取り戻した自由の記念館"
住所:18 Avenue de la Plage, 50310 Quineville
開館時間:4月,5月,9月,10/28-11/11:10 :00-13 :00/13 :30-19 :00、6月-8月:10 :00-19 :00
入場料:7ユーロ/5.5ユーロ


【オマハビーチ】
"オマハビーチ・メモリアル博物館"
住所:"Les Moulins" Avenue de la Libération, 14710 Saint-Laurent-Sur-Mer
開館時間:2/15-3/15:10 :00-12 :00/14 :30-18 :00、3/16-5/15:9 :30-18 :00、5/16-9/15:9 :30-19 :00(7-8月は9 :30-19 :30)、9/16-11/15:9 :30-18 :30、11/16-2/14休館
入館料:6.2ユーロ/3.7ユーロ

10-2.jpg


【ゴールドビーチ】
"アメリカ号・ゴールドビーチ博物館"
住所:Centre Saint-Exupéry, 2 Place Amiral Byrd, 14114 Ver-Sur-Mer
開館時間:10 :30-17 :30(7-8月は定休日なし、4-6月と9-10月は火曜定休、11月‐3月休館)
入館料:4.5ユーロ/2.5ユーロ
所要時間:35~50分

"上陸博物館"
住所:Place du 6 juin, 14117 Arromanches-les Bains
開館時間 :2月11月12月:10 :00-12 :30/13 :30-17 :00、3月と10月: 9 :30-12 :30/13 :30-17 :30、4月:9 :00-12 :30/13 :30-18 :00、5-8月:9:00-19 :00、9月: 9:00-18 :00、12/24-25と1/1休館
入館料:7.9ユーロ/5.8ユーロ

10-3.jpg

"D-day残骸博物館"
住所:Route de Bayeux, B.P.9, Commes, 14520 Port-en-Bessin
開館時間:6/1-9/30:10 :00-13 :00/14 :00-19 :00
入館料:6.5ユーロ/3.5ユーロ
特徴:引き上げられた戦車や武器の展示と、潜水ドキュメント映画52分の上映


【ジュノビーチ】
"D-day上陸ビーチ・カナダ博物館"
住所:voie des Français Libres, BP104, 14470 Courseulles-sur-Mer
開館時間:4/1-9/30:9 :30-19 :00、3月と10月:10 :00-18 :00、2月11月12月:10 :00-17 :00、1月と12/25閉館
入館料:7ユーロ(5.5ユーロ)
特徴:併設するジュノパークで、ドイツ軍のトーチカが見学できる。


【スウォードビーチ】
"ペガサス記念館"
住所:Avenue du Major Howard, 14860 Ranville
開館時間:2/1-3/31:10 : 00- 17 :00、4/1-9/30:9 :30-18 :30、10/1-12/15:10 :00-17 :00
入館料:7ユーロ/4.5ユーロ

10-4.jpg


 また、内陸部にはパラシュート隊に関する博物館もあります。
【パラシュート隊関連博物館】
"D-Dayパラシュート隊歴史センター"
住所:2, village de l'Amont, 50500 Saint-Côme-du-Mont
開館時間:毎日9 :00-18 :00、10/1-4/30の日曜休館、12/24-25と12/31-1/1休館
入館料:5.95ユーロ/4ユーロ

"サントメールエグリーズ空挺部隊博物館"
住所:14 rue Einsenhower, 50480 Sainte-Mère-Eglise
開館時間:2/1-3/31および10/1-12/30:10:00-17:00、4/1-9/30:9:00-18:45、12/24-25,31と1月休館
入館料:8ユーロ/4.5ユーロ
(サントメールエグリーズで起きた悲劇については、No.9コラム をご覧ください。)


【そのほか主だった記念館】
"カン記念館"
住所:Esplanade Général Eisenhower, CS-55026, 14050 Caen Cedex 4
開館時間:今年11/11までは9 :00-19 :00、11/12-12/31:9 :30‐18 :00(月休)、12/25,1/1-26,1/30休館、1/27-2/6 : 9 :30-18 :00(月休)、2/7-11/1 : 9 :00-19 :00
入館料:19ユーロ/16.5ユーロ
特徴:ドキュメント映画の上映あり。地下にはドイツ軍の司令部跡が見られる。
所要時間:3-4時間

"モントルメル記念館"
住所:Les hayette, 61160 Montormel
開館時間:4/1-30:10 :00-17 :00、5/1-9/30: 9 :30-18 :00、10/1-3/31:水土日10 :00-17 :00
入館料:5.5ユーロ/2.5ユーロ
特徴:「ノルマンディー最後の戦い」と言われた1944年8月21日の戦場に隣接する記念館。


 今年訪れる方は、上に挙げた以外にも70周年を記念した展覧会や記念行事を、あちらこちらで目にされることでしょう。

 肝心の行き方ですが、残念ながら、ビーチの近くに位置する博物館が多く、公共の交通機関では訪れにくい場所がほとんどです。
この中では、カン記念館は、パリのサンラザール駅からカンまでフランス国鉄で2時間。そのあと、トラムA線でサンピエール下車。そこから2番バスのラフォリ行きに乗り換えてバス停「メモリアル」で下車して行くことができます。

 車の運転に自信のある方には、是非レンタカーをお薦めします。海沿いの道を走ると、地形や位置関係が把握しやすく、当時の様子もよりよく想像できるからです。

 ですが、車の運転に自信がない方も、どうぞご安心ください!いくつかの会社がカンやバイユーなど最寄りのフランス国鉄駅から個人ツアーを請け負っています。半日あるいは一日ツアーで、主だった上陸ビーチや博物館、記念館を回ることができます。
場所にもよりますが、大人一人当たり半日で55ユーロから80ユーロ、一日で91ユーロから115ユーロで、英語のガイドがつくコースも提供されています。
こちら はカン駅送迎で行っており、こちらの会社 は、バイユー周辺ホテルまで送迎してくれます。

10-5.jpg

 ノルマンディーには、上陸ビーチ関連以外にも美しい場所や建築物がたくさんあります。初めて来られる方は、是非バイユーかカンで2,3泊されて、そのうち一日を上陸ビーチ関連の見学に充てるという時間の使い方をお薦めします。

 ご自分で運転される場合も、博物館をいくつも廻るよりは、多くても2.3か所程度に絞って、残りの時間は是非海岸沿いの散策に充て、当時の様子を偲んでいただければと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年9月13日
« 前の記事「No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐」へ
»次の記事「No.11 いよいよ今週末(9/20-21)!「ヨーロッパ遺産の日」トゥルコアン周辺ならどこへ行く?」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集