海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.12 アムステルダムで、ボートに泊まろう!

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月20日

No.12 アムステルダムで、ボートに泊まろう!


No.12 アムステルダムで、ボートに泊まろう!

 私の住むトゥルコアンは、フランスの北の端、国境にあります。なので、フランスの首都パリよりも、ベルギーの首都ブリュッセルのほうが近いのです。実は、ベルギーどころか、それを通り越したオランダでさえ、南西のゼーランド州までだと、なんとたったの80km!しかありません。

 アムステルダムは、北の方なので、いくぶん遠くなりますが、それでもうちから260kmの距離。トゥルコアンからパリまでが230kmなことを考えると、それほど遠くありません。
トゥルコアンからアムステルダムまで車で3時間強。リールから直行の特急タリスに乗ると2時間40分(50-100ユーロ)ほどで着けるため、日帰りする人も珍しくありません。

12-1.jpg

アムステルダムといえば、運河の町。ボートがあれば、どこへでも行けるのでは?というくらい、あらゆる場所が運河でつながっています。

12-2.jpg

ゴッホ美術館、レンブラント美術館、アンネフランクの家など、数えだしたらきりがないほど見どころも充実している観光都市でもあります。ホテルも数多くありますが、せっかく運河の町に行くのですから、いっそうのこと、ボートに泊まってみてはいかがでしょうか?


ボート+ホテルだから、ボーテル。アムステルボーテル は、アムステルダム駅の北側に停泊しています。
駅からは、無料の渡し船(NDSM Werf行き) が15-30分毎に運行していて、地元の通勤客が朝夕利用しています。

12-3.jpg


渡し船からは、北側の地区が見られて、ちょっぴり遊覧気分。15分くらいのミニ船旅です。

12-4.jpg

下りてすぐ左手にアムステルボーテルが見えるはずです。

12-5.jpg

 このNDSM Werf地区 は、新しいおしゃれな地域として発展しつつあるようです。たとえば、渡し船を下りてすぐにあるIJ-Kantine は、古い倉庫を改造したような洒落たつくりになっていて、ワインを飲みながらの食事にぴったりな雰囲気。

 ボーテルの周りには、Pollux などデッキがレストランという船も何艘が停泊しています。

 アムステルボーテル、一人一泊のお値段は、朝食付きで約50ユーロから。シャワー、トイレもついています。部屋はお世辞にも広いとはいえませんが、窓の外は運河で、白鳥の親子が寄ってきたりと、旅愁を感じるには最適な場所です。

12-6.jpg

 電車で旅行される方にとっては、駅から無料の船一本で移動できる場所ですので、とても便利です。車で旅行される方にとっても、環状線を通ってNDSM地区へ向かえばいいので、市内の渋滞に巻き込まれずに済むという利点があります。波止場には駐車場があり、2014年4月からは有料となりましたが、アムステルダム市内の駐車料金の高さから思うと、ずっと格安。24時間停めて12ユーロくらいです。

 アムステルダムの運河の上で眠るなんて、なかなか出来ない体験。話題づくりに、一度いかがですか?


(9月お題"最近話題のホテル")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2014年9月20日
« 前の記事「No.11 いよいよ今週末(9/20-21)!「ヨーロッパ遺産の日」トゥルコアン周辺ならどこへ行く?」へ
»次の記事「No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集