海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.6【コラム】1914-1944-2014:そ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月 5日

No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱


メール プリント もっと見る

No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱

 みなさん、こんにちは。トゥルコアン特派員の冠ゆきです。
ブログでは基本的に「情報提供」を心がけていますが、そこからもう一歩踏み込んだものを、【コラム】と名づけて不定期に掲載していこうと思います。
 第一弾は、特に今年、いたるところで耳にするこの話題から。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まずは質問。フランス語でGrande guerre(大戦争)というと、どの戦争のことを指すだろうか。

6-1.jpg

答えの前に、題名の1914-1944-2014を見てほしい。

 今年2014年はフランスにとって回顧の年である。1914年から100年、1944年から70年を数えるからだ。
 では、これらの年には何があったか。

 1914年は、第一次世界大戦が勃発した年である。日本人にとっては、遠く思えがちな第一次世界大戦だが、実は、フランスでは、いまだに大きな影を落としている。

 というのも、最終的に戦勝国となったものの、自国が戦場化したフランスの被害は甚大なものだったからだ。戦死者の数は、学説により幅があるものの、民間の戦没者も合わせると160万人を越えるとされる。
各地で繰り広げられた戦いの様子は凄惨を極めた。一例を挙げるなら、1914年8月22日。この日は、フランス史上最多の戦死者を出した日として記録されている。その数、なんと2万7千。
またこの大戦により破壊され、再建されないまま文字通り消滅してしまった村も十や二十を下らない。

 そう、今でもフランスでは、Grande guerre(大戦)というと、第一次世界大戦を指すのが普通なのだ。

6-2.jpg

 フランスを旅した方は、田舎であれ、都会であれ、記念碑や慰霊碑を一度は目にされたのではなかろうか。

6-3.jpg

フランスには自治体が36681あるが、その95%が少なくとも一つ慰霊碑を所有している。「○○(町の名前)の子供たちへ」「フランスのために亡くなった死者へ」などと書かれた慰霊碑には、戦死者の名前が一人一人刻まれているのが常である。

6-4.jpg

1920年から25年の間に建立された慰霊碑が3万を数えることからも分かるように、その多くは第一次世界大戦に関するものである。このことからも、この「大戦」がフランスに残した傷跡の深さがうかがい知れるであろう

 また、フランス語には「poilu(ポワリュ)」という単語があるが、これはもっぱら第一次世界大戦の兵士を指して用いられる。最後のフランス兵ポワリュは2008年に亡くなったが、その後もこの言葉は残り、いまだに人口に膾炙して用いられる。これもまた、フランス人にとっての「大戦」の重みを表すように思える。

6-5.jpg

そんな第一次世界大戦勃発から100年にあたる今年は、8月3日(ドイツによるフランスへの宣戦布告日)に始まり、9月5-12日(仏独合わせて50万人近くの死傷者を出したマルヌの戦い)、11月11日(休戦協定締結日)などに合わせて政府による記念式典 が予定されている。

6-6.jpg

それ以外にも、市町村単位での小さな記念行事はあちこちで行われるはずだ。もしその場に行き合わせたら、是非静かに見守り、今もフランス人の心に重くのしかかる100年前の大戦で亡くなった魂へと、思いを馳せてみて欲しい。

~~~~~~~~
続きのコラムは下からご覧になれます。

No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐
No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に
No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」
No.29 【コラム】秋の日のヴィオロンの..:もう一つの物語
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年9月 5日
« 前の記事「《注意》フランス国鉄、切符の有効期限が変わりました!」へ
»次の記事「No.7 九月第三週末「ヨーロッパ遺産の日」をお見逃しなく!」 へ
おすすめ記事
    トゥルコアン特派員 新着記事
    No.418音楽の福袋!第15回リール・ピアノ・フェスティバル
    No.417フランス国鉄スト!代替交通手段は?
    No.416ベルクの青空に世界の凧が集まる9日間
    No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」
    No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて
    No.413フランス国鉄スト初日4/3の運行状況+エールフランススト速報
    No.412仏スト続報:新たな日程+払い戻し方法
    No.411今年もあります!エマウス春の大市!

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トゥルコアン特派員

      トゥルコアン特派員
      冠ゆき
      山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
      Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集