海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.8 フランス北部で揚げ物といえば、いわずと知...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月10日

No.8 フランス北部で揚げ物といえば、いわずと知れた××!


No.8 フランス北部で揚げ物といえば、いわずと知れた××!

フランスの北の端、ノール県の文化には、ベルギーのそれと似通っている部分が多くあります。食文化にしても同じこと。
このあたりで「揚げ物」といえば、すぐに思い浮かぶのは、言わずと知れた「フライドポテト」。英語ではフレンチフライと呼ばれることも多いこの料理。フランスでは「ポムフリット(Pommes frites)」、あるいは単に「フリット」と呼ばれます。フレンチフライと呼ばれるからには発祥の国はフランス!と主張する人もいますが、私の周りでは、ベルギー発祥のものと認識しているフランス人のほうが多いようです。

8-1.jpg

フランス北部のどの町にも一軒はあるのが「フリットリー(Friterie)」と呼ばれるフライドポテト屋さん。固定された店であったり、キャラバンのような移動式の店であったりします。フリット以外にも、ローストチキンや、サンドイッチ、ハンバーガー、ホットドッグなども売っているのが常です。

8-2.jpg
8-6.jpg

中には学校が終わる時間に合わせて開ける店もあり、お昼時には子供連れの行列が見られます。ベルギーでは、ポテトフライにマヨネーズをつけて食べる人が圧倒的に多いようですが、フランスでは、マヨネーズと限らず、ケチャップやお塩だけという人もいます。

この週末リールを賑わせた蚤の市でも、フリットリーが活躍していました。

8-3.jpg

このフリットリー、ノール地方では、「フリットの家(baraque à frites)」とも呼ばれます。
空前のヒット作となった映画『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'tis)』(2008年公開)は、フランス南部から嫌々北部へ赴任して来たフランス人が、この地方とその文化を発見していく様子を、面白おかしく、人情たっぷりに描いた映画です。

8-4.jpg

この映画の中で、赴任一日目の主人公が「フリットの家(baraque à frites)」をレストラン名と勘違いする場面が出てくることからも分かるように、この呼び名はどうやらノール独特のもののようです。
ちなみに、題名にある「シュティ」というのは、フランス北部出身の人を指し、彼らが話す方言も「シュティ」もしくは「シュティミ(Ch'timi)」と呼ばれます。
もう一つ、この地方でしか見ない表現に、「フレッシュなフリット(frites fraîches)」があります。「フレッシュな」というのは、普通日本語と同じように、冷たい飲み物や、新鮮なレタスや魚などの形容に使うのですが、ここノールでは、どうやら「揚げ立ての」とか「冷凍物じゃない」という意味で「フレッシュなフリット」と呼ばれるようです。

フリットリーのフリットは、コルネと呼ばれる円錐形に巻いた紙に入れられるのが普通です。これが最後まで熱々のフリットを味わうのに一番良い形だそうです。大きさにもよりますが、1コルネ大体2-3ユーロが相場でしょうか。

8-5.jpg

さあ、お熱いうちに召し上がれ。

(9月お題 "から揚げ")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2014年9月10日
« 前の記事「No.7 九月第三週末「ヨーロッパ遺産の日」をお見逃しなく!」へ
»次の記事「No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集