海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.19 フランス北部に残るローカルな秋の行事:...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月13日

No.19 フランス北部に残るローカルな秋の行事:ともしびの祭典


No.19 フランス北部に残るローカルな秋の行事:ともしびの祭典

 今日はトゥルコアン近郊に残る古い風習をご紹介しましょう。
 前稿 にも書いたように、現在トゥルコアンでは、一日3分の勢いで日照時間が減っており、どんどん日が短くなっていくのを実感する毎日です。この時期、トゥルコアン市と隣のルーベ市、またその周辺の町でのみ、或る行事が行われます。

その名は、Fête des allumoires(アリュモワール祭)=ともしびの祭典

19-1.JPG

150年前から受け継がれてきたこの行事は、日本はもちろんのこと、フランス国内でもほとんど知られていない風習です。

 アリュモワールというのは、辞書にも載っていない言葉ですが、アリュメという動詞が「火をつける」という意味であることから推察するに、点火するもの、また点火されたものを指すようです。ここでは「ともしび」と訳してみました。


 この「ともしびの祭典」は、もともと、秋の訪れランプの光の夕べの再来を告げるものでした。伝統を守り、今でも9月最後の月曜から10月末にかけて、トゥルコアン、ルーベ両市や隣接する町で行われています。


 古くは、大々的に祝ったものらしく、この祭典のため、製作所などの仕事も、三日から一週間もお休みになったといいます。仕事を休んで皆で楽しむ祭りの中、最大の盛り上がりは、手に手に灯りを持った子供たちの行列。先頭には太鼓と笛が立ち、その後ろに子供が続きました。

19-2.JPG

手に持つ灯りは、提灯のようなもので、古くは、ビーツ(砂糖大根)やかぼちゃに穴を空けたものが使われました。中に火を灯し、お香の粉を振りかけたものを紐の先に吊るし、光と匂いを撒き散らしながら、通りを練り歩いたのです。この一種の"ぼんぼり"は、この地方で「エノンセ」または「カフォタン」という名前で呼ばれていました。

19-3.JPG

昔は、子供たちが行進する間、親たちは近所のエスタミネと呼ばれる飲み屋で、デュカスアピエロと呼ばれる太いソーセージと白いんげん豆の料理を食べながら待ったものだそうです。

 当初はオイルランプ、そしてガスランプ、現在では電気ランプに取って代わられましたが、灯りを手にした子供たちの行列風景は今も変わることがありません。トゥルコアンでも、地区ごとに週末子供連れが集まり、太鼓楽隊に続いて、にぎやかに通りを練り歩きます。

19-4.JPG
19-5.JPG
19-6.JPG

 子供たちの手にはそれぞれ、手作りや市販のぼんぼりが握られていて、暮れゆく町に灯りの行列ができ、ああ、今年も冬が来るのだなと、感慨にふけりたくなる情景が見られます。

19-7.JPG

 いくつかの地域では、まだ来週末から11月にかけて、子供たちのともしび行列 を見ることが出来ます。公共の交通機関でも行き易い場所をいくつか下に挙げておきましょう。


【10月17日金曜日】
・トゥルコアン中心:18 rue des Ursulinesを19時出発(地下鉄orトラムTourcoing centre駅下車)
・トゥルコアン:クロワルージュ地区:サンジョセフ教会を19時出発(Tourcoing centreからTourcoing risquons tout行き約10分St.Joseph下車)

【10月18日土曜日】
・トゥルコアン・ポンドゥヌーヴィル地区:avenue du Cimetièreを19時出発(地下鉄Pont de Neuville駅下車)
・ムーヴォー:サンジェルマン教会を18時半出発(トラム3 Suisses駅下車)

【10月24日金曜日】
・トゥルコアン・マルリエールとクロワルージュ地区:rue des Trois pierresマルリエールのノートルダム教会を18時出発(Tourcoing Centreから35番バスLeers行き約10分のPotente下車)

【11月8日土曜日】
・トゥルコアン中心:トゥルコアン市役所前18時

 冬が到来する前のこの時期、灯りのありがたさと美しさを再認識し、暗闇が怖いだけのものではないと子供に気付かせるのにぴったりな「ともしびの祭典」。もし、お近くに来られることがあれば、是非のぞいてみていただきたいものです。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2014年10月13日
« 前の記事「No.18 フランス北部の秋便り:身近な風景から」へ
»次の記事「No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集