海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月15日

No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」


No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」

 みなさん、こんにちは。トゥルコアン特派員の冠ゆきです。
 基本的に「情報提供」を心がけているこのブログですが、そこからもう一歩踏み込んだものを、【コラム】と名づけて不定期に掲載しています。四本目の今回は、芭蕉をもじって「夢の跡」の話。どうぞ聞いてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 フランスの田舎、特に大西洋沿いの田畑や森の中を歩いていると、その場に似つかわしくないコンクリートの塊に出くわすことがある。

20-1.JPG
20-2.jpg

いずれも寒々と味気なく、見ているだけで、重苦しさに押しつぶされるような気がする代物だ。
これらは、ブンケル(英語bunkerのフランス語読み)もしくはブロコス(ドイツ語のblockhausフランス語読み)と呼ばれており、大抵は、無用の長物然と放置されたままになっている。


 実は、これらは、第二次世界大戦の置き土産なのだ。

 1939年ドイツ軍のポーランド侵攻から始まった第二次世界大戦。翌年には、ドイツは西への侵攻を開始し、ベネルクスを制覇したのち、瞬く間にフランス・パリを占領した。

 フランスの穏健派はヴィシーに政府機能を移し、南半分の「自由地域」の統治を始めたが、これは傀儡政権でしかなかった。

20-3.JPG
南の白い部分が「自由地域」


 一方、ロンドンに亡命した抗戦派の代表が、軍人であるシャルルドゴールで、ドイツ占領の続く中、フランス国内に残るレジスタンス(対ドイツ抵抗運動)を鼓舞また支援した。

20-4.JPG
シャルルドゴールがフランス国民に向けた1940年のメッセージ。
「フランスは一つの戦いに敗れたが、戦争に敗れたわけではない」で始まる。


 そして四年後、丁度70年前の1944年6月6日、連合軍がノルマンディー上陸を決行し、それを契機として、8月末のパリ解放に至ったことについては、No.9【コラム】 にも書いたとおりである。

20-5.JPG
連合軍ノルマンディー上陸の様子


 しかし、ドイツ軍も、連合軍の上陸を、ただ手をこまねいて見ていたわけではなかった。


 彼らの政策のうち、ヒトラーが強力に推進したものに「大西洋の壁」がある。北はノルウェーから、南はフランス・スペイン国境まで、その広大な海岸線を防御するため、要所要所に要塞やトーチカ、砲台を建て、地雷を仕掛けるというのがその内容であった。


 実際、フランスの海岸線地帯を歩けば、そこここに、トーチカを目にすることが出来る。その性質上、外からは分かりづらいように建てられているものがほとんどだが、近づけば、誰しも必ず、その規模に驚くに違いない。

20-6.JPG
ノルマンディー地方カニジー山

20-7.JPG
パドカレ地方海岸沿い


 映画『史上最大の作戦』で最も印象的な場面の一つに、いつも通りに見える静かな朝、見張りのトーチカから海岸線に目を向けたドイツ兵が、水平線に迫り来る大軍を発見するシーンがある。


 この場面が撮られたトーチカは、ノルマンディーのロングシュルメールに今も残っている。

20-8.JPG
20-9.JPG
中から見た景色


 オマハビーチとゴールドビーチの間にあたる砂浜からぐっと登った場所に位置するこの見張り台の後方には、砲座のある堡塁が四基並んでいる。

20-10.JPG
20-11.JPG


 今では、周りは一面の小麦畑で、季節ともなれば、太陽に金色の穂を光らせる。そんな中に囲いもなく、巨大な堡塁が腰を据えているのは、なんともシュールレアリストな光景である。

20-12.JPG


 ノルマンディーよりずっと北のノール・パドカレー地方にも、多くのトーチカが残っている。
射程距離42キロメートル。海の向こうのドーヴァーにも余裕で届く大砲を備えていたのは、グリネ岬近くのトート砲座である。4基あった内の1基は、今は大西洋の壁博物館 として用いられている。

20-13.JPG

  • Musée du Mur de l'Atlantique Batterie Todt
  • 住所:62179 Audinghen - Cap Gris Nez
  • 開館時間:4月,5月,6月,9月,10月:10 :00-18 :00、2月,3月,11月:14 :00-17 :30、7月,8月 :10 :00-19 :00
  • 休館期間:11/12-2/21
  • 入館料:大人8.5ユーロ,子供5ユーロ


 この砲座の名前は、土木技術者であったフリッツ・トートにちなんだものだ。トートは、ナチスドイツで軍需大臣まで極めた人で、大西洋の壁の建設を手がけたのも、彼の率いるトート機関であった。


 しかし、トート自身は、この戦争には反対であったと言われる。


 戦争反対者の手による戦闘施設。それは、小麦畑のトーチカと同じくらい非現実的で、また同時に、禍々しい現実を思い起こさせるものではなかろうか。


 計画では、大西洋の壁は、1100万トンのコンクリートと100万トンの鋼鉄を材料に、45万人を動員し、建設されることになっていた。しかしながら、実際には、完成されぬままとなった。


 フランスで、思いもかけない時に思いもかけない場所で、ブロコスに遭遇する度、見てはならないものを見たような気がして、つい狼狽してしまうのだが、それは、もしかしたら、「ナチスドイツの夢」の片鱗を盗み見てしまったような、錯覚を起こしているのかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他のコラムはこちらからどうぞ。

No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱
No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐
No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に

No.29 【コラム】秋の日のヴィオロンの..:もう一つの物語
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年10月15日
« 前の記事「No.19 フランス北部に残るローカルな秋の行事:ともしびの祭典」へ
»次の記事「No.21 耳だけでなく目も喜ぶ、秋の無料オルガンコンサート:トゥルコアン」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集