海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.22 夏時間から冬時間へ(10月26日):意...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月22日

No.22 夏時間から冬時間へ(10月26日):意外なところにドイツの足跡


No.22 夏時間から冬時間へ(10月26日):意外なところにドイツの足跡

 この週末ヨーロッパで過ごされる方はご注意ください。ヨーロッパのほとんどの国で、夏時間から冬時間に変わります。切り替わるのは土曜と日曜の間の夜。日曜日、お目覚めの後に、時計の時刻を一時間遅らせる(時計が8時なら、7時に直す)と良いでしょう。「一時間多く眠れる」と覚えておくと、間違えません。

22-1.jpg

 この切り替えにより、日本とフランスの時差は夏の7時間から8時間に変わります。


 この夏時間から冬時間への交代日ですが、私がフランスで暮らし始めた頃は、9月最後の週末でした。当時はヨーロッパの国々の足並みが揃っておらず、今から思えば、何かとややこしいものでしたが、1998年からは、EUのほとんどの国で、夏時間と冬時間の切り替え日が統一されました。つまり、10月最後の日曜から3月最後の日曜までが冬時間。3月最後の日曜から10月最後の日曜までが夏時間。より正確には、グリニッジ標準時の朝1時に切り替えが行われます。

22-2.jpg

 一年のうち夏時間は7ヶ月、冬時間は5ヶ月。通常時刻とされている「冬時間」のほうが、実施期間が短いことになります。


 世界で最初に夏時間を導入したのはドイツです。次いで英国、フランスもその後導入しました。第二次世界大戦後、フランスでは一時期夏時間が廃止されましたが、オイルショックの影響を受け、節電の目的で1976年から再び夏時間への切り替えが行われるようになりました。

22-3.jpg
美しいドイツの時計台


 ところで、現在、フランスと英国の間には通常1時間の時差があります。「大陸はイギリスの東にあるのだから1時間進んでいて当然」と、思われるかもしれません。でも、ちょっと、世界地図をご覧になってみてください。フランスは必ずしも英国の東に位置するわけではないのがお分かりでしょう。ざっと目算ですが、その国土の四分の一近くは、グリニッジ子午線よりも西に位置するのです。スペインに至っては、更に、西へとぐっと突き出ています。それなのに、英国よりも1時間進んでいるのは不思議だと思われませんか?


 実は、第二次世界大戦以前のフランスは、英国と同じ時間を使っていたのです。
それが一部変えられたのは1940年。そう、ナチスドイツがフランスを占領した年です。

22-4.jpg
南部の白い部分のみが1940年時点フランス・ヴィシー政権に残された自由地域


 ドイツ軍は、占領した地域に、まっさきにドイツ時間を導入したのです。
 そのため、当時、フランスの占領地域と自由地域には一時間の時差がありました。
 不思議なことに、1944年のパリ解放後も、ドイツ時間はそのままフランスで用いられ続け、今に至っているのです。


 スペインの場合は、世界大戦二つともに中立を貫きましたが、フランコ体制時の1942年、やはりドイツと足並みをそろえるため、一時間早めたという背景があります。

22-5.jpg
早朝のスペイン・クエンカ


 時間一つとってみても、歴史と切り離しては語れないものですね。


 今週土曜日は、そういうわけで一時間長い夕べです。その一時間、みなさんはどう使われますか。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2014年10月22日
« 前の記事「No.21 耳だけでなく目も喜ぶ、秋の無料オルガンコンサート:トゥルコアン」へ
»次の記事「No.23暗闇を駆け巡る白馬(次はリヨン!):「ともしびの祭典」ふたたび」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集