海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.23暗闇を駆け巡る白馬(次はリヨン!):「と...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月24日

No.23暗闇を駆け巡る白馬(次はリヨン!):「ともしびの祭典」ふたたび


No.23暗闇を駆け巡る白馬(次はリヨン!):「ともしびの祭典」ふたたび

 No.19 でご紹介した「ともしびの祭典」。先週末、そのうちの一つに参加してまいりました。

23-1.JPG

この日は、十月半ばも過ぎたとは思えないほどの陽気で、まさしく小春日和。行列の出発点であるムーヴォー、サンジェルマン教会は、夕暮れになっても暖かく、多くの子供連れが提灯片手に集まりました。

23-2.JPG

 フランスの遊園地の多くは、固定式でなく、移動式です。つまり、サーカスのテントのようなもので、お祭りのときだけ、降って湧いたように出現するわけです。この日のムーヴォーも例外ではなく、教会前では「降って湧いた」ミニ遊園地が活躍しており、子供たちの大いに楽しむ姿が見られました。

23-3.JPG

ともしび行列に付き物の鼓笛隊の演奏も大盛況。

23-4.JPG

沈みゆく太陽に照らされて、教会が空に映えます。

23-5.JPG

 夕暮れが静かに人々の間に流れ込む頃、白い装束の大道芸人たちがパフォーマンスを始めました。静かな音楽に合わせて、たゆたうように、人々の間を縫い、踊ります。

23-6.JPG

 それを合図のように、子供も大人も、蝋燭を灯した提灯を手に、粛々と、町を歩き始めました。

23-7.JPG

 以前参加したものよりずっと人が多いものの、静かで和やかな雰囲気は同じです。ただ、伝統では太鼓の演奏がつくはずですが、ここでは、バックミュージックは録音されたもので、大道芸人はそれに合わせて踊り続けます。

23-8.JPG

 闇が濃くなる直前、白装束のパフォーマーたちは、なんと白馬へと転生を遂げました。

23-9.JPG

音楽も、馬のいななきと蹄の音が入ったものに切り替わり、馬はステップをさまざまに変えながら、最終地点へと人々を導き続けます。

23-10.JPG
23-11.JPG

 最後は野外ステージで、白馬の円舞が繰り広げられました。内からの光で浮かび上がる布の彫刻のような馬の姿は美しく、「ともしびの祭典」にふさわしい幻想的な光のパフォーマンスに、参加者は大きな拍手を送って、夜を後にしました。

23-12.JPG
23-13.JPG
23-14.JPG

 ともしびの祭典は、11月頭まで、トゥルコアン周辺で行われます。

 冬を迎える心の準備に、訪れてみませんか。

  • 【10月24日金曜日】
  • ・トゥルコアン・マルリエールとクロワルージュ地区:rue des Trois pierresマルリエールのノートルダム教会を18時出発(Tourcoing Centreから35番バスLeers行き約10分のPotente下車)
  • 【11月8日土曜日】
  • ・トゥルコアン中心:トゥルコアン市役所前18時

 また、白馬のパフォーマンスは、コンパニー・デ・キダムCompagnie des Quidams が行っています。

 コンパニー・デ・キダムは、ストリートパフォーマンスを専門に、20年前発足した集団です。白馬のパフォーマンスは、今後も、フランス内外で上演の予定 が数多くあります。


 次の公演は、今月末リヨンで行われるSalon Equita にて。
Salon Equitaは、馬(飼育、訓練、乗馬、など)をテーマにした催しで、これまた今年20年目を迎えるイベントです。10月29日から11月2日まで五日間の予定ですが、コンパニー・デ・キダムのパフォーマンスは、そのうち二日、10月31日と11月1日の夜上演されます。

  • 行き方:
  • 1) TGVリヨンla Part Dieu駅(Alpes出口)からトラムT3でVaulx-en velin La Soie下車。そこから直通シャトルバス100番でEurexpoへ。(所要時間30分)
  • 2) リヨン中心から、地下鉄D線でGrange Blanche下車。そこからトラムT5でEurexpoへ(所要時間30分)
  • 3) TGV リヨンPerrache駅から、トラムT2でGran ge Blanche下車。そこからトラムT5でEurexpoへ(所要時間40分)

 12月はフランスを縦横断しての公演予定。11月はオランダ、1月にはスペインでも観られます。やはり、光りを愛でるには、暗い季節がぴったりなのでしょうね。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒
2014年10月24日
« 前の記事「No.22 夏時間から冬時間へ(10月26日):意外なところにドイツの足跡」へ
»次の記事「No.24 東西を結ぶ遙かな味:ポーランドのピエロギ」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集