海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.43フランス最北端『シュティの地へようこそ(...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月27日

No.43フランス最北端『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'tis)』!


No.43フランス最北端『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'...

 ラテンの血を引いているせいもあるのか、フランス人は太陽が大好きです。夏のヴァカンスともなると、国民がみな南下するため、南行きの高速道路や鉄道は、毎年大混雑となります。


 そんなフランスでの北の端の存在感は、控え目に言っても、"薄目"。ノール(北)地方出身の人でさえ、老後は温暖な南で過ごしたいと計画を練る人は少なくありません。


 かと言って、評判が悪いわけではなく、ノールの人は、人情に厚いというのは、昔からの定説でした。今から20年前、当時パリ近郊にいた私のノール行きが決まった時も、「気候は今一つだろうけど、人は親切だよ」という言葉を餞にくれた人が何人もいました。


  • 「ノールに来たものは、二度泣くんだよ。
  • 一度目は、ノールに着いたとき。
  • 二度目は、ノールを離れるとき。」

43-1.JPG

 そんなことわざも、そのころ初めて耳にしたように思います。

 No.8 でも触れた『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'tis)』(2008年公開)は、そんなノールの人情の厚さを上手に描いた映画です。シュティというのは、ノール地方出身の人を指す言葉です。この映画の中でも上のことわざが引用されています。

8-4.jpg


 ローカルな風土、しかもフランスではマイナーな舞台であるにも拘わらず、この映画が全国的に大ヒットしたのも頷ける内容でした。

43-2.JPG

映画の舞台となった町ベルグ


 一年前、縁あってまたこの土地へ舞い戻ってきましたが、引越し荷物を家に運び入れてもらっていたときの驚きは忘れられません。


 まずは、通りかかった近隣の住人が、みな寄ってきて、挨拶をしてくれたこと。15年で、十箇所、住居を変わりましたが、こんな風に「ようこそ、ようこそ」と声を掛けられたのは初めてでした。


 そうして、極めつけは、公道の掃除やごみ収集をする軽トラックが通りかかった時。引越し会社のトラックの横を過ぎる際、作業員が皆一斉にこちらを向いて「シュティの土地へようこそ!Bienvenue chez les Ch'tis!」と箒を振り回しながら叫んだのです。


 あっけにとられた後、「ありがとう!Merci!」と叫び、続いて大笑いになりました。


 ああ、ここが次の我が家になるんだなぁと、改めて実感した瞬間でもあります。


 さて、いつかノールを離れるときは、ことわざ通りに泣いてしまうでしょうか。


(11月お題"あったかエピソード")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2014年11月27日
« 前の記事「No.42 最も身体を温めるポトフの正しい!? 食し方:フランス北部」へ
»次の記事「No.44考古学上の大発見:アミアンで発掘されたクロマニョン人の?!ヴィーナス」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集