海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.53リール郊外ブーヴィーヌ:色鮮やかなステン...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月 9日

No.53リール郊外ブーヴィーヌ:色鮮やかなステンドグラスで見る800年前の戦い


No.53リール郊外ブーヴィーヌ:色鮮やかなステンドグラスで見る800年前の戦い

 今年2014年が終わる前に、どうしても書きたかったことの一つが、ブーヴィーヌの戦いについてです。というのも、この1214年の戦いから数えて、丁度今年は800年となるからです。

53-1.JPG


 ブーヴィーヌ、あまり耳慣れない名前かもしれません。


 実際今も小さな町です。1214年の戦い当時は、小さな集落でしかなかったことでしょう。フランスの北で一番大きなリール市の東15キロメートル、マルク川沿いに位置しています。
当時すでに500年以上の歴史を持っていたトゥルネ(現在はベルギーの町)を中心とするピカルディ語圏と、オランダ語圏の境に近い場所でもありました。

 ここで繰り広げられた戦いは、中世では最大規模のものの一つだったといわれています。立役者は複数いて、それぞれの利害関係、血縁関係が複雑に絡まってこの戦いに至りました。敢えて、一言で言えば、フランス王軍(と、その封建諸侯率いる軍)と、連合軍(イギリス王ジョン、神聖ローマ皇帝オットー四世、フランドル伯、オランダ勢など)の戦いでした。

53-2.JPG

戦場での布陣図。青がフランス王軍。黄色が連合軍(拡大してご覧ください)


 おおよそ、フランス王軍は1万5千、連合軍は2万5千の兵であったといわれています。

 当時の戦法は、歩兵と騎馬によるもので、どのように布陣するかが勝敗を大きく左右したと考えられます。兵の合計数ではフランス王軍を凌いだ連合軍でしたが、フランス軍を追って戦場に着いた軍隊が、後続軍の到着を待たずして順に戦うという、言ってみれば、行き当たりばったりの攻撃に終始したこともあり、大敗を喫することとなりました。


 これにより、領土の奪回に失敗したイギリス王ジョンは、失地王という不名誉な呼ばれ方をするようになりました。神聖ローマ皇帝オットー四世の権威も著しく失墜しました。逆に、カペー朝フランスの力は、確固たるものとなりました。

 さて、その戦いから664年後の1878年。当時のブーヴィーヌ市長フェリックス・ドゥオーの発案により、1214年のブーヴィーヌの戦いを記念する教会が建てられることが決まりました。
11世紀のチャペルがあった丘で工事が始まったのが1880年のこと。6年の歳月を掛け建てられた聖ピエール教会は、建築家オーギュスト・ノルマンの手によるネオ・ゴシック様式のものです。

53-3.JPG


 しかし、この教会を何より特徴付けているのは、幅3メートル、高さ8メートルのステンドグラスが21枚も使われていることです。

53-4.JPG

青地にフランス王家の花の紋章の衣装を着ているのがフランス王


 このステンドグラスは、エマニュエル・シャンピヌゥールのアトリエで作られたもので、そのうち何枚かは、1889年パリの万国博覧会で展示された後、聖ピエール教会へと運ばれました。最後の一枚が完成したのは、1910年のことです。


 これらは、1214年のブーヴィーヌの戦いのエピソードを、ギヨーム・ル・ブルトンの記録を基に、時間軸に沿って描いたもので、まるで絵巻物のように、教会内を明るく照らしています。ちなみに、1981年には、歴史文化財の指定を受けました。

53-5.JPG

出陣前に祈りを捧げるフランス王フィリップ・オーギュスト

  • 《聖ピエール教会》
  • 夏季:9時-18時、冬季:10時ー17時。
  • 入場無料
  • 《行き方》
  • リールから地下鉄4 Cantons行きに乗り、4 Cantons下車。
  • 次に、バス204番に乗り、L'église de Bouvines下車。

 色鮮やかなガラスの絵は、生き生きと戦いの様子を描いており、一見の価値のあるものです。教会内には、フランス語のみですが、ステンドグラスの順序と一枚ずつの絵の説明のパンフレット が置かれています。


53-6.JPG

戦いの中、一度は落馬したフィリップ王(左図)


53-7.JPG

馬の蹄、剣の鳴る音や叫び声まで聞こえそうな躍動感のある図

53-8.JPG

捕らえられるフランドル伯の形相もすさまじい

53-9.JPG

移送される捕虜を前にした庶民のささやきまで捉えている


 また、好天の日には、ブーヴィーヌの史跡を回る散策路(約2キロメートル) も、魅力的です。


 ところで、前述のドゥオー市長は、教会完成後の1914年、迫り来る第一次世界大戦の影に憂いながらも、ブーヴィーヌの戦い700年記念の行事を開きました。


 それから100年経った今年7月には、再び800年祭が開かれました。この催しに際して、フェリックス・ドゥオーの曾孫であるブリューノ・ボンデュエル氏が言葉を寄せていたのが印象的です。二つの世界大戦では友軍であったフラマン人、ワロン人、イギリス人が、800年前には敵であったことに言及し、ドイツ人を「われらの兄弟」と呼ぶ文章の中で、2114年、一つとなったヨーロッパで、子孫たちが記念祭を催すことを願う内容です。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2014年12月 9日
« 前の記事「No.52《注意》ベルギーのゼネストとファビオラ王妃国葬のお知らせ」へ
»次の記事「No.54《続報》ベルギーのスト:12/11ベルギー国鉄検札員スト、12/15全国スト、12/16連邦警...」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集