海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.71【コラム】越えられない国境はない:フラン...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月14日

No.71【コラム】越えられない国境はない:フランス、マジノ線


No.71【コラム】越えられない国境はない:フランス、マジノ線

 四方を海に囲まれた島国と異なり、大陸の国というのは、どこから敵が侵攻してくるかわからない状態に晒されてきた。そのため、国境にしっかり線を引こうと考える者も多くいた。古くは、中国の万里の長城が良い例であろう。

71-1.JPG

万里の長城

 1918年に停戦となった第一次世界大戦。この戦いで、勝者側に立ったはずのフランス。しかし、国土が戦場となったフランスの傷は深く、甚大な被害に加え、ドイツの脅威もしっかり人々の心に根を下ろした。(第一次世界大戦については、No.6No.13No.61 、などもご参照ください)。


 自然、次の侵攻に備えて国境に線を引こうという動きが高まり、時の陸軍大臣アンドレ・マジノにより、対ドイツ要塞線の建設が提唱された。


 通称マジノ線と呼ばれるこの要塞の連なるラインは、フランスと、ベルギー東部、ルクサンブルグ、ドイツとの国境線に建設された。


38-2.JPG

地図の右方、黄色のラインがマジノ線


 しかしながら、実際には、複雑な地形のため戦車が通れないと見込んでいたベルギー・アルデンヌを越えて、ドイツはフランスに侵攻してきた。1940年5月10日のことであった。


 難攻不落であると思われていたLigne Maginot(マジノ線)は、今では「いざと言うとき役に立たない物」というニュアンスを持つ言葉となってしまった。


 あまり人の口に上ることもなくなってしまったこのマジノ線だが、わずかながら、ドイツと直接戦闘を交えた場所もある。例えば、マジノ線最西端に近いVilly La Ferté (ヴィリー・ラ・フェルテ)村の要塞である。

71-2.JPG

71-3.JPG


 1940年5月16日から19日にかけて、ドイツの侵攻を妨げようと勇敢に戦った兵士たちだったが、痛ましいことに、107人が、この要塞で窒息死による最期を迎えた。
このラ・フェルテ要塞は、ドイツ軍の手に落ちた唯一のマジノ線の砲台であった。


 今では、訪ねる人も滅多になく、のどかな田園の中に傷だらけの身体を横たえ、地平線を見下ろしている。

71-4.JPG

 マジノ線建設に関しての法律に、フランス大統領ガストン・ドゥメルグが署名したのは、今を遡ること、丁度85年前の1930年1月14日のことであった。

~~~~~~
これまでのコラムは下からご覧いただけます。
No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱
No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐
No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に
No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」
No.29 【コラム】秋の日のヴィオロンの..:もう一つの物語
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館
No.38【コラム】昨日の奸賊、今日の英雄:レジスタンス活動家
No.39【コラム】昨日のエリート、今日の戦犯:レジスタンス弾圧事件「覚えておくことの義務」
No.56【コラム】フランス地方紙La Voix du Nord(北の声):非合法新聞の躍進

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2015年1月14日
« 前の記事「No.70パリの「シャルリー・エブド」行進情報(1/11)とフランスにおける「言論の自由」について所感」へ
»次の記事「No.72ワイン好きの人は要チェック!ブルゴーニュの聖ヴァンサン祭り(1/24-25)」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集