海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.77卵がたっぷり!フランスのキッシュはロレー...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月25日

No.77卵がたっぷり!フランスのキッシュはロレーヌ生まれ


No.77卵がたっぷり!フランスのキッシュはロレーヌ生まれ

 タルトというと、日本だと普通甘いものが思い浮かぶかもしれませんが、フランスには、甘いものも塩辛いものも存在します。普通甘いタルトには、パットサブレと呼ばれる砂糖多めの生地を用い、果物やクリームなどを流し込んで焼きます。

77-1.JPG

 塩味用に使われるのは、パットブリゼという生地。これもタルト型の下に敷き詰めた上に野菜やら、肉やら、魚やらで作った「具」を流し込んでオーブンで焼きます。
塩味タルトの中で、最もポピュラーなものがquiche(キッシュ)です。


 正統派キッシュはLorraineロレーヌ地方の生まれ。ロレーヌはフランスの北東ドイツと国境を接しているあたりで、ドイツ文化の影響を色濃く受けています。「キッシュ」の語源もドイツ語のKuchenだとか。

77-2.JPG

ロレーヌ風キッシュ

 ロレーヌ風キッシュは、よく溶いた卵と生クリームに胡椒、ナツメグを加え、スモークドベーコンと合わせたものが「具」となっています。


 今ではフランス全国で愛されている料理で、伝統では、アントレ用の料理。けれども、最近では、サラダ菜とキッシュで軽い食事にしてしまうことも増えてきました。


 キッシュには、ロレーヌ風だけでなく、チーズを加えたものや、ほうれん草入りのもの、ポロねぎ入りのもの、鮭入りのものなど、レパートリーも多くあります。


77-3.JPG

鮭入りキッシュ


 ちなみに、キッシュに似た塩味タルトは、私の住むフランス北部やベルギーでは、Flamiche(フラミッシュ)と呼ばれます。キッシュよりは少し卵が少なめですが、同じように具にはいろいろなヴァリエーションがあります。


77-4.JPG

三種のフラミッシュ


 キッシュは、カフェの軽い食事メニューにありますし、一部パン屋さんで売っています。また、Traiteur(トレター)と呼ばれるお惣菜屋さんでも買えます。


 簡単に手に入る材料で作れるので、自作してもいいですね。

《作り方》(6切れ分くらい)

・パット・ブリゼは、小麦粉200グラムにバター100グラムで塩少々と少量の水で余りこねないようにしてまとめます。先に細かく切ったバターと小麦粉を馴染ませておいて、そこに水を少しずつ加えるようにするのがいいでしょう。まとまったらそのまま冷蔵庫で1時間ほど寝かせてから伸ばして深めのパイ皿に敷きましょう。

・具はもっと簡単!卵4個を良くほぐし、生クリーム300mlを加えて、好みで胡椒少々、ナツメグ少々を掛けます。スモークドベーコン250グラムは一緒に混ぜてもいいですし、生地の上に並べておいてその上に良く混ざった卵と生クリームを掛けてもいいですね。
生クリームとスモークドベーコンの量は、自分の好みで増減してOK。
あとは200度に温めたオーブンで30分焼くだけです。

77-5.jpg


いろんな具を試してみて、是非○○流キッシュを開発してください。


(1月お題"卵料理")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年1月25日
« 前の記事「No.76第11回フランス全国ブラスバンド大会は、今週末(1/24-25)リールで開かれます!」へ
»次の記事「No.78リールの魅力が詰まった年賀ヴィデオ」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集