海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.84【コラム】フランスの善意を呼び起こした人...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月 3日

No.84【コラム】フランスの善意を呼び起こした人:ピエール神父とエマウス協会


No.84【コラム】フランスの善意を呼び起こした人:ピエール神父とエマウス協会

 戦後まだ10年も経たない1954年。フランスは、年頭から非常に厳しい寒波に襲われた。気温は連日-10度を下回り、アルザスの一部では、-30度を記録。


 そんな中の2月1日、現ラジオ局RTLの前身となるラジオ・リュクサンブールで流れたのが通称ピエール神父のスピーチである。


84-1.JPG


『友よ、どうぞ助けて欲しい。ついさっき、真夜中の3時に、セバストポル通りの歩道で、一人の女性が凍え死んだ(...)』


という言葉で始まるこのスピーチは、簡潔にわかりやすい言葉で、路上生活者たちの苦境を訴え、具体的な援助を求める内容である。

 このスピーチは、驚くほどの反響を呼んだ。


 数字にすれば、5億フランスフランが集まったのだ。莫大な額である。そのうち、200万フランスフランは、俳優チャーリー・チャップリンが寄付したもので、その際に『(このお金は)与えるのではない。返すのだ。』という言葉を残している。


 また、家主が冬の間に借家人を追い出すことを禁ずる法律が、フランスに生まれたのも、このスピーチとその反響の影響によるものである。


 フランスの善意を広く深く呼び起こしたこのスピーチを行ったのは、通称ピエール神父
「通称」とつけたのは、これが彼の本名でも宗教名でもないからである。

84-2.JPG


 1912年、リヨンの裕福な中産階級に生まれた彼は、十六の時、ローマで天啓を得たという。その後、フランシスコ会を経て、1938年、二十六で神父となった。しかし、聖職者といえども、戦争からは逃れられず、1939年には下士官として召集される。


 そうして、この第二次世界大戦中、彼はレジスタンス活動を行うことになる。1943年には、ド・ゴール将軍の一番下の弟とその妻を、スイスに逃す手助けをしているし、地下組織マキ(No.38 を参照)創設にも加わり、自ら一団のリーダーともなっている。


 「ピエール神父」という仮名は、この頃使い始めたものである。


 1944年には、一旦ドイツ軍に拘束されたが、釈放後、スペインからジブラルタルを越え、アルジェリアのアルジェでド・ゴール将軍と合流。従軍司祭として海軍に務めた。


 戦後、ごくわずかな期間、議員としての活動も行った。その時手にした手当てなどの私財をことごとく投じて、1949年に始めたのがエマウス運動である。


一言で言えば、主に居住場所のないもののために、回収した不要品を用いて、共同生活の場を作るという活動であった。


 ついでながら、エマウスという名は、新約聖書ルカによる福音24-13に出てくる地名からとられたものである。


 上述の1954年2月1日のスピーチにより、エマウス運動の存在も広く知られるようになり、同年にはエマウス協会が立てられた。エマウス協会はその後も発展を続けており、その活動の場は世界に広がっている。フランスでも全地域で広く見ることができる。

84-3.JPG


 エマウスは、使用可能な不要品を広く集め、選別し、必要な場合は修理もして売っている。本や衣類、食器類はもちろんのこと、電化製品、家具なども多く置いてあり、中にはかなりの値打ち品もあるようだが、大変安価に買うことが出来るので、売り出し日には多くの人でにぎわう場所でもある。蚤の市を想像してもらえばよいのではないかと思う。

84-4.JPG

84-5.JPG


 働いているのは、ヴォランティアのメンバーと、エマウス内で共同生活を営む人々で、収益はすべて、厳しい環境に生活する人々のために充てられている。


 ピエール神父は、2007年、九十四で亡くなるまで、路上生活者のために戦い続けた。
『ずっと、早死にできますようにと神に祈ってきたんだけれどね。どうやら失敗したようだね』というユーモア溢れる言葉は晩年のものだ。


 自らの死を語るとき、それを『ヴァカンス』と呼んだピエール神父。今は、空の上で、ようやく過ごせるヴァカンスを楽しんでいるだろうか。


~~~~~~
これまでのコラムは下からご覧いただけます。
No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱
No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐
No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に
No.20【コラム】ナチスドイツが夢のあと:「大西洋の壁」
No.29 【コラム】秋の日のヴィオロンの..:もう一つの物語
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館
No.38【コラム】昨日の奸賊、今日の英雄:レジスタンス活動家
No.39【コラム】昨日のエリート、今日の戦犯:レジスタンス弾圧事件「覚えておくことの義務」
No.56【コラム】フランス地方紙La Voix du Nord(北の声):非合法新聞の躍進
No.71【コラム】越えられない国境はない:フランス、マジノ線

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2015年2月 3日
« 前の記事「No.83今日(2/2)は、聖燭祭。クレープを食べる日です!」へ
»次の記事「No.85フランスのヴァレンタインデーは二人で"何かする"日。」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集