海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.96『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』フ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月19日

No.96『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』フランス人の反応


No.96『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』フランス人の反応

 純粋な恋愛物語に過激なSM描写が絡んだ内容で話題を呼び、世界的なベストセラーとなった原作を映画化した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。

96-1.JPG

 多くの国でヴァレンタイン直前に封切られました。公開前の報道規制が厳しかったため、かえって好奇心を煽り、2015年初頭、もっとも「待たれた」映画の一つだったと言えるでしょう。

フランスの各紙は酷評


 フランスでは、2月11日に封切られましたが、映画批評が解禁となったのは、封切翌日の12日朝。


 各紙の映画批評欄を見ると、どこもかなり辛口です。


 まず第一に批判されているのは、エロティシズムの欠如


 フィガロ紙曰く「大豆のハンバーグくらいの「熱さ」しか感じられない」。
シュッド・ウェスト紙も「比較すれば、『エマニュエル夫人』や、『O嬢の物語』、『ナインハーフ』が傑作に見えてくる」と述べています。


 ニース・マタン紙のように「主人公二人の間の情熱が感じられない」と形容した欄も複数ありました。フィガロ紙は、「(主演の)Jamie Dornan(ジェイミー・ドーナン)は、バービーの飛行機に乗ったケンくらいにしか魅力がない」という評価。「見るに耐えない演技、平凡な性への幻想、程度の低い会話」と描写したのは、レクスプレス誌。リベラシオン紙に至っては、「結局のところ、2時間の責め苦を負うのは「観客」だ」との酷評。


 封切り後の、映画館レポート記事では、鑑賞した人々の感想が載っていましたが、(ヴァレンタインに)カップルで見に行くような映画じゃないという意見がほとんど。また、思ったより笑える場面が多かったという意外な感想を述べた人も何人かいました。

96-2.jpg


「緩い」年齢制限


 ところで、この映画、他の多くの国では、16歳以下の視聴が禁じられています。
 例えば、ベルギーやオランダでは16歳、米合衆国では17歳、イギリスでは18歳からでないと見られないカテゴリーの指定を受けています。


 映画を芸術品と捉えているフランスは、普段からその「制限」が緩いことで知られていますが、この『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』も、R指定は12歳。12歳になれば見てもいいことになっています。


 これに関しては、批判もあるようですが、記事をよく読むと、批判しているのはどちらかというと性的描写ではなく、暴力と苦痛を見せることについてのようで、それもまた興味深いことです。


意外な部門の売り上げアップ?


 また、もう一つ、フランスで話題をさらったのは、英国のDIYの店(Do It Yourself:日曜大工などの工具店)で出たというお達しの件について。なんでも小説がベストセラーとなったころ、英国のDIY店では、鎖や縄、ガムテープが大売れに売れたとか。映画公開にあたって、品切れにならないように、在庫を確認することと、「顧客への適切なアドヴァイス」ができるように、小説をあらかじめ読んでおくことが推奨されたというニュースもユーモアをこめて流れました。


 とはいえ、これだけ話題になると、評価が低くても見に行きたくなるのは人情。特に映画への好奇心がどこよりも強いフランス。酷評だとそれはそれで気になるようで、映画館に足を運ぶ人の数は少なくないようです。すでに、イギリス、ドイツに次いでの売り上げを記録していますが、フランスでの動員数はまだまだ増えそうな勢いです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 生活・習慣・マナー
2015年2月19日
« 前の記事「No.95フランスの国民的炭酸飲料:オランジーナ」へ
»次の記事「No.98パリで一番美味しいクロック・ムッシゥは......?!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集