海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.127やっぱり笑ってしまう、フランス各紙の恒...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月 2日

No.127やっぱり笑ってしまう、フランス各紙の恒例エイプリルフール・ジョーク


No.127やっぱり笑ってしまう、フランス各紙の恒例エイプリルフール・ジョーク

 昨日4月1日は、世にいうエイプリル・フール。フランス語では、Poisson d'avril(ポワソン・ダヴリル)=「四月の魚」と言います。


 むかーし昔はフランスの年の始まりは4月でした。その年始の挨拶に贈るプレゼントによく選ばれていたのが魚。ジョークで、魚の偽物を贈ることがあり、それが、ポワソン・ダヴリルの始まりだと言われています。


 今は、子供たちが、魚の絵や、魚の形をした紙を、こっそり友達や両親、先生の背中に貼り付ける、というのが主流。

127-1.JPG


 でも、それよりなにより特記すべきなのは、毎年新聞社が出す「偽記事」。これがまた凝っているのです。昨日も、夕方には、各紙の「今年の国内外エープリル・フール・ジョーク」特集記事が出揃いました。どれもおかしくて笑ってしまうものばかり。

 時事問題を扱うル・ポワン誌 がまとめたものの中から、ご紹介しましょう。


 まずはフィガロ紙。「映画監督ジャンリュック・ゴダールが、アメリカの女優キム・カーダシアンを使って映画『軽蔑』(1963)のリメイク版を作ると発表した」というもの。もっともらしくゴダール監督のコメントまでついています。「キム・カーダシアンという女優を見たとき、彼女の口に、あの有名なブリジット・バルドー(『軽蔑』(1963)に出演していた)の台詞「私のお尻好き?」を言わせたくなったんだ」。


 続いてラ・トリビュヌ紙。「3月30日、大統領府エリゼ宮で行われた会合により、とうとう公的に労働時間、週35時間の廃止が決まった」というもの。さすが経済新聞です。


 レウニオン島新聞がトップページに乗せたのは、「次の007ボンド映画『スペクトル』のロケで、5月に俳優ダニエル・クレイグがレウニオン島を訪れる!」というもの。有り得そうですよね。


 インターネット新聞リュ89は、動画まで準備しての報道。「煙探知機(今年3月8日から各家庭に設置が義務付けられた)に、実は、隠しマイクが取り付けられていた」というもの。


 先ごろ、パリで話題になった正体不明の無人機を使い、ニュースをでっち上げたのは、ロプス誌。「あのパリの上空を飛んでいた無人機は、実はポルノ映画会社によるものだった」。「上空から窓越しに、パリジャンたちの夜の生活を録画していた」という想像力豊かなものでした。


 他にも、ピュイ・マリー(フランスの中央部にある死火山)が新たに活動を始めたという地方ニュース。『科学と未来』誌による「南アフリカで、色素脱失によると思われるピンクの象が発見された」というニュースだとか。(フランスではピンクの象というのは、酔っぱらった時に見える幻の代表とされています。)


 普段お堅いニュースを流している新聞雑誌がこぞって、大真面目にジョークを練りだしたことを想像すると、ますますおかしいですね。


(冠ゆき)

(4月お題"エイプリルフール")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2015年4月 2日
« 前の記事「No.126 「パリで一番美味しいバゲット2015」グランプリに輝いたのは...?」へ
»次の記事「No.128復活祭に欠かせない「卵狩り」パリとリールのイベント情報」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集