海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.206フランス・ノールで、朝のコーヒーに加え...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月27日

No.206フランス・ノールで、朝のコーヒーに加えるもの2つとは?


No.206フランス・ノールで、朝のコーヒーに加えるもの2つとは?

フランス人は朝ごはんに何を食べるか?


というより、何を飲むかの方が、現実的な質問かもしれません。


というのも、統計によると、フランス人の大人5人にひとり以上は、朝ごはんを食べないのです。困ったことに、この傾向は子供にもあり、子供だと4人にひとり以上が朝ごはんを食べません。


飲むのは、大人なら圧倒的に多いのがコーヒー。次が紅茶。
子供に多いのはショコラと呼ばれるココア。
最近ではマグカップも普及しましたが、普通はボルと呼ばれる、小ぶりのどんぶり、または大きめのお茶碗のような容器に入れて飲まれます。

206-1.JPG

朝食用ボル

では、朝食を摂る人は何を食べるのでしょうか。


日本でのイメージは"クロワッサン"かもしれませんが、クロワッサンは基本的には「ハレ」の日の食事。日本人が毎日寿司を食べるのではないのと同じように、フランス人も毎日クロワッサンやブリオッシュを食べているわけではありません。


たいてい、普段の朝食べるのは、パンにバターとジャムを塗ったもの。またビスコットとかパン・グリエと呼ばれるカリカリのパンのようなものにジャムを塗って食べたりします。最近はシリアルを食べる人も増えているようです。


家庭にもよるでしょうが、クロワッサンやパン・オ・ショコラ、パン・オ・レザンのような、いわゆる「パティスリー」は、日曜や、お客様が泊まった翌朝の朝食用というイメージです。

206-2.JPG

パン・オ・レザン


フランス北部の朝食も、他と大して変わりませんが、No.189 に書いたように、地元民は、コーヒーを作るとき、シコレを混ぜて作る人が少なくありません。

189-7.jpg


シコレとコーヒーを混ぜた「インスタント・シコレコーヒー」も出ていて、こちらは、そのまま温めた牛乳に溶かしたり、お湯に溶かしたりして飲みます。

206-3.JPG

インスタント・シコレ・コーヒー


独特の香ばしさがあり、飲みやすい味です。強いて言えば、濃い麦茶のような香りと言えるかもしれません。


私は実際には目にしたことがないのですが、以前は、昔この地域でよく作られていたジュニエーヴルというアルコールをコーヒーに垂らして飲むのがよく見られたそうです。映画『シュティの地へようこそ』(No.43 参照)の中にも、その様子が描かれています。


ジュニエーヴルは、ネズの実を使った蒸留酒で、今では、ノールで製造所が残っているのは、ロース(Loos)とワンブルシー(Wambrechies)(No.169 参照)くらいです。


206-4.JPG

ワンブルシーのジェニエーヴル製造所


一度、見学したいと思いながら、強いアルコールなので、試飲の後すぐハンドルを握るわけにもいかず、なかなか時間が取れないでいます。


ほんの少しとはいえ、朝食のコーヒーにこれを垂らして飲んだりしたら、通勤に支障をきたす人もいたのでは?と思いますが、今と違って、血液中のアルコール量に比較的寛大だった時代は、問題がなかったのでしょうか。


いろいろ想像できて、面白いものです。


(冠ゆき)

(7月お題"朝食")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー
2015年7月27日
« 前の記事「No.205お土産に最適、アロマドリンクを作る凝縮シロップ」へ
»次の記事「No.207フランスに来ると目につく男性ファッションの特徴」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集