海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.217ルーマニア旅行者向け情報2:言葉、イン...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月19日

No.217ルーマニア旅行者向け情報2:言葉、インターネット、トイレ、食事、タクシー


No.217ルーマニア旅行者向け情報2:言葉、インターネット、トイレ、食事、タクシー

No.216 に続き、2015年8月現在ルーマニア旅行者向けの情報です。


【言葉】

英語は比較的良く通じます。修道士や修道女には、フランス語に堪能な人も多いようです。トランシルヴァニア地方では、ドイツ語が良く通じます。


博物館やモニュメントの説明書きですが、外国人観光客も来るようなところは、ルーマニア語と英語、ドイツ語で書かれています。メジャーな場所だとそれにフランス語が加わります。場所によっては、ルーマニア語、英語、フランス語のところも。西へ行くと、ルーマニア語、ハンガリー語、英語。トランシルヴァニアになると、ルーマニア語とドイツ語だけの場所も多くあります。


ちなみに、一番多くの言語で説明書を準備していたのは、シギショアラの山上教会。数えてもらったら、なんと23カ国語の訳がありました。もちろん日本語版もあります。

217-1.JPG

シギショアラ山上教会へはこの屋根つき階段を登って行く

【インターネット】

意外に普及しているインターネット。無料WIFIは、大抵どこのホテルでもペンシウネでも提供されています。レストランや、ガソリンスタンドでも提供されていたりします。

ただし、接続の良し悪しは、さまざま。高級ホテルのWIFIより、安い僻地のペンシウネのほうが接続が良かったりと、使ってみるまで分かりません。

ひとつ気をつけたいのが、これらの無料WIFI、パスワード不要というところがほとんどであること。安全性の問題からも、あまり大切なやりとりはしないほうが良いかもしれません。


【トイレ】

西欧と比べると、公衆トイレが多く、比較的清潔。ただ、田舎は、水洗トイレ自体がないことも多いので、清潔と感じられない場所も多いかもしれません。

修道院や城砦など、使用できるトイレがある場所もありますが、そうでないところが大半ですので、観光前に済ませられれば済ませておきましょう。

車移動の観光客にもっとも使用しやすいトイレは、ガソリンスタンドのトイレ。大抵トイレが併設されており、快く使わせてくれます。


217-2.JPG

ガソリンスタンドは、ミニマーケットやカフェ併設の場所も多い


ルーマニアは、アジアの多くの国と同様、トイレットペーパーを流すとトイレが詰まってしまいます。不用意に紙を流して、迷惑をかけないように気をつけましょう。


【食事】

ルーマニア料理は、味のメリハリがしっかりしています。もともと私は薄味派なので、濃い味好きな方は少し差し引いて聞いていただいたほうがいいと思いますが、塩辛いものはかなり塩辛く(特に、チーズや加工豚肉)、甘いものはとことん甘いというのが印象です。
味付け自体は悪くありません。


217-3.JPG

加工されている豚肉はかなり塩気が多め


また、分量も、日本人にとっては多いものです。アントレ+メイン+デザートの三皿は、フランス人でもとても食べきれない量。ともすると、メイン+デザートも難しく、辛うじて、相当の空腹時にアントレ+デザートがなんとか入るというくらい。

217-4.JPG

軽めのはずの鶏肉も、かなりな分量


嬉しいことに、フランスと異なり、お皿の数を揃える必要もないし(フランスは基本的にアントレ+メインとか、アントレ+メイン+デザートといった具合に1テーブルのメンバー全員が同じお皿の数になるように調整するのがマナーです)、ひとつのプレートをテーブルで分けるということも可能なので、いくつか違うものを頼んで、皆で分けて食べるのもいいですね。


意外にもルーマニア全国で見つけられるのがピッツェリア。それもなかなか本格的なイタリアピッツァが食べられます。


【タクシー】

どこの町にも、信頼できるタクシー会社があるようで、宿の人に問い合わせれば、教えてもらえます。安価に移動できる手段の一つですが、乗り心地が良いとはいえない車が多いのも事実。経費節約のためか、それとも車にその機能がないのか、冷房がついているタクシーに乗合わすことがありませんでした。短距離移動にはいいでしょうが、長距離移動に使うならば、できれば、車を見てから決めることをお薦めします。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空
2015年8月19日
« 前の記事「No.216ルーマニア旅行者向け情報1:治安・物価・レストラン・宿」へ
»次の記事「No.218ルーマニア:今しか見られない姿」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.4 フランドル地方のビールと料理の関係
No.3 フランス人の味覚によるビールの選び方:どんな料理にどんなビール?
No.2 フランスの北の果てはビール天国?
No.1 ご挨拶/フランスの北の端"トゥルコアン"

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集