海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.222フランスのアペリティフのお伴は...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月29日

No.222フランスのアペリティフのお伴は...


No.222フランスのアペリティフのお伴は...

日本でよく使われる台詞「飲みに行こう」という誘いの言葉は、フランスではあまり聞きません。それに相当する表現がないわけではありませんが、日本のようにポピュラーな使われ方はしていないように思います。


おそらく、フランス文化では、「アルコールを飲むこと」「食事をすること」が強く結びついているからではないかと、考えたりしています。


実際、フランスでは、「コーヒー飲もう」と同じくらい頻繁に、「今度一緒に食事をしよう」という台詞を耳にします。
"一緒に食事をしたことがあるかないか"で、親密度がぐんと変化するのもフランスならではかもしれません。


食事中に飲むアルコール、基本は言わずと知れたワイン


では、それ以外のアルコールはいつ飲むの? と思われた方。


そのために(?)あるのが、アペリティフ(食前酒)です。


アペリティフというのは、着席して食事をする前に、歓談しながら嗜むアルコールのことで、人数の多いパーティなら立ったままですし、小規模なディナーでも、食堂とは異なる場所にセッティングするのが普通です。

222-1.jpg

自宅での夕食会なら、食堂ではなく、サロンに準備したり、同じ部屋でも、食事をするテーブルではなく、ソファーテーブルに準備します。
互いの面識がない人たちを招いた場合は、このアペリティフの時、ホストがお互いを紹介しあい、皆で共有できる話題を持ち出したりと、イントロダクションのような役割を持つ時間帯でもあります。


このアペリティフ。種類も豊富です。ビールやシードル、シャンパーニュを飲むのも結構。ポルトやポモー、マルティニのような甘いアルコールもあり。ウィスキーやコニャックもOK。キールやカクテルなどアルコールを混ぜたもの。または、甘味の強いワイン(ソーテルヌ)やアニス味のパスティスなども選択肢としてあり得ます。


ただし、たくさん飲むものではなく、普通は、多くても2杯まででしょうか。


未成年や妊婦さんなど、アルコールが駄目な人はどうすればいいの?


ご安心ください。その場合はフルーツジュースや、トマトジュースなどが飲めます。
ただし、お茶やコーヒーのようなホットドリンクは、基本的にNGです。


222-2.JPG

招待客によっては、ジュースがメインになることも


さて、このアペリティフの時間に食べるのがおつまみ。
こちらも、いろんな種類がありますが、手のかからないものから並べてみると、次の9種でしょうか。

1) ポテトチップスやクラッカーなど、塩味スナック系。(最近では、日本のおかきも、アペリティフ用に売られています)


2) いわゆるナッツ系(フランス人に人気なのは、ピスタチオナッツ)。


3) 生ハム、ソーシソン(日本でいうサラミに似ている)などの加工豚肉系


4) クラッカーやトーストにパテやクリーム、海老や野菜などを載せたカナペ


5) プティトマト、ラディッシュ、フィンガー野菜などの生野菜


6) アペリティフ用に小さく加工されたチーズ類


222-3.jpg

アペリティフ用チーズたち

222-4.jpg


7) オリーブとベーコン入りとか、蟹とチーズ味など、塩味のケーキ類(フランス語でもCakeケクと呼ぶ)。


222-5.jpg

スーパーでも売られているcake


8) グージェール(チーズ味の小さいシュー)や、ミニパイなど塩味ミニケーキ


9) ヴェリーヌと呼ばれる小さな透明容器に彩りよくムースや野菜を入れたもの。(これは少し大きければ、食事のアントレとして供されることもあります)


222-6.JPG

お惣菜屋さんのヴェリーヌ


読んでお分かりのように、甘いものはありません。アペリティフのアルコールには、糖度が高いものが多いので、おつまみは自然と塩味になったのでしょうね。


もう一つの特徴は、最後のヴェリーヌ以外は、すべて手でつまむか、ピックで刺すかして食べられるものだということ。


日本の細巻き寿司なども、最近ではアペリティフのおつまみとして人気のようです。


上のリスト、何も全部準備しないといけないわけではありません。普通のディナーなら、その日の料理に合わせて、(魚料理なら、アペリティフに生ハムを出すというように)重ならないものを準備したり、季節や、招待客の好みに合わせて、2,3種類準備すれば十分です。スーパーやお惣菜にも、たいていのものは揃っています。


222-7.jpg

スーパーで売られているおつまみの例


アペリティフの間に、客をリラックスさせるのもホストの役目。話好きな一人がその場を独占しないよう、まんべんなく話題を振って、雰囲気の演出をするわけです。アルコールとおつまみは、いうなればその補助ともいえるかもしれません。


そうそう、時には、アペリティフだけの招待ということもあります。日本でいう「お茶会」のような感覚ながら、時間帯がもっと遅く、飲むものがアルコールというのがその違いです。


なかなか奥の深いアペリティフの時間。まだまだアペリティフに関する話は山ほどありますが、とりあえず今日のところは、「おつまみ」についてということで、この辺で...


(8月お題"おつまみ")

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー
2015年8月29日
« 前の記事「No.221今週末はフランス北部アラスでアンドゥイエット・フリット!(8/29-30)」へ
»次の記事「No.223リール旧市街リュイトリエールを巡る2つの話題」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.4 フランドル地方のビールと料理の関係
No.3 フランス人の味覚によるビールの選び方:どんな料理にどんなビール?
No.2 フランスの北の果てはビール天国?
No.1 ご挨拶/フランスの北の端"トゥルコアン"

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集