海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.269パリ同時多発テロ事件より1週間のフラン...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月20日

No.269パリ同時多発テロ事件より1週間のフランス:状況まとめ


No.269パリ同時多発テロ事件より1週間のフランス:状況まとめ

先週金曜夜フランス・パリを襲ったテロ事件。即日非常事態宣言が出され、自爆したテロ犯の仲間や首謀者の捜索が行われています。


今日まで5晩の成果は、
793件の捜索、90人勾留、174の武器押収、64の麻薬押収、25万ユーロ押収、164件の居住指定となっています。


同時に、新たなテロを防ぐための策も編まれ、毎日どころか毎時のように事態に新しい展開が見られるフランスです。


フランスのみでなく、ベルギーブリュッセルでも逮捕者が複数出たりと、周りの国とも関連して捜索は進んでいるようです。

31-0.jpg

こういう状況だと、みんな息を殺してひそやかに暮らしているのでは、、、、と思われるようですが、そういうわけでもありません。もちろん、18日(水)朝のサン・ドニのように、テロリストの潜伏場所と思われる場所を襲撃するような状況では、地区の人は、家に閉じこもって、安全を図る必要がありますが......


私の住むフランス北部では、市民の日常は、意外に普段通りです。


重苦しい空気を感じないわけではありませんが、テロのあった先週末も、この地方では、博物館・美術館とも閉館したところは、私の知る限り、ありませんでしたし、喪中にあっても、コンサートなどは普通に開かれました。


かといって、テロ事件のことを忘れているわけではなく、美術館のセキュリティチェックでは、みなおとなしく並び、いつもより進んでセキュリティに鞄を開いて見やすいように協力しているように思えましたし、コンサートの始まりには、黙祷を捧げ、マルセイエーズを歌う場面もありました。


この一週間で、私も美術館へもコンサートへも行きましたが、美術館の空気や、音楽の場が、こんなにも心の癒しになるとは、今まで気が付きませんでした。


セキュリティ体制が間に合わなくて、パリでは先週末閉館した美術館が多くありましたし、爆弾脅迫を受けて、エッフェル塔が開業したと思ったらまた閉鎖されたりと、混乱もありましたが、一様に「条件さえ整えば開館」という姿勢であるのは、やはりフランスだな、と思います。


269-1.jpg

市警察

269-2.JPG

国家警察


それ以外目に見える変化は、やはり警官、軍人が町中に目立つこと。フランスには、市警察と国家警察、それに加えて憲兵がいます。市警察官は、普通武器を持っていないのですが、昨日19日木曜からは、希望地域の市警察官(また一定の条件を満たす者)は、武装できることになりました。


パリの地下鉄で1995年にテロがあった時、私はパリにいたのですが、その時も同じように武装警官が町や駅を巡回するのをよく目にし、安心感を得たものです。


「非常事態」は12日しか効力をもたず、延長には、上院下院の投票による可決が必要です。昨日下院では大多数の支持を得て可決されました。上院の投票がまだ終わっていませんが、おそらく可決され、3か月に延びると考えられています。


非常事態においての対応は、県知事の決定できるものが多くなるので、県によって大きく変わりますが、基本的に、いくつかの自由が制限されることになります。たとえば、危険があると見なされた場所が閉鎖されたり、通行禁止となったりしますし、公道を用いた集会が禁止されたりします。


リヨンでは、毎年光の祭典を開催しており、2-3百万人の観客を集めています。今年の開催予定日は12/5~8日だったのですが、昨日、開催中止の発表がありました。その代わり、12月8日一日だけ、テロ事件被害者を追悼する集会を開くことにしています。


毎年多くの観客を呼ぶストラスブールのマルシェ・ド・ノエルも、開催が危ぶまれて、ここ数日、憶測が二転三転しましたが、今日になって、市長が開催を発表しました。11月27日からの予定です。つつがなく開催されると良いなぁ、と思っています。


リールでは、既に11/18からマルシェ・ド・ノエルが開かれています。いろんなニュースに埋もれて、紹介する機会もありませんでしたが、例年通りリウール広場に丸太小屋が80以上立ち、人々の気持ちを盛り立てているようです。


1月のシャルリー・エブド襲撃事件と比べて、今回はマスコミの画像や情報の取り扱いは、慎重で、そのせいか、批判もあまり聞きません。


相変わらず、誰が流すのか、偽情報がSNSに流れることもあるようですが、早いうちに偽情報をつかまないようにという警告記事が各新聞社から出されていました。


また、こちらは1月のシャルリー・エブド襲撃事件の時と同じですが、警官への感謝の気持ちを言葉や態度に表す人も増えているようです。実際、RAID(特殊部隊)をはじめとして、軍隊はもちろんですが、警察官の仕事ぶりは素晴らしく、敬意に値するものという認識が広くいきわたっているようです。


269-3.jpg

写真は市警


人々の連帯意識もあちこちに芽生えが見られます。
いろいろありますが、例えば、今晩(11/20)21:20には、どこにいようと、隣の人と手を取り合おうという呼びかけ#maindanslamain #neoresistanceがなされています。


その一方で、今この稿を書いている現在、マリのバマコのラディソンホテルで、テロリストと思われる犯人による銃撃と宿泊客を人質に取った立てこもり事件が起こっています。これ以上、テロの犠牲者が増えないことを祈るばかりです。


フランスの様子について続報はtwitter で流していますので、続報はそちらでご確認ください。


(冠ゆき)

外務省 海外安全ホームページ
▼フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再更新)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2015年11月20日
« 前の記事「No.268危険情報:今朝未明よりフランス・サンドニで強制捜索中」へ
»次の記事「No.270ブリュッセルのテロ警戒レベル最大に;11/21現在メトロ閉鎖中」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.46ノエルの仕度期間、待降節に入りました
No.45コンサートのお誘いin Paris (11/30):金管楽器とソプラノの融合
No.44考古学上の大発見:アミアンで発掘されたクロマニョン人の?!ヴィーナス
No.43フランス最北端『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'tis)』!
No.42 最も身体を温めるポトフの正しい!? 食し方:フランス北部
No.41リールの大観覧車とマルシェ・ド・ノエル:三日の組み立て作業を三分の動画で!
No.40フランス北部、季節のお便り:燃えるような黄色
No.39【コラム】昨日のエリート、今日の戦犯:レジスタンス弾圧事件「覚えておくことの義務」
No.38【コラム】昨日の奸賊、今日の英雄:レジスタンス活動家
No.37冬の切実な問題:リールのトイレ案内、必携版!
No.36 男子テニス、デビスカップ決勝戦!11/21からフランス・リール郊外のスタジアムで!
No.35リールのマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)は11月19日からです!
No.34音楽の守護聖人、聖セシルを祝うコンサート:パリやグルノーブルでも!
No.33カミーユ・クローデル生誕150年記念展:ルーベ・ラピシーヌ工芸美術館
No.32ローヌ川を見下ろす葡萄畑の町:タン(フランス)
No.31 フランスとベルギーの11月11日休戦記念式典
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館
No.29【コラム】秋の日のヴィオロンの...もう一つの物語
No.28 リール・フランドル駅工事の影響:本日11月4日より約一年間
No.27 秋色満開!コート・デュ・ローヌ(フランス)
No.26 基本の基本!フランス旅行で最初にチェックすべきこと

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集