海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.274ノールで本屋と言えばFNACじゃなく....

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月30日

No.274ノールで本屋と言えばFNACじゃなく......?


No.274ノールで本屋と言えばFNACじゃなく......?

フランスで本屋と言えば、誰でも最初に挙げるのがFNAC(フナック)でしょう。本だけでなく、CDやDVD、電化製品、コンサートや劇のチケットなども扱っていて、フランス全国に展開しています。


ところがしかし、ここ北のノールでは、本を探すとき一番あてになるのは、FNACではなく、Furet du Nord(フュレ・デュ・ノール)なのです。


274-furet.jpg

赤い旗の出ている店がFuret du Nord

フュレ・デュ・ノールは、「北のフェレット」という意味。1936年書店を開く時、毛皮屋のあった場所に、その店の名前をそのまま使って開店したのが名前の由来だそうです。


最初の書店員となったPaul Callens(ポール・カランス)は、トゥルコアンの肉屋の息子でしたが、書籍へ並々ならぬ熱情を持っていて、とうとう1950年に友人の協力を得て、この書店を買い取ります。


FNACの誕生より数年早い時代の話です。


カランス氏は、1959年には、競争率の高かったリールのグラン・プラスの敷地を手に入れ、そこに200平方メートルの店を開きました。フランスにできた自由に本を選ぶことのできる本屋第一号だったといわれています。
この200平方メートルで始まったグラン・プラスのフュレ・デュ・ノールは、その後ぐんぐんと成長し、今では、8000平方メートルの規模、一日の来店数は1万人以上を数えます。


リールのグラン・プラスのすぐ近くにはFNACもあるので、本を探すときは両方見て回ることもよくありますが、やはり本の選択や品ぞろえは、フュレ・デュ・ノールに軍配が上がるというのが私の印象です。


フュレは、ノール・パドカレー地方に十数店の支店を出していますが、リールのグラン・プラス店がなんといっても一番です。本の他、ディスクや、文房具なども良く揃っています。


リールにいらしたら、ぜひ一度はフュレ・デュ・ノールののれん(?)をくぐってみてください。


(冠ゆき)

(11月お題"図書館・本屋")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産
2015年11月30日
« 前の記事「No.273COP21開催に伴うパリの交通注意情報(11/29-30)」へ
»次の記事「No.275今週末(12/5-6)開館3周年を祝うルーヴル・ランス美術館のお得情報」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.46ノエルの仕度期間、待降節に入りました
No.45コンサートのお誘いin Paris (11/30):金管楽器とソプラノの融合
No.44考古学上の大発見:アミアンで発掘されたクロマニョン人の?!ヴィーナス
No.43フランス最北端『シュティの地へようこそ(Bienvenue chez les Ch'tis)』!
No.42 最も身体を温めるポトフの正しい!? 食し方:フランス北部
No.41リールの大観覧車とマルシェ・ド・ノエル:三日の組み立て作業を三分の動画で!
No.40フランス北部、季節のお便り:燃えるような黄色
No.39【コラム】昨日のエリート、今日の戦犯:レジスタンス弾圧事件「覚えておくことの義務」
No.38【コラム】昨日の奸賊、今日の英雄:レジスタンス活動家
No.37冬の切実な問題:リールのトイレ案内、必携版!
No.36 男子テニス、デビスカップ決勝戦!11/21からフランス・リール郊外のスタジアムで!
No.35リールのマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)は11月19日からです!
No.34音楽の守護聖人、聖セシルを祝うコンサート:パリやグルノーブルでも!
No.33カミーユ・クローデル生誕150年記念展:ルーベ・ラピシーヌ工芸美術館
No.32ローヌ川を見下ろす葡萄畑の町:タン(フランス)
No.31 フランスとベルギーの11月11日休戦記念式典
No.30【コラム】トゥルコアンがドイツだったころを体現する博物館
No.29【コラム】秋の日のヴィオロンの...もう一つの物語
No.28 リール・フランドル駅工事の影響:本日11月4日より約一年間
No.27 秋色満開!コート・デュ・ローヌ(フランス)
No.26 基本の基本!フランス旅行で最初にチェックすべきこと

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集