海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.275今週末(12/5-6)開館3周年を祝う...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月 2日

No.275今週末(12/5-6)開館3周年を祝うルーヴル・ランス美術館のお得情報


No.275今週末(12/5-6)開館3周年を祝うルーヴル・ランス美術館のお得情報

>No.102 や、>No.203 で紹介したルーヴル美術館の別館ともいえるフランス北部のルーヴル・ランス美術館。


275-1.JPG


今週末12/5-6には、その開館3周年を祝います。


まず、12/5(土)は、夜中の0時まで開館!夜の美術館を堪能したい方、チャンスです。
翌日12/6(日)は、入場、アトリエともにすべて無料

土曜夜には、ドゥエ・オーケストラの演奏(モーツァルト、ラヴェルなど)コンサート(無料ですが要予約)、日曜朝は、美術館と同じ3歳の子供たちを招待しての「朝ごはん」が振る舞われます。


この日12/6は、サン・ニコラの日。フランス北部では、子供たちにお菓子をプレゼントする日でもあります。したがって、当然、パンデピスやボンボン、風船なども、10時半ごろから子供たちに配られます。
11時には、シェフ、マルク・ムーラン氏の料理デモンストレーションも予定されています。


12/5(土)は10時~夜中の0時まで。
12/6(日)は、10時~18時まで。


また、何度か書きましたが、ルーヴル・ランス美術館の常設展は、>『時のギャラリー』 と呼ばれ、一見の価値があるものです。

275-2.JPG

仕切りのない3000平方メートルの広々とした空間に、紀元前3500年から19世紀産業革命までの、それぞれの時代・地域の様々な種類の美術品が、時間軸に沿って並べられています。


こちらも、2015年年末までは入場無料と決まっていましたが、このほど、2016年年末までそれが延長されました。


毎年30前後の作品が入れ替えられるのですが、丁度、新しく34作品が入れ替わり、今日12/2(水)10時から新バージョンがお目見えしています。


行ったことがある方も、ない方も、ぜひ新しい『時のギャラリー』を探索してみてください。


通常時のデータ
  • 住所:99, rue Paul Bert 62300 Lens
  • 行き方:フランス国鉄Lens駅より無料バス運行。徒歩だと約20分。
  •      Lens駅までは、Parisから直通TGVが一日7本運行。
  •      Lille(リール)やArras(アラス)からはTERが多く出ています。
  • 開館時間:10時ー18時(火曜定休日)、7-8月以外の毎月第一金曜は夜10時まで開館。
  • 展覧会入場料:9ユーロ

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2015年12月 2日
« 前の記事「No.274ノールで本屋と言えばFNACじゃなく......?」へ
»次の記事「No.276テロにもめげず、マルシェ・ド・ノエル」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.64《注意》EasyJetストのお知らせ12/31-1/1
No.63公現祭(1月6日)のお菓子galette des rois(ガレット・デ・ロワ)
No.62 氷の町ハルビンに溢れかえる光(中国)
No.61フランス北部とベルギー100年前のクリスマスの停戦
No.60《注意》パリーリールTGV路線の大規模な工事が始まります!
No.59フランスの領土改革:合併で地方数が22から13に!
No.58モン・サン・ミッシェルへの道が橋だけになりました
No.57フランスのノエルは、ビュッシュ(薪)がなくては始まらない
No.56【コラム】フランス地方紙La Voix du Nord(北の声):非合法新聞の躍進
No.55ファビオラ王妃国葬詳細とそれに伴うブリュッセルの交通規制(12/12)について《続報》
No.54《続報》ベルギーのスト:12/11ベルギー国鉄検札員スト、12/15全国スト、12/16連邦警察スト
No.53リール郊外ブーヴィーヌ:色鮮やかなステンドグラスで見る800年前の戦い
No.52《注意》ベルギーのゼネストとファビオラ王妃国葬のお知らせ
No.51ミス・フランス2015はミス・ノールパドカレーに決定!
No.50フランス北部、小さく温かくローカルなマルシェ・ド・ノエル
No.49《注意》フランス国鉄ストのお知らせ:12/5-6
No.48 聖ニコラの日(12/6)の伝統
No.47世界中のクレッシュを集めた展覧会:リール郊外シュテンヴェルク

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集