海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.321【EURO2016】準々決勝、リールで...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月 1日

No.321【EURO2016】準々決勝、リールでの注意事項


No.321【EURO2016】準々決勝、リールでの注意事項

UEFAのEuro2016も準々決勝が始まり、たけなわとなってきました。


今日7月1日は、Villeneuve d'Ascq(ヴィルヌーヴダスク)でウェールズVSベルギー戦が予定されています。ヴィルヌーヴダスクはリール郊外にあるので、大抵のメディアは「リールで試合」と書いてあると思います。このスタジアムでのEuro2016の試合はこれが最後になります。


36-1.jpg

ベルギーまですぐそこという土地柄ですから、多くのベルギー人が応援に駆け付けることでしょう。先週26日にベルギーがハンガリーを破ってからこの方、ベルギーのメディアでLille(リール)の名前を読まない日がなかったくらいです。
チケットの転売値段もかなり上がっているようですし、試合後の宿が見つけられないという問題に対処するために、#AdopteUnBelge のハッシュタグを利用して、リール近辺在住者の家でベルギー人を泊めても良いと思う人を募る運動などが話題になっていました。


Le Soir紙の記事のひとつ は、サッカー以外のリールの面白どころ、レストランやバーの場所、ファンゾーンのビールの銘柄や値段、ビールが安くなる時間帯など、非常に詳しい情報をまとめてあり、読みごたえがあるものでした。特にビールの銘柄へのこだわりの点は、さすがベルギー人の視点だなぁ、と感心。


一応紹介しておくと、ファンゾーンでは、ビール50clで6.5ユーロ+1ユーロのデポジット。ビールの銘柄はCarlsbergのほか、Grimbergen。14時から18時半はハッピーアワーでビール3杯の値段で4杯買えるそうです。


さて、その試合、今日の21時からですが、試合を前に、リール市内から、ヴィルヌーヴダスクのスタジアムまでFan Walk(ファン・ウォーク)が計画されています。
出発は、17時半。rue de Cambrai のrue de Maubeugeとの交差点あたりから4.8kmの行程となります。その間、通行止めがありますので、車の方はご留意ください。
行程の地図はこちら から。


金曜はそうでなくても交通量の多いリール。しかも、丁度オフィスの退け時ですから、ラッシュ時です。
また、フランスの学校は今日が最終日。つまり、今晩からヴァカンスに発つ人が多くいる予定ですから、かなりの混雑が予想されます。


車の方は、リール周辺を通るなら、できれば、試合前の時間を避けることをお勧めします。


EURO2016の準々決勝は、明日はボルドーでドイツVSイタリア戦、明後日7/3はパリのサンドニでフランスVSアイスランド戦がそれぞれ予定されています。

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 交通・鉄道・航空
2016年7月 1日
« 前の記事「No.320今夏限定、フランス国鉄のLast Minute割引チケット」へ
»次の記事「No.322今年も振ります、カザドゥシュ+リール国立オーケストラinスタジアム」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.207フランスに来ると目につく男性ファッションの特徴
No.206フランス・ノールで、朝のコーヒーに加えるもの2つとは?
No.205お土産に最適、アロマドリンクを作る凝縮シロップ
No.204フランスの夏、テラスで一息つくならアロマドリンク
No.203ルーヴル・ランス美術館ガラスの館「メタモルフォーゼ」展
No.202【コラム】フランス北部を形作るもの:世界遺産フランス北部とベルギーの鐘楼群
No.201フランス・アラスの鐘楼、フランス人の好きなモニュメント投票2015
No.200リールでも!フランス国民祭7/14の軍事パレードと花火
No.199フランス国民祭7/14パリの花火を眺めるベストポイント5つ
No.198フランス北部ドゥエで、世界遺産の巨人、ガイヤンファミリーに会おう!
No.197パリ北駅で7/11体験できる前代未聞なイヴェント!
No.196もうひとつのツール・ド・フランスも開催中
No.195ツール・ド・フランス今年のコースはオランダ・ユトレヒトから!
No.194フランス・ノールの田園調布、ボンデュで見る空中サーカス
No.193地域の財産である教会を知るために:第5回「教会の夜」
No.192かつてはネルウィ族の首都、フランス・バヴェ(Bavay)のガロ・ロマン祭り
No.191フランドルの村エスケルベックとあのPPDAの関係は?
No.190夏の間は歩行者天国:フランス・リール旧市街

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集