海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.324 今夏のフランス北部、お薦め展覧会その...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月17日

No.324 今夏のフランス北部、お薦め展覧会その二


No.324 今夏のフランス北部、お薦め展覧会その二

フランスでは、6月10日から7月10日は、サッカーEuro2016の話題で持ちきりでした。2015年からテロ事件が続発している中の開催とあり、警備を強化し、一ヶ月無事に乗り切ってほっとしたのもつかの間、みなさんご存知の通り7月14日の革命記念日にニースで再びひどい事件が起きました。
現在フランスは三日間(7/16-18)の喪に服しています。


この事件を受けて、フランス各地では、予定されていた行事が中止されるところも出ていますが、決行するところも少なくなく、その場合は開会前に黙祷を捧げています。そんな中、南部のアヴィニヨン祭では、黙祷の代わりに「生きる力」を象徴する「拍手」を捧げました。


~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、今日は前回 に続いて、今夏フランス北部でお薦めの展覧会の紹介です。


今日は、ル・カトー・カンブレジ(Le Cateau Cambrésis)のマティス美術館 で開催中のヴァンサン・バレ(Vincent Barré)展についてです。


324-1.JPG

マティス美術館と中庭に立つバレ氏の彫像二点


開催が始まった頃こちら「頭が凝り固まってきたら、現代アートでブレイクスルー」 にも書きましたが、会期は2016年9月18日まで


ル・カトー・カンブレジは、小さな町ながら、カンブレ大司教の邸宅や僧院のビール醸造所など、歴史ある建築物も残り、なかなか趣のあるところです。そのあたりは、こちらの記事「No.253マティスの生まれた町ル・カトー・カンブレジで見るマティスの版画展」  や、「マティスの生まれたフランス北部小さな町の大きな夢」  、「フランスの北の端と南の端に美術館を持つマティスの魅力」 に書いたことがあるので、興味のある方はご一読ください。


その名の通り、常設展にはマティスの作品が多く並ぶマティス美術館ですが、年に2度開く特設展では、マティスにゆかりのあるテーマやアーティストを取り上げています。


今回の主役は、建築から彫刻、また映像撮影へと移行してきたヴァンサン・バレ氏の彫刻とデッサン。元建築家だけあって、展示法や間取りなどもほぼバレ氏がデザインしたそうで、非常に心落ち着く空間となっていました。


324-2.JPG

ヴァンサン・バレ展より


詳しい感想などは、上述の記事に書いたので、読んでいただけたらと思いますが、スペースの関係上、書けなかったことで、ひとつ印象的だったのが、Ex-voto(エックス・ヴォト)のシリーズです。


Ex-votoというのは、言ってみれば「祈願」または「祈願達成の謝意」をあらわしたもので、ヨーロッパの教会であれば、石碑などの形で置かれているのをよく目にします。


324-3.JPG

ヴァンサン・バレ氏


バレ氏自身の案内で廻ったのですが、非常に謙虚な人物で、ひとつひとつ丁寧に説明してくれました。このEx-votoについては、「例えば、手が痛い時、その手のことしか考えられなくなります。そうすると、手のことばかり考えて、自分が「手」になってしまう」と語っていました。そんなとき、手(の彫刻)を作ることで、手のことだけ考え、それに神経を集中し、痛みを彫像に込め、それによって自分が癒される。それがもともと原始からの「祈願」なのではないかという話でした。


そう聞いてEx-votoの彫像群の前に立つと、気のせいでしょうか、祈りの立ち込める気配を感じるような思いがしました。


324-4.JPG

バレ氏によるEx-voto彫像群


物騒な事件の続く今こそ、訪れたくなる静かな空間を味わえる展覧会です。


なお、ル・カトー・カンブレジまで行ったらぜひ寄りたいのが、元僧院ビール醸造所の経営するレストラン。「No.163フランス北部ル・カトー・カンブレジ元僧院のビール:VIVAT(ヴィヴァ)」 に書きましたが、ぜひこちらで美味しいビールと郷土料理を味わっていらしてください。

ル・カトー・カンブレジまでの行き方:

パリのノール駅から、Le Cateau Cambrésis またはBusigny行き。Busignyからはタクシーで約15分。便数が少ないので、前もって調べることをお勧めします。

また、パリとモーブージュ(Maubeuge)を結ぶ路線も、土日祝日はLe Cateau Cambrésis に停まります。こちらも便数が少ないので、前もってお調べください。


(冠ゆき)
フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年7月17日
« 前の記事「No.323今夏のフランス北部、お薦め展覧会その一」へ
»次の記事「No.326 リールのブラッドリー2016は中止になりました」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.207フランスに来ると目につく男性ファッションの特徴
No.206フランス・ノールで、朝のコーヒーに加えるもの2つとは?
No.205お土産に最適、アロマドリンクを作る凝縮シロップ
No.204フランスの夏、テラスで一息つくならアロマドリンク
No.203ルーヴル・ランス美術館ガラスの館「メタモルフォーゼ」展
No.202【コラム】フランス北部を形作るもの:世界遺産フランス北部とベルギーの鐘楼群
No.201フランス・アラスの鐘楼、フランス人の好きなモニュメント投票2015
No.200リールでも!フランス国民祭7/14の軍事パレードと花火
No.199フランス国民祭7/14パリの花火を眺めるベストポイント5つ
No.198フランス北部ドゥエで、世界遺産の巨人、ガイヤンファミリーに会おう!
No.197パリ北駅で7/11体験できる前代未聞なイヴェント!
No.196もうひとつのツール・ド・フランスも開催中
No.195ツール・ド・フランス今年のコースはオランダ・ユトレヒトから!
No.194フランス・ノールの田園調布、ボンデュで見る空中サーカス
No.193地域の財産である教会を知るために:第5回「教会の夜」
No.192かつてはネルウィ族の首都、フランス・バヴェ(Bavay)のガロ・ロマン祭り
No.191フランドルの村エスケルベックとあのPPDAの関係は?
No.190夏の間は歩行者天国:フランス・リール旧市街

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集