海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.354ヴァレンタインの統計:意外に安定?フラ...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月11日

No.354ヴァレンタインの統計:意外に安定?フランス人の愛情生活


No.354ヴァレンタインの統計:意外に安定?フランス人の愛情生活

フランスのヴァレンタインは、未婚既婚を問わず恋人たちの日です。日本のような「告白」要素はなく、すでにカップル状態の二人がお互いの愛情を確かめる日です。

354.JPG

2月に入り、ようやく8時過ぎに朝焼けが見られるように

とはいえ、行事に商法は付きもののようで、フランスでも2月に入ると、彼女/彼へのプレゼントアイディア特集が雑誌で組まれますし、レストランはヴァレンタインメニューを考え、ホテルはヴァレンタインパッケージを売り出したりします。


それでも、日本と違って、ヴァレンタイン商法に踊らされる人はそれほど多くなく、見たところ、みんなマイペースに、外食や映画、コンサートなどで、パートナーとの時間を楽しんだり、小さなプレゼント(薔薇の花1本だって十分素敵なプレゼントです)で、愛情を表現したりしているようです。


実際、Le Parisien誌が2016年に発表したアンケート調査によれば、2016年ヴァレンタインを祝った人は10人中3人のみ。ヴァレンタインのお祝いを重視していると答えたのは18%にすぎませんでした。


確かに、普段から、愛情表現を惜しまないフランス人ですから、なにも、ヴァレンタイン・デーに改まって愛情を表現する必要もないのかも?しれません。


それでも、サプライズを計画したい向きへ。
今年も、フランス北部の新聞La Voix Du Nord(ラ・ヴォワ・デュ・ノール)では、紙上での「愛の言葉発表」無料サービスを行っています。フランス語のみですが、フランス北部にお住まいの方で、我こそはという方!ぜひどうぞ。webでの受付はこちらから です。


ところで、世界的に、恋多き民と思われがちなフランス人ですが、案外その愛情生活は安定しているようです。上記の統計によれば、2016年現在「愛情生活」に満足しているフランス人(18歳以上)は76%。また、「大恋愛」なるものを信じる人は72%。これまでの人生で恋に落ちた回数は平均3回。逆に恋に落ちたことがないと答えたフランス人も7%という結果でした。


さて、ヴァレンタインまであと数日。日本流に告白するのも良いでしょうが、すでにパートナーがいる人は、フランス流に、お互いの大切さを再認識する日にしてはいかがでしょうか。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2017年2月11日
« 前の記事「No.353フランス大気汚染対策:Crit'Airマークの義務づけ」へ
»次の記事「No.355パリ空港ではピカソが無料で鑑賞できる」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.294フランス人カップルが選んだロマンチックな旅先は?
No.293今日は灰の水曜日
No.292フランス2月休みはBゾーンから!
No.291フランスで2月、クレープを食べる理由(わけ)

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集