海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.356活気の増してきたフランス・リル空港

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月23日

No.356活気の増してきたフランス・リル空港


No.356活気の増してきたフランス・リル空港

No.1 でも触れたように、フランス北部Lille(リル)郊外Lesquin(レカン)には空港があります。


356-1.JPG

レカンのリル空港から見える朝日


小さな空港で、通年は主に国内線と、近隣ヨーロッパ都市への便。夏のシーズンになると、南ヨーロッパや北アフリカ向けのチャーター便発着が増えるというのが、これまでの印象でした。


ところで、2016年3月、ブリュッセル空港がテロ事件のあとしばらく閉鎖された折、周辺の空港複数が、手分けしてブリュッセル発着予定だった飛行機を受け入れた時期がありました。
リル空港もそのひとつで、なかなかのパフォーマンスを見せ、この空港を見直す向きもあったようです。


それと関連してかどうかは分かりませんが、ここのところ、リル空港は、発着便数が増える一方です。


中でもイギリスのローコスト航空会社EasyJetは、昨年年末、新たにフランス発着便を16航路増やすと発表し、大きな話題になりました。イージージェットは、ヨーロッパのローコスト航空会社の中でも、人気の高い会社です。
このイージージェット社がリル空港に開く新しい航路は、計5本
そのうち3本は国際線


Lille ― Faro (ファロ、ポルトガル)
Lille ― Napoli (ナポリ、イタリア)
Lille ― Venezia(ヴェネチア、イタリア)

で、6月就航開始の予定です。


国内便の2本は、

Lille ― Nantes(ナント)
Lille ― Biarritz(ビアリッツ)


こちらも就航は6月からです。


また今週になって、エールフランスも、リル便を増やすことを発表しました。実際に飛ぶのは子会社であるHOP!で、


Lille ― Amsterdam(アムステルダム、オランダ)


を週4回往復します。就航開始は2017年4月8日。


356-2.JPG

Hop!


アムステルダムのスキポル空港は、ヨーロッパ内でも有数のハブ空港です。しかもKLM航空会社はAF(エールフランス)と同会社になっていますから、うまく乗り継げば、リルからアムステルダム経由で世界のあちこちへの旅行も簡単になります。逆に、世界のあちこちからリルへ来てもらうのも簡単になるわけです。


ところで、レカンにあるリル空港からリル市内への交通手段は、タクシーや自家用車以外、今のところ空港バス(約20分、片道8ユーロ。詳しくはこちら )しかありませんが、これも今月(2017年2月)発表された情報によれば、トラムの建設が予定されています。2022年に完成すれば、チケット一枚で乗れて、渋滞知らずの交通手段となります。


ますます便利になりつつあるフランス北部の玄関、リル空港。

これを見ても分かるように、ヨーロッパは、ローコスト航空会社が、地方空港をつなぐケースが増えています。首都の空港と異なり小規模な分、逆に、時間のロスも少なくすんだりします。欧州旅行の際は、ローコスト航空会社の利用を検討するのもお薦めです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 交通・鉄道・航空
2017年2月23日
« 前の記事「No.355パリ空港ではピカソが無料で鑑賞できる」へ
»次の記事「No.357フランス全国で明日発売!特別エクレア3種」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.294フランス人カップルが選んだロマンチックな旅先は?
No.293今日は灰の水曜日
No.292フランス2月休みはBゾーンから!
No.291フランスで2月、クレープを食べる理由(わけ)

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集