海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.367フランス5/1だけ誰でも許可なく道端で...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 1日

No.367フランス5/1だけ誰でも許可なく道端で売って良いものとは?


No.367フランス5/1だけ誰でも許可なく道端で売って良いものとは?

最近では日本でも良く知られるようになってきましたが、フランスでは、5月1日に大切な人にすずらんの花を贈る風習があります。


367-1.JPG


この伝統が生まれたのは、実は16世紀のこと。当時のフランス国王シャルル9世が、1561年に宮廷のレディたちにすずらんを贈り、これから毎年このようにするように、と言ったのが始まりとされています。

今でも、この風習は人々の生活の中にしっかり残っており、フランスでは、毎年5月1日になると、6千万本のすずらんが売られるそうです。


フランスの公道で、行商をするには、普段なら手続きや許可が必要なのですが、この日ばかりは、誰でも、すずらんの小さな花束を公道で売って良いことになっています。


367-2.JPG


自治体によって異なる小さなルールがあります。
たいていの場合、売っていいのは野生のすずらんの花だけ。それも、根こそぎ摘んできたような量ではないことが条件。また、すずらんに他の花を混ぜてはいけませんし、テーブルなどを道端に設置してもいけません花屋の場所からある程度離れていることも条件のひとつで、この距離はパリなら40m、リヨンなら150mという具合に自治体によって異なります。違反が見つかれば馬鹿にならない罰金を取られるので、もし、すずらんを売ってみようという方は、市役所に前もって問い合わせることをお勧めします。


肝心のすずらんの花束ですが、値段は平均一束1.5ユーロ。去年の5月1日は、フランス北部はまだ寒く、すずらんは花を開いていませんでしたが、今年はちょうど花が開き始めた良い時期です。明日はあちこちの街角にすずらん売りが立つことでしょう。


367-3.JPG

今年は咲いてる5/1のすずらん


可憐ではかなげな様子ながら、意外に濃厚な甘い香りを放つすずらん。
5月1日フランスですずらん売りを見かけたら、大切な人のため、またご自分のために、ぜひ一束、いかがですか?


(冠ゆき)

参考記事 Le Figaro

PVアクセスランキング にほん<a href=にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村ブログ村" />

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2017年5月 1日
« 前の記事「No.365仏リル公共交通機関の週末運行状況」へ
»次の記事「No.369フランス:トゥルコアン市長が大臣に!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.314初夏は湖畔の美術館in千葉でチャイナ・ハンドクラフト!
No.313ダンケルクは今1940年のDunkirkとなっています
No.312今週末は美術館で夜更かししよう!
No.311大人も子供も楽しめるリールのZepオープンミュージアム
No.310連休の週末、リールでは巨人の洗礼式!
No.309フランス北部、連休を楽しむイベントいろいろ!
No.308フランスも五月は連休!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集