海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.378今年で500歳!フランスの港町ル・アー...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月19日

No.378今年で500歳!フランスの港町ル・アーヴル


No.378今年で500歳!フランスの港町ル・アーヴル

ル・アーヴルと言えば、フランスはノルマンディーの港。コンテナーの数でいえば、フランス一の規模を誇ります。


378-1.JPG


最近では、フランス首相に就任したエドゥアール・フィリップが、首相に就任するまで約7年市長をつとめた町として注目を浴びました。

ル・アーヴルの南側にはセーヌ川の河口があり、その向こうには観光地として知られるオンフラールの町があります。


このセーヌ川河口近くには、1995年にノルマンディー橋が架けられました。当時は、世界一長い橋として知られたものです。


378-2.JPG
ノルマンディ―橋


さて、このル・アーヴル。この港町は、フランス国王フランソワ1世が建設したものとされており、それは、ちょうど今を遡ること500年前、1517年のことでした。


今年は、ル・アーヴル誕生500周年を記念して、さまざまな催しが開かれています。
特に夏の間は、Un été au Havre(ル・アーヴルでの夏) と題されたイベントが、5月末から町を挙げて行われています。期間は、10月8日まで


その一環として町中の公共スペース、教会などの施設に、巨大なモニュメントが置かれたりと、なかなか町全体が楽しい雰囲気を醸し出しています。


特に観光客にお薦めしたいのは、4通り準備された「散歩コース」


1. La ville Perret (ペレの町):所要時間2時間。1950年代にル・アーヴルの再建を行った建築家オーギュスト・ペレのアトリエの手による町の様子がよく分かるコース。ちなみに、この再建地区は、2005年UNESCO世界遺産の指定を受けています。


2. Vers le port(港の方へ):所要時間2時間半。町を流れる運河の周りを巡るコースです。例えば海岸近くには、コンテナーでつくられた鮮やかなVincent Ganivet(ヴァンサン・ガニヴェ)の作品が人目を惹いています。


378-3.JPG


3. Les escaliers(階段):所要時間4時間。ル・アーヴルの高い部分と再開発された町中を結ぶコース。1944年の空爆を逃れたアール・デコの建築物などを見ることができます。


4. Les bassins(貯水池):所要時間3時間。海辺の近くに複数ある貯水地の水辺を巡るコース。1992年にできた日本庭園などもこのコースに入っています。


4つのコースは、重なる部分もありますから、上手に興味のある場所だけ選んで回るのもありでしょう。


378-4.JPGMuMa美術館


ル・アーヴルには、印象派絵画が好きな人なら見逃せない美術館もあります。それは、アンドレ・マルロー現代美術館MuMa


印象派絵画のコレクションの中でも、モネに屋外で絵を描くアイディアを与えたことで有名なEugène Boudin(ユージェヌ・ブーダン)の作品が、特に数多く揃っています。
親密な距離で貴重な絵画を鑑賞できる美術館で、お薦めです。MuMa美術館は上のコース2に含まれています。


ちなみに、8月20日まで、Pierre et Gilles Clair-Obscur(ピエールとジル、明暗)展を開催中です。

378-5.JPG


500年の歴史を持つル・アーヴル市。この夏ノルマンディを訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年7月19日
« 前の記事「No.377厳戒態勢のパリ革命祭」へ
»次の記事「No.379フランス・リルの地下鉄、夏期工事のお知らせ」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.324 今夏のフランス北部、お薦め展覧会その二
No.323今夏のフランス北部、お薦め展覧会その一
No.322今年も振ります、カザドゥシュ+リール国立オーケストラinスタジアム
No.321【EURO2016】準々決勝、リールでの注意事項

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集