海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.383タリス列車内テロ事件をクリント・イース...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月30日

No.383タリス列車内テロ事件をクリント・イーストウッドが映画化!


メール プリント もっと見る

No.383タリス列車内テロ事件をクリント・イーストウッドが映画化!

まだ記憶に新しいように思えるタリス列車内のテロ事件も、よくよく数えてみると、すでに二年前の話。


383.JPG


2015年8月21日、アムステルダムからパリ行きのThalys(タリス)内で、武装したテロリストが、無差別殺人を行おうとしたこの事件。乗り合わせた乗客ら複数が、我が身を振り返らず、テロ行為を阻止しようと立ち向かったため、けが人が出るだけで済んだ事件でした。
最終的にテロリストを抑えることに成功したのは、休暇中のアメリカ軍人2人とその友人、加えてイギリス人の4人の功績が大きかったと言われています。


この事件に着目したのが、クリント・イーストウッド。『The 15:17 to Paris』と題した映画製作を決定しました。この題名は、上記アメリカ人3人がこの経験を綴り去年刊行した本から取ったものです。


映画には、上記のアメリカ人3人は、そのまま自分自身の役で出演する予定となっています。先週は、その他のキャストがフランス北部アラスArrasで募集されていました。
なぜアラスかというと、件のタリス内で、テロリストが取り押さえられたのち、停車したのがアラス駅だったからです。


映画の撮影は、今週末9月1日からの開始予定です。


つい最近の事件であるため、かえって映画化が難しい部分もあるでしょうし、テロの脅威は変わらずあることを思うと、大画面で鑑賞するのには抵抗もありますが、反面、クリント・イーストウッドがどんな作品に仕上げるのか、興味深くもあります。


この映画が出来上がる頃には、テロの脅威を、ずっと遠く感じられる社会になっているといいなぁ、と思わずにはいられません。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2017年8月30日
« 前の記事「No.382暴走車対策に余念がないリルのブラッドリー」へ
»次の記事「No.384「文化遺産の日」!フランス北部で今年注目したいのは?」 へ
おすすめ記事
    トゥルコアン特派員 新着記事
    No.386食欲の秋:有名シェフの料理を半額で味わえるチャンス!
    No.385フランス9/12(火)全国的にスト
    No.384「文化遺産の日」!フランス北部で今年注目したいのは?
    No.383タリス列車内テロ事件をクリント・イーストウッドが映画化!
    No.382暴走車対策に余念がないリルのブラッドリー
    No.381フランドルのカリヨン祭が始まりました
    No.380もうすぐ帰国時、免税ショッピングができるように!
    No.379フランス・リルの地下鉄、夏期工事のお知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    No.329教会でも食べられる?!ムール・フリット
    No.328ブラッドリーがなくてもリールへ行きたくなる理由
    No.327 在仏日本国大使館「領事出張サービス」について
    No.326 リールのブラッドリー2016は中止になりました

    フランス ツアー最安値


    2017/9/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トゥルコアン特派員

      トゥルコアン特派員
      冠ゆき
      山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
      Twitter, Instagram DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集