海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.407リールの町中五つ星ホテルは500年の歴...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月22日

No.407リールの町中五つ星ホテルは500年の歴史をもつ施療院


No.407リールの町中五つ星ホテルは500年の歴史をもつ施療院

先日のNo.405 を読んで、「あれ?回廊のあるホテルって、リールの駅近くじゃなかったっけ?」と思った方。


あなたは相当なリール通です!


それは、エルミタージュ・ガントワホテル(L'Hôtel Hermitage Gantois Lille) 。現在リールに三軒ある五つ星ホテルのひとつです。

407-1.JPG


場所は駅からそう遠くないピエール・モーロワ通り224番地(224 rue Pierre Mauroy)。この通りは、ついこの前までパリ通り(rue de Paris)という名前でした。まだガイドブックの類は変更がされていないかもしれませんので、旅行にいらっしゃる方はご注意ください。


話が飛びますが、ピエール・モーロワは、フランス北部出身の政治家。ミッテラン大統領時代には首相も務めましたが、何よりも長くリール市長を務めたことで知られています。2013年に亡くなってからは、その名前が公的施設に使われることも増え、例えば、ヴィルヌーヴダスクにあるスタジアム(No.36) も、ピエール・モーロワという名前です。


さて、このエルミタージュ・ガントワホテル。なんと500年以上の歴史をもつ建物を使っています。その起こりは、15世紀のブルジョワが建てた、貧しい病人のための施療院。世話をしたのは、聖アウグスチノ修道会の修道女たちでした。


407-2.JPG


その後、17世紀のチャペルなど、時代を追って、施設は大きくなりました。


複数あった中庭のうち、一番大きなものは、現在、ガラス張りのバーに変身しています。ここの雰囲気が、No.405 で紹介したレストランにちょっと似ています。高い吹き抜けのガラス張り天井。開放的な空間に、居心地よいソファが並びます。


407-3.JPG


バーに揃うアルコールは驚きの充実度!シャンパーニュやワイン、カクテルは当然のこと、ウィスキー一つとっても、世界各国のものが100種類以上!ちなみに、日本のウィスキーも4種並んでいました。


407-4.JPG


なお、リルの旧施療院博物館協会(Association du musée hospitalier) は、毎週火曜日14時半に、このガントワ元施療院の見学ツアーを開催しています。多分説明はフランス語だけだと思うので、フランス語がわかる人限定ですが、より詳しくこの建物の歴史が知りたい方は参加を検討されてもいいでしょう。


そうでなければ、ホテルに泊まるなり、バーでお茶を飲むなりしたついで、館内を散策されることをお勧めします。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル
2018年2月22日
« 前の記事「No.406パリ近郊列車2/15のストについて」へ
»次の記事「No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.585フランス北部マスク着用が義務づけられた場所
No.584フランスでのホテル予約にぜひ試してみてほしいFairbooking.comサイト
No.583フランス北部リルのブラッドリー2020年は中止になりました
No.582今年2020年で800歳を祝う仏アミアン大聖堂の光のショー、今夜から再開!
No.581今日から見学可能!パリ・ルーヴル美術館
No.580フランス北部リル、星つきホテル1泊€30からのキャンペーン(住民限定)
No.579フランスの父の日、意外なルーツ?
No.578リルのピアノフェスティヴァル、今年はYouTubeで!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.356活気の増してきたフランス・リル空港
No.355パリ空港ではピカソが無料で鑑賞できる
No.354ヴァレンタインの統計:意外に安定?フランス人の愛情生活
No.353フランス大気汚染対策:Crit'Airマークの義務づけ
No.352ミス・ユニヴァース2017は、フランス北部出身!

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集