海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシア...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月10日

No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」


No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」

フランス北部リールの国立オーケストラについては、これまでも、No.173 No.318 No.322 などで書いてきました。1976年に創設したのは、指揮者Jean-Claude Casadesus(ジャン・クロード・カザドゥシュ)。そののちも、リール国立オーケストラを率いてきましたが、40周年を迎えたのちに、ディレクターの座を若手指揮者アレクサンドル・ブロック(Alexandre Bloch)に譲りました。


415-1.jpg

そのカザドゥシュですが、それ以後も、要所要所で腕を揮っており、今期も同様です。
少し告知が遅くなりましたが、今週4/12(木)13(金)予定されている「L'âme russe(ロシアの魂)」はなかなかのお勧め。
ロシアものは好き嫌いが分かれやすいものの、日本でも親しまれている選曲ですので、どなたも楽しめるのではないかと思います。


プログラムは以下の通り

・ムソルグスキー 「禿山の一夜」
・プロコフィエフ 「ヴァイオリン協奏曲第二番 Op.63」
・ムソルグスキー 「展覧会の絵」


「禿山の一夜」は、ディズニー映画『ファンタジア』で一躍有名になった曲。実は今知られているのは、元の曲にリムスキー=コルサコフが手を入れたものです。最後の日の出とともに静けさが戻る場面の音楽は、元のヴァージョンにはなかったものです。


続くプロコフィエフの「ヴァイオリン協奏曲第二番」。プレスリリースによれば、作曲者のプロコフィエフは、これほどあちこちの国で書いた曲はない、と記しているそうです。『第一楽章のソロの部分はパリで書き、第二楽章はヴォロネジ(ロシア)で、オーケストラ用編曲はバクー(アゼルバイジャン)で書き終えた。初演は1935年12月マドリッドでのことだった』(プレスリリースより翻訳引用)。


415-2.jpg
アレーナ・バーエワ


今回のコンサートのヴァイオリニストは、ウズベキスタン出身のアレーナ・バーエワ。リール国立オーケストラとは、4年半前、カザフスタンで公演をともにした仲です。


ムソルグスキー「展覧会の絵」は、よく知られているように、もともとはピアノ曲。夭折したヴィクトル・ハルトマンの遺作展が、ムソルグスキーを触発し、生まれた作品です。どんな曲だっけ?と首をひねる方も、各絵画の間に挿入されたテーマ「プロムナード」を聞けば、ああこれか、と頷くほど、日本においても知られる曲となりました。
この「展覧会の絵」は、多くの音楽家にインスピレーションを与え、幾通りもオーケストラ編曲がなされました。今回演奏されるのは、その中でもおそらく最も多く演奏されているラヴェル編曲によるものです。


コンサートは、4月12日、13日ともに20時から
場所はリールのヌーヴォーシエークル(3 Place Mendès France, Lille)
地下鉄 Rihour駅から歩いて4分の距離です。
値段は5ユーロ~50ユーロ
予約はこちらのサイト から。


クラシック好きな方にもそうでない方にもお薦めのコンサート。お近くの方は是非どうぞ。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2018年4月10日
« 前の記事「No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて」へ
»次の記事「No.416ベルクの青空に世界の凧が集まる9日間」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.365仏リル公共交通機関の週末運行状況
No.364リルとブリュージュを結ぶバス路線ができました!
No.363リルのブラッドリー、2017年は開催!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集