海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.428エールフランス航空2018年6月のスト...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月18日

No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)


No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)

今年の2月から既に合計15日間、ストが行われたエールフランス航空。


428.JPG


昇給のパーセンテージなどについて、労働組合と経営者側の意見が一致せず、今月末に再びストが決行される模様です。

日程は6月23日から26日の四日間


また組合側は7月以降のストの可能性も示唆しています。


キャンセルとなる便についてはまだ定かではありません。
万が一予約便がキャンセルになった場合は、エールフランスからメールあるいは SMS で連絡がくることになっています。
とはいえ、もしも上の4日間の搭乗予定をすでに変更したい場合は、AFサイト から既に変更が可能となっているようです。


搭乗を予定していたエールフランスの便が、キャンセルとなったり5時間以上遅れた場合は、チケットの払い戻しをすることができます。 払い戻しのページはこちら


また、補償金も請求することができます。移動距離によって、金額が決まっており、1500 km 未満であれば250ユーロ、1500から3500 km の移動は400ユーロ、3500 kmを超える距離の場合は600ユーロです。
補償金の請求は、こちらのサイト から申し込むことができます。
あるいは電話 +33 (0) 9 69 39 10 30 (月曜から金曜の 9時から17時)からも申し込めます。


ただ手続きはある程度煩雑なものですので、補償金請求代行会社に依頼することも選択肢のひとつです。詳しくは、No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて にも書きましたが、補償を得られたときのみ、手数料を払うことになっている代行会社がほとんどです。


下に、該当部分のみを、再掲しますので、どうぞ参考にしてください。


====No.414より再掲====


補償金請求代行サービス

そのせいか、最近よく耳にするのは、補償金請求の代行サービス。
私も実際に利用したことはまだないのですが、最近サイトで目にしただけでもAir-Collect だとか、justfix だとか複数数えられます。


そのうち日本の方にお勧めなのは、Oui Reward  。というのも、日本語版のページがあり、手続き説明を日本語で読むことができるからです。
414-2.jpg
上に挙げたどのサイトも、使い方、手数料ともほぼ同じようです。つまり、補償金が手に入らない場合は、全くの無料。補償金が手に入った場合は25%を手数料として支払うというもの。
ちなみに、ストとは少し話がずれますが、オーバーブッキングも補償金請求の対象になります。


Oui Reward の場合、ヨーロッパから出発する飛行機であれば、どこの航空会社にでも請求手続きが取れます。ただし、ヨーロッパ着の便の場合は、ヨーロッパの航空会社の飛行機に限ります。
エールフランスは、ヨーロッパの航空会社ですから、今回のストで被害を受ける方は、ヨーロッパ発にせよ、着にせよ、どちらでもサービス利用ができることになります。


5時間以上の遅れや、欠航などは経験しないで済めばそれに越したことはありませんが、万が一経験してしまった場合、上のようなサービス利用があることも思い出してみてください。

======

【追記】


その後、エールフランスの10労働組合の内、9組合(パイロットの組合 SNPL, Alter、地上職員の組合 CGT, FO, SUD、キャビンアテンダントの組合 SNPNC, Unsa-PNC, CFTC, SNGAF)は、スト中止を発表しました。
パイロットの第二の組合SPAFのみ、スト決行の意志を表示しています。

(冠ゆき)


参考記事:
Internaute

Le monde

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空
2018年6月18日
« 前の記事「No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!」へ
»次の記事「No.429フランス国鉄7月以降のストの行方+4月5月の定期券払い戻し方法(追記足しました)」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.375パリのメトロとRER、夏期工事のお知らせ
No.374世界の航空会社2017年ベスト10発表!
No.373フランスの美術館2017年度ランキング発表!
No.372朗報!パリの日曜ショッピングが可能に!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集