海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半の...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月15日

No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半のモード変遷


No.470仏レースのふるさとで見る20世紀前半のモード変遷

フランス北部の特産品のひとつにレースがあります。特に、商品登録されているカレーとコードリのリバーレースは、いまだにオートクチュールや高級プレタポルテに引っ張りだこのクオリティを持つレースとして知られています。


470-1.jpg

1920-30年代のリバーレース、E. Beauvillainコレクション、Collection du Musee © P. Auvé

そのうちカレーのレース・モードセンターが開くエキスポについては、これまで何度か紹介してきましたので、今回は、コードリのレースと刺繍博物館を紹介したいと思います。

 *参考:これまでに書いた関連記事*

「No.67ミス・フランス、ミス・ユニヴァースとなるか?地元のレースを使ったドレスに注目!」

「No.427フランス北部の港町カレーの特産品は、繊細なアレ!」

「フランス北部でレース編みのミュージアムを見学!レースのふるさとを巡る旅」

「セクシーにもロマンティックにも。春夏の流行「レース」の魅力」

「オードリーも愛したドレス。フランスでジバンシィ回顧展」

「ため息を誘う精緻さ。ハイブランドのレースドレス初の一般公開」


470-2.jpg

Esprit de Mode展ポスター


おりしも、同博物館では、現在1915年から45年のモードを振り返るEsprit de Mode (エスプリ・ド・モード)1915-1945展を開催中です。
下に、その流れを大まかにまとめてみましょう。


【1910年代】


フランスでは、20世紀初頭、女性のファッションが大きく変化しました。それまで使うのが当然であったコルセットをなくすことで、自然なラインが生まれたのです。当時のパイオニア的デザイナーの一人であったポール・ポワレ(Paul Poiret)は、ハイウエストなパステルカラーのドレスを多く製作しています。


【1920年代】


470-3.jpg

1920-30年代のリバーレース、E. Beauvillainコレクション、Collection du Musee © P. Auvé


アールデコの流行と相まって、1920年代のモードは、直線的で飾りの少ないものへとなっています。ローウエストの膝丈で胸の開きも大きいドレスが生まれます。
レースのモチーフも同様で、アールデコの影響を受けたものが多く作られました。
また、それまで喪服に限定されていた「黒」も、ココ・シャネルにより、シックでエレガントな色と見られるようになります。


【1930年代】


470-4.jpg

1930年代のソワレ© P. Auvé


1929年の世界恐慌の影響により、モードにも、伝統性に一目置く風潮が戻ります。女性のドレスも、自然なシルエットを生かすものに変わります。


【1940年代】


470-5.jpg

1940年代のカクテルドレス© P. Auvé


第二次世界大戦の影響を濃く受けたこの時代、材料が限られていたため、リサイクルも多くなされました。自己を肯定するような確固としたシルエットが生まれ、肩を強調し、ウエストをしっかり締めたドレスが主流となります。


僅か三十年の間に、これらの変遷を遂げた女性のファッション。こうしてざっと見るだけでも、時代の影響の大きさに驚く思いがします。


エスプリ・ド・モード展は、2019年9月15日まで開催4月には展示品の入れ替えがありますので、二回楽しめるエクスポです。


470-6.jpg

コードリの博物館前、レースを持つ彫像


なお、同博物館には、リバーレースを製造するために必要な機械類が展示してあり、職人のデモンストレーションも見ることができます。巨大なマシンから繊細なレースが生まれ出るところは、なかなかの見物。見学の際は是非デモの時間もチェックしてください。


コードリのレース刺繍博物館

住所:Place des Mantilles, 59540 Caudry
フランス国鉄Caudry駅より徒歩20分
平日:9時-12時、14時-17時
土日祝:14時半―18時
休館日:火曜
入館料:3ユーロ


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年1月15日
« 前の記事「No.469フランス今年最初の満月は、皆既月食のブラッドムーン!」へ
»次の記事「No.471カトリーヌ・ドヌーヴの断捨離は、スケールもグレードもちょっと違う」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.404フランス人の好きなクレープトッピングBest5とは?
No.403安全な航空会社ベスト20発表!
No.402スト情報:1月15日(月)パリ・オーステルリッツ駅
No.401フランスの2018年は○周年が盛りだくさん!
No.400フランスのフリットリー第5位を賞味!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集